« 互換バッテリを買ってみた | トップページ | キャッシュバックが届きました。 »

2007年4月10日 (火)

本物!?偽物!? オークションのCF

土日も休日出勤で練習試合も何も見に行けず、鬱憤が溜まっているオジサンですこんばんわ。
さて今回は休日出勤中に待ち時間とか色々あって多少ヒマがあったので、先日のブログで紹介した『中国向けSanDisk Extreme3』の検証をしてみました。

まずは、CFアダプタを介してノートパソコンのカードスロットに挿入し、プロパティを見てみます。
Sandisk
ほほー。ちゃんと「SanDisk」と出てますね。ちょっと一安心です(笑

でもこれだけでは安心しきれませんので(というかヒマもありますのでw)、ベンチマークソフトを使ってテストしてみたいと思います。・・・でも、確実に本物だっていうExtreme3を持っていないので、きちんと比較検証できないんですよね。^^;
しかたないので、以前に通販で買った激安トランセンド120倍速と比較することにします。

【ベンチマークテストの概要】
ベンチマークソフトでは定番の HDBENCH を使いました。 ver3.30 でDiskのみ100MByteで計測します。
ちなみにノートPCのカードスロットに、7~8年前?(もっと前?)に買ったCFアダプタを介しての挿入という環境です。
いずれのメディアもフォーマット後に測定を開始しました。

                      Read Write FileCopy(KByte/s)
SANDISK Extream3 2GB 1411 1281  970
Transcend 120x① 2GB  1397 1166  405
Transcend 120x② 2GB  1335 1222  396
(3回平均値)

Hdbench

Extreme3のカタログ値は読み書きともに20MB/秒です。これと比較すると検証結果は激しく遅すぎます・・・なぜ?
ためしに自宅と職場のデータ持ち歩き用に使っているUSBメモリ(去年の初売りで4,980円くらいで購入したもの)を計測してみます。

SanDisk cruzer-mini 1GB 7792 5885 974

・・・うーん。まぁこんなモンかな?

ということは、やはりCFの速度が納得いきません。とりあえず何が悪いのか分りませんが手持ちの機材で色々試してみよう!ということで、今度はIO-DATA製のUSB接続カードリーダを使って再度測定してみることにします。
(1~2年くらい前に買った、USB-W12RWというカードリーダです。)

                 Read  Write FileCopy(KByte/s)
SANDISK Extream3 2GB  17922 14546 4491
Transcend 120x① 2GB   18315 11549  560
Transcend 120x② 2GB   18499 11518   561 
(5回平均値)

・・・出ましたね。
読み出し速度は僅差でトランセンドに軍配が上がってますが、書き込み速度では3割程度エキⅢが上回ってます。
ファイルコピーは8倍!?どんな処理を行ってるのかわかりませんが、何ゆえこんなに差が付いちゃってるんでしょう??

今回のテスト環境=職場のノートPC(ペンティアム3のちょっと古いマシン)ではカタログスペックまでは到達できませんでしたが、また本物か偽物かは明確に判別はできませんでしたけれど、なかなか良い数字が出ましたのでとりあえず自分的には納得しました。

『許す!』wwww

また、カードリーダ(アダプタ)による差が激しくデカイ!ということが身をもって理解できたことも今回の収穫です。
って、こんなの常識ですか? ^^;

==========
【オマケ】

調子に乗って、引き出しを漁ったら出てきた古いメモリカードもテストしてみました。なんの参考にもなりませんが、とりあえず掲載してみたいと思います。
こちらは容量が小さいのでDiskのみ1MByteで計測します。

           Read Write FileCopy(KByte/s)
EPSON 40MB   971  221    279
Nikon 8MB     1764  549    633
IO-DATA 30MB   1615  325    406
SanDisk 96MB     3378  569    659
(5回平均値)

メーカは異なりますが全てSanDiskのOEMです。上から買った順=年代順に並べてみました。EPSONだけがCFではなくPCMCIA Type1です。これ、10年くらい前のものだと思うのですが、こうしてみると泣けるスペックですね。当時確か7~8万円くらいで買った記憶があります。
Nikonはクールピクスの標準装備のオマケ品。クールピクスは何年前に買ったか定かではありませんが、100万画素前後の『ハイエンド』wなコンデジで7~8万円程度だった記憶があります。

うん。時代は確かに進化していますね。

Img_0236
今回使用した機材たち「老いも若きも大集合」w

« 互換バッテリを買ってみた | トップページ | キャッシュバックが届きました。 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

とりあえず性能が出て良かったですね。
というか、仮に模造品だったとして
それで性能が出てしまったら
それはそれで、ある意味嫌な感じが・・・w

いや、安かったし性能も出てるし、これが偽物だったとしても現時点では何の不都合も無いような気がしています。
あとは画像消失とかな事件が起こらないことを祈るだけw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/14634406

この記事へのトラックバック一覧です: 本物!?偽物!? オークションのCF:

« 互換バッテリを買ってみた | トップページ | キャッシュバックが届きました。 »