トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

案の定?レンズ選びのカオスに陥る!?

昨夜から各サイトで標準ズームレンズのインプレッションを読み、再び激しく頭を悩ませているオジサンですこんばんわ。

まずはおさらい。昨日の時点でノミネートされたレンズは以下の6本でした。
1) Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM(\103,000)
2) Canon EF24-70mm F2.8L USM(\155,000)
3) Canon EF16-35mm F2.8L II USM(\205,000)
4) Canon EF16-35mm F2.8L USM(\160,000)
5) TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16)(\37,000)
6) シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO(\45,500)
(値段は昨日現在の価格com最低価格を参考にしています)

昨夜から今まで丸一日かけて資料を漁った上で、各レンズに対しての私なりの感想を書いてみたいと思います。
1) Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
これと言って欠点が見つかりません。Lレンズではありませんがそれに匹敵する描写力+IS付きで最強!というインプレッションが大半です。APS-Cデジイチの常用ズームとしては、これ以上の物は無いのかもしれません。・・・ただ、値段がなぁ。
2) Canon EF24-70mm F2.8L USM
大きい!重い!そして高価!フルサイズデジイチとか銀塩一眼ならこれがベストかもしれません。大きさ重さはなんとか気合で乗り切るとしても価格がなぁ・・・今の私にはちょっと手が届かない?
3) Canon EF16-35mm F2.8L II USM
これは、つい先日発表されたばかり(未発売)のレンズですね。すごく良さそうなんだけど、高嶺の花すぎます。無理です。orz
4) Canon EF16-35mm F2.8L USM
これは3)のレンズの現行機種。新機種が発売になって中古市場にれが適価で出回り始めたら狙い目の1本かもしれない。でも、Lレンズって中古でもそんなに安くならない傾向にあるみたいなんですよね。困ったなぁ。
5) TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16)
これも各所で評価が高いレンズですね。ただ気になったのは、ズームリングの回転方向がCanon純正とは逆方向だとか。レンズ付け替えたときに、とっさに戸惑ったりしないのかな?
6) シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
この中で唯一マクロ付きのレンズ。マクロがあると色々楽しい事は知ってるのですが、今回はあまり関係ないかな。タムロンよりも1万円高いだけの価値はあるんだろうか?でも、結構気になってます。

各所のインプレッションを読んで気になったのは、サードパーティ製のレンズ個体によってかなりバラツキがあるみたい?ということ。価格comでもちらっと出てきますし、2chのCanon系レンズスレではひどい叩かれ様です。普通にカメラ店で購入するならば、実際にボディに装着して確かめてから買うとか、もしくは初期不良→新品交換も容易なのでしょうけれど、私は通販で購入することを想定しているので、もしハズレな個体を掴んじゃった時にはえらい面倒くさい事になりそうな予感が。。。。

という訳で、現時点で私が考える常用レンズベスト3の発表です!
(と言っても正直まだ全然絞り切れてません。あくまでも、現時点での暫定順位ってゆう感じです。)

①EF-S17-55
 かなーり気になってます。でも値段が微妙。オークションで10万円以下のものを探す!?
 もしくは中古もアリ!?
②シグマ18-50マクロ
 通販で買うのはなんとなく怖いので、近所のカメラ屋さんで価格交渉する!?
 もしくはオークション等の中古で1~2万円程度なら即買い!
③現行EF16-35
 中古で10万円を切ってくるようなら考えようかなぁ?

・・・と、いつのまにか予算の事とか全く気にしなくなってるオジサンがここにいらっしゃいますよ!当初の予算(10~15万円)どこいった!?(笑

2007年2月27日 (火)

さてお次は標準ズームを選んでみよう

Canon EF70-200mmズームの選択で、すっかり頭の中が無限ループ状態に陥っているオジサンですこんばんわ。

今日はちょっと頭を切り替えて、標準ズーム選びのカオス(笑)に足を踏み入れてみたいと思います。望遠系は70-200mmのどれか1つということは決定として、サッカーとバスケが被写体と言ってもこのズーム1本だけじゃ厳しいでしょう。例えばバスケでゴール下の混戦をエンドライン側から狙うとか、チームの集合写真(記念写真みたいなの)を撮るとか、あとは普段のスナップ的な写真を撮るために、標準域のレンズは絶対に必要だろう。という考えです。

銀塩カメラを使ってた頃(かれこれ20年前です)のレンズラインナップは、35-70mmズームと28mm、50mm、135mmの単焦点でした。当時自分は広角の絵柄が好きで一番多く使ったのは28mmでしたが、普段ボディに付けっぱなしにしてたのは35-70mmズームでした。スナップ写真にはこれが一番便利、というかお手軽お気楽に撮れたんですよね。というわけで今回は、35-70mmズームをベースに考えたいと思います(何かを基準にしないと自分の頭の中を整理して上手くイメージできないので)。銀塩で35-70mmということは、APS-Cだと1.6倍換算なので 21-43mm 程度の焦点域をカバーしてるズーム、ということになります。また、バスケ=室内の動体が1つの目的がありますので、やはり明るいレンズ(F2.8程度以上)であることが必要でしょう。単焦点ではなくズームにする理由は、スナップ用としての扱いやすさ、スポーツ写真を撮る場合に細かなレンズ交換が不要となるメリット、などです。静体狙いの画質重視であれば単焦点レンズなのでしょうけれど、私の狙いは「子供たちの元気なユニフォーム姿」なので、画質に関してはある程度以上であれば深く追求しないというスタンスです。

という感じに条件が出揃ったところで、EFレンズカタログをめくって条件に当てはまるレンズをピックアップしてみます。

・Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM(\103,000)
・Canon EF24-70mm F2.8L USM(\155,000)
・Canon EF16-35mm F2.8L II USM(\205,000)
・Canon EF16-35mm F2.8L USM(\160,000)
(値段は本日現在の価格com最安値を参考にしました。)

ぐはぁっ!どれも高いなぁ。もうちょっと値段的にお手軽なレンズがいいんだけどなぁ・・・。というわけで、サードパーティ製のレンズも見てみました。

・TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16)(\37,000)
・シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO(\45,500)

現実的なところだと、このへんかな?

さて、各レンズのインプレッションを読み漁るとしましょうか。 ・・・という感じで、今宵もまた眠れないオジサンなのであります・・・ しかし、それがまた楽しい(笑

2007年2月26日 (月)

白レンズ選択の苦悩(2日目)

昨日に引き続き、Canon EF70-200ズームで悩んでいるオジサンです、こんばんわ。

焦点距離70-200mmをAPS-Cサイズのデジイチで考えると、1.6倍相当なので112-320mmということになります。これに不満はありません。バスケの撮影を考える場合、コートサイド(もしくはゴール後方)から狙う場合は長すぎるくらいかな?なんて感じられるくらい。ちなみにバスケのコートサイズは28m×15m。2階ギャラリーから狙うような場面でも、焦点距離的に言えば必要十分だと思います。サッカーの撮影を考えた場合、これではちょっと短いかな?とも感じますが、そこはテレコンを使えばなんとかなるだろー、と現時点では安易に考えています。とりあえずCanon EF70-200 を買う!これは、オレの中では決定事項で揺るぎません。

そうは言ってもですね、色々と悩みは尽きないのでありますよ。・・・なんせ高い買い物ですし・・・

【明るさの比較】
昨日は「室内競技を撮るんだから明るさは絶対に必要→F2.8を選択」と単純に結論付けました。しかし、各所のインプレッションを読むと、画質的にF4.0の方が圧倒的に評判がヨロシイみたいなんですよね。辛口なところだと「F2.8開放は全く使い物にならない」なんて書かれています。またレンズのサイズ的に見ると
 F2.8 IS → φ77 × 197mm 1.470g
 F4.0 IS → φ67 × 172mm   760g
とゆう感じで、IS付きで比較した場合ではF4.0の方が一回り小さく、重量的には半分程度。これは機動性の面から考える大きな違いになってくるんじゃないかな。サッカーだけ考えればF4.0でも問題なし(少年サッカーはナイトゲームなんてありませんから)なのですが、バスケがなぁ・・・ISO増感しても、F4.0じゃキビシイかなぁ。。。

【ISは本当に必要?】
Canonが誇る手ブレ補正機能「IS」の必要性も気にかかります。昨日の時点では「あれば便利な機能だし!」て感じで結論付けました。でもちょっと待てよ?考えてるうちにめらめらと疑問が生じてきました。今回は被写体が動体なんですが、ISで手ブレは補正できても被写体ブレはどうにもならず、やはりある程度のシャッター速度は必要になってくるわけです。また、三脚や一脚を使用する場合ってISの必要性はどうよ?大は小を兼ねる的な考えで「必要なければOFFにすればいーじゃん」とも言えますけれど、F2.8で比較した場合でISの有無によって実勢価格に約7万円もの差があります。使わない機能に7万円も余計にお金を払うのってクヤシイじゃないですか!というか7万円あったら余計にもう1本レンズを買うか、じゃなければかなりしっかりした三脚が買えちゃいます。

というわけで、なんだか振り出しに戻っちゃった感じで同じところをグルグルぐるぐる悩みが巡っているわけです。ちょっと整理しましょう。

表:Canon FE 70-200 ズームレンズ4機種の比較

70200_3 ※表中の「参考価格」は、本日現在の価格コムの値段を参考にしました。

※その他の項目は、たけつオジサンの主観で評価しています。あしからずご了承下さい。

こうやって整理してみると、なんだかF4.0 ISアリがベストチョイスのようにも見えますねー。うーん。手ブレに関しては三脚or一脚使用でなんとかする!というのでれば、F2.8 ISナシもよいかな?という気もします。

明るさを取るか、機動性&画質を取るか。それが、問題です。・・・なーんてね。こうやって自分で資料をまとめたりして、アレコレ考えてるのもまた楽しかったりしています。

2007年2月25日 (日)

あこがれの白筒!

唐突にデジイチ(デジカメ一眼レフ)購入を心に決め、資料集めに余念のないオジサンですこんばんわ。

さてボディは Canon EOS30Dに的を絞りましたが、ここでおさらい。Canonに便利な比較ページがあります。(http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissdx/compare.html) 対抗馬はEOS kiss-Xだったのですが、画素数で2割程度も劣る30Dを何故選択するのか、その決め手になったポイントは2つ。「ファインダー倍率」と「連写機能」です。被写体がバスケ&サッカー=動体であることから、この2点で優れていることは大きなアドバンテージになると考えました。また、画素数至上主義的な風潮にちょこっと逆らってみたいという考えも少しありました。カタログスペックだけ見てニヤニヤ喜んでるシロウトさんとはちょっと違うんだよ、と。・・・なーんてね(笑

ボディが決まったらさて次はレンズです。スポーツ写真が目標ですから、望遠系のレンズは欠かせません。Canonの望遠と言ったら白筒!かつて新聞配達で貯めたお金で銀塩一眼Canon AE-1 +PROGRAMを購入しシコシコ風景写真とか撮っていた少年時代のオレには、白いレンズは超高嶺の花的な憧れでした。当時Canonと言えばシャッター優先AE、シャッター優先と言えばスポーツ写真。しかし、ボディの数倍もする高価なレンズなんて当然買えませんでした。でも今は、金銭的な面から言えば欲しい物は(とりあえず無理すれば)何でも買えるオトナになりました。よーっし、いっちょ白筒レンズいったる!ってなモンです。というか、20年来の憧れだった白筒レンズを使いたいがために、Canonを選択したという感じ?(笑

さて、EOS30DをはじめとしたAPS-Cサイズの画像素子を持つデジタル一眼レフの場合、交換レンズの焦点距離イメージが35ミリ銀塩と比較して約1.6倍に相当するということ。単純に言えば、100ミリのレンズで撮影すると160ミリレンズと同じ画角の写真が撮れちゃう! これは、広角域のレンズだと不利なんだけど、望遠系のレンズにとってはすごく有利と言えます! (・・・って、そんな単純なモンじゃないんでしょうけれど) とりあえずこの点をきちんと踏まえてレンズを選択する必要があるって事で。

CanonのEFレンズカタログをめくっていると、ある事に気付きます。70-200ミリの望遠ズームが、明るさの違いとISの有無によって4種類出ているってこと。これってスゴくないですか?というか、それだけ需要のあるズームだってこと?画角的に不満の無いズーム域なので、とりあえずコレでいってみようかな、と、あっさり決定。これはレンズに限りませんが、人気がある=メーカが力を入れている商品ってゆーのは、それなりの理由があるってこと。流行に乗るのはあまり好きではありませんが、ココはこれで問題なし。

EF70-200mmには明るさが2種類、F2.8とF4があります。今回は狙いの被写体が室内スポーツ(バスケ)も含まれていることから、明るい方を選びましょう。ではISの有無はどうする?ISとは、Canonが開発したレンズ内手ブレ補正機能(Image Stabilizer)です。手ブレ補正機能のありがたみは、ビデオカメラでさんざん味わっております。ここは「アリ」でいーんじゃね?

というわけで、決定しました。Canon EF70-200 F2.8L IS UMS これいってみよう!

10501010046

・・・・このレンズだけで、当初の予算(10~15万円)を軽く超えちゃってますけれど、まぁそれもヨシwww

2007年2月24日 (土)

やっぱしCanonでしょう?

カメラのキタムラに行ってみた。デジイチのカタログをこれでもか!ってほどもらってきた。・・・あー、えーっと、正直わけわかんなくなった(笑) とりあえず、選択肢の幅を狭めなきゃイカン!と思った。

高校時代、初めて自分のお金で買った一眼が、Canon AE-1+PROGRAMだった。Canonには、思い入れも想い出も山ほどある。デジタルと銀塩の違いはあれど、20年ぶりに一眼への回帰である。ここはCanonで決まりでしょう?決めちゃっても問題なすでしょう?

そういったわけで、とりあえずメーカ決定。そうだCanonでいこう!

EOSキスXいーねいーね。お手頃価格いーね。カタログ熟読。そして、価格comのインプレッション熟読。

 ・・・・・むむぅ。

その1つ上、EOS-30Dのカタログ熟読。そして、価格comのインプレッション熟読。

 ・・・・・これか?

1D?5D・・・ムリ無理!(価格的に!orz)

基本的にスポーツ写真は「枚数こなしてナンボ」とゆう考えのオジサンがオレです(間違ってますか?)。学生時分には、機材的にもフィルムやら現像代やらのコスト的にスポーツ写真には足を踏み入れられなかった。でも今、デジタルの力を借りればとりあえずフォルム代は必要ない。思う存分シャッターを切れるはず。今回デジカメを購入する動機は、バスケとサッカーです。ムスメとムスコです。親馬鹿です!ごめんなさい!

で?なになに?キスの秒間3コマに対して30Dは5コマね?ふふん。キタムラじゃ実機が触れなかったので、隣町のヤマダ電機まで足を延ばしてみた。実機が触れた。秒間3コマと5コマの違いって何よ!?

「かしょん。かしょん。かしょん。」「かしゅーかしゅーかしゅーかしゅーかしゅー」・・・・・ほっほぉ。違うね。

あっけなくボディ決定。EOS 30D 282x2352006091500010_2 ばちこい!おらおら! 

だって、秒間5コマだよ!最安値12万チョイでこの機能だよ!

画素数は、価格的に半額以下のキスXに負けてるけど、1000万画素と800万画素なんて大してかわんないって価格コムのインプレッションでもみんな言ってるよ!40Dがもうじき出るとかって噂もあるけど、そんなの気にしないよ!

えー、・・・・・この時点で既に当初の予算10~15万円どこ吹く風www 

【次号、レンズ選びの巻!乞うご期待!!】

思い立ったが吉日

ふと、唐突に、どしてもどうしてもどうしてもデジカメが欲しくなった。被写体は、決まっている。ムスメ(中2)のバスケと、ムスコ(小5)のサッカー。これまで何年も子供達の「おっかけ」を続けてきたが、1枚も写真が残っていない事に気が付いて愕然としちゃったのが昨日。

・・・おーっし!いっちょ撮ったるか!

意を決したのが今朝。まったりと休日の朝寝を楽しんでいる布団の中で、決めた。そう、決めたんです。いわゆるコンデジ(コンパクトデジカメ)じゃ、スポーツ写真は厳しいでしょ?やっぱしデジ一(デジタル一眼レフ)でしょ?ふふふ。(←色々と妄想してほくそえむオヤジw)

リサーチは大事!とばかりに価格comに行ってみた。漠然と「予算は10~15万?もちょい必要?」とか心に思い描いてたんだけど、けっこーするなぁ。むむむーっ!

自分は高校時代に(と言ってもかれこれ20年ほど前)、新聞配達で貯めたお金で一眼を買ってシコシコ風景写真とか撮ったりしてました。というか写真部にも所属してました。当時スポーツ写真なんて機材的にもフォルム的にもお金がかかりすぎて無理だったし、ここでなんとか積年の恨みwを晴らしちゃる!って決意だったんですけれど、しょっぱなからクジケてしまいそうです

このブログでは、機器の選定~購入、いざ撮影するってトコロで感じた様々な思いを、徒然なるままに書き殴っていくしょぞん。デジカメ初心者(というかまだ買ってない)、ブログも初心者なオヂサンの心の叫びを、生暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

さて、カメラのキタムラ行って来るか!(とりあえずカタログだけもらいにw)

トップページ | 2007年3月 »