« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月28日 (月)

クリーニング用品

前から使ってたのですが、経費に計上するの忘れてましたので、改めて紹介します。

Img_0002_03

・ハクバのレンズペン 1,500円くらい
・HLCレンズクリーナ  1,000円くらい
・フジレンズペーパ    160円・・・2セットめ→320円
・先細綿棒         100円・・・2セットめ→200円

合計 3,000円くらい。

<支出累計>
472,811円

HLCレンズクリーナは「オリンパスEEクリーナ使用」というのがミソです。色々と調べたところ、この溶液は精密光学機器の工場で仕上げクリーニングにも使われているモノらしい。実はレンズクリーニングだけではなく、あわよくばローパスフィルタの清掃にも使っちゃおうかな?という目論見で買ってみた。
一般的に売られているローパスフィルタのクリーニングキットやクリーニングマシンは7~8千円から下手すると1万円以上もする。そんなものとても買えやしない。何とか安くクリーニングするために、情報を集め、ブツを探した。オリンパスクリーナ使用ではない普通のレンズクリーナ溶液よりも100円ちょっと高かったが、見つけた瞬間に喜んで買った。

このクリーナを買ってからほぼ1ヶ月。しかし、まだ実際にローパスフィルタの清掃には使用していない。
別に踏ん切りがつかないとかそーゆう訳では決してなく、あれほど目立っていたフィルタ上のゴミが、ブロアでどんだけ吹いても場所を移動するだけで決して無くならなかったあのゴミが、いつの間にか消えて無くなってたからなのであります。

・・・ラッキー!
というか、日々メガネのレンズをクリーニングして清掃のウデを磨いていたのに、フィルタ上のゴミがいつの間にか消えちゃって少し残念でもありw

でもって日々のレンズクリーニングはレンズペンだけでほぼ間に合っているので、オリンパスクリーナをカメラのレンズの清掃に使用したことは実は一度もありませんwww

2007年5月27日 (日)

少し反省

今週は土日の二日間、県南の某強豪私立高校が主宰するワークショップへ参加。
県大会常連レベルの中学チームが一堂に会してゲームがどんどん行われるスタイルで、2日間でハーフゲーム8試合をこなしてきました。
いやー、子供達のバスケもおやじの写真撮影も色々勉強になりました。

Img_0508_2

これまで練習試合では大抵フロアレベルからの撮影ばかりで、でも公式戦ではフロアに降りることができずギャラリーから撮影して戸惑うことが多かったのです。しかし2日間みっちりギャラリーからの撮影をこなして、なんとなくコツが解ってきましたよ。

2007年5月22日 (火)

踏んだり蹴ったりの一日

今日は天気が良かったので、午後から年休消化でお花撮影に行って来ました。

Img_0586_2
Img_0789_2
今がちょうど見頃なツツジです。・・・たぶん(笑
いやホント、花の名前に疎いんですよ^^;

小一時間ほどでツツジも一通り撮り終わると、もう被写体になりそうな花もナシ。ふと思い立って、某植物園へ。
Img_0616_2
Img_0710_2
聞いたこともない名前の花がいーっぱい!

2時間ほど熱中して撮影したところで、身体に異変が・・・なんか、気持ち悪い。そよ風に揺れる小さな花をファインダー越しに凝視し続けたせいで、なんか船酔いみたいな感じで胸がワヤワヤずいです。吐きそうです。
更に、何時間も立ったりしゃがんだり中腰で微妙に身体を前後させたりしてたので足も腰も腕も肩も背中もダルダルです。

こりゃダメだ、と、小休止。
今日は暑かったですし、水分補給しつつ木陰のベンチで横になりましたが、あまり回復しません。
その後なごり惜しんで少しだけ撮影しましたが、それが間違いの元でした。

今日は一脚を使って撮影したてたのですが、実はおじさんは雲台を持っていません。ボディに一脚を直付けなので、カメラ本体を上下方向に斜めに被写体に向けたいときは、一脚を大きく傾けて使ってました。これだと一脚の足下が安定しないので、足で踏んづけて安定させたりしてたんですね。
この時点で一脚の使い方を激しく間違ってるのですが、でもまぁ手持ちよりはブレないし自分的には「ナイスアイディア!」とか思っていたのです。

体調が芳しくないのに無理して撮影してたらちょっとヨロけちゃいまして、一脚の一番細い段のところを岩の隙間に挟めちゃって、更におじさんの全体重をかけたらグニャリ、って。
まぁ、カメラ本体が無事だったのでラッキーと言えばラッキーなのですけれど。

あれから数時間経った今も体調戻らないし、肩こりと腰痛はヒドイし、よろけた時にカメラを守ろうとしてしこたま打った肘も痛いし、一脚はどうみても修繕不可能だし、今日撮った画像をPCで見たらピンぼけ&手ブレのオンパレードだし、もう踏んだり蹴ったりです。

仕事サボって遊びに行っても一つも良いこと無いッスね。 ;_;

2007年5月20日 (日)

ノーファインダー

今日は小学校の運動会。
オヤジは2日連続のお弁当作りにゲンナリしつつ、それでもカメラ担いで行って参りました。

「あのね、ボクね、応援リーダーの太鼓係になったんだよ」
「父母席にメッチャ近いんだよ」
「カメラ持ってくるよね?」

数日前の会話です。以前は運動会と言えば人並みにビデオカメラ構えて人並みに撮影とかしていたオヤジでしたが、ここ数年は(というか離婚して以降は)そんな元気もない状態でした。ムスコ的には、やっぱし撮って欲しかったんでしょうね。その気持ちが痛いほど解る気がして、素直にリクエストにお応えいたしましょう!って感じです。

「応援リーダー太鼓係」
Img_0186_2_1
EOS30D EF-S17-55/2.8IS

そういえば昔(かれこれ20年前w)広角レンズ使ってこんなこともやってたなぁ・・・と、絞り込んでのノーファインダー撮影に挑戦してみました。
本当だったらあと1歩2歩、被写体に近寄りたいところです。でも父母の立入禁止エリア(生徒の応援席)で撮ってるので、これ以上前に出て目立つわけにもいかず、イマイチ迫力のない画になってしまいました。
もしくは、空が青ければなぁ・・・。昨日までの天候を考えると、雨が降らなかっただけでもラッキーと言えばラッキーなのですが、やはり画的にちょっとアレですよね。これでも雲の切れ間の日差しを待って、シャッターチャンスを狙ったつもりなのですが。・・・少し消化不良です。

2007年5月19日 (土)

県トレセン

本日は小学校の運動会が雨で延期になったおかげで、一時は参加をお断りしていたトレセンに急遽参加してまいりました。
ムスコ的には楽しみにしていた「小学校最後の運動会」が延期になった無念さと、レベルの高い仲間達とサッカーができる嬉しさが入り乱れてちょっと複雑な心境だったみたいです。オヤジ的には・・・今日と明日の2回もお弁当を作んなきゃなくって、手間が二倍でちょっとげんなりかも(笑

というわけで、本日もカメラ担いでうろちょろしてまいりました。
Img_0307_2
EOS30D EF70-200/2.8IS + 1.4EX
(バックにばっちりこっちを向いている子がいたので少々トリミング&リサイズしています。)

雨中での撮影は2度目ですが、今日は降っても小雨程度でしたし雲が薄くて明るかったのでファインダーも見やすかったです。
70-200に1.4のエクステンダー付けて、雨中という悪条件でもISO100だとこんだけ鮮明な画像が得られるんだなぁ、と少し嬉しくなりました。

あと、最近恒例となってきた練習の合間の息抜き=お花撮影もしっかり楽しんできました。^-^
Img_0132_2
EOS30D EF70-200/2.8IS(リサイズ済み)

今日は出がけにバタバタしちゃって、タムロン90mmマクロを家に忘れたので70-200でお花撮影。毎度自画自賛でちょっとナニがアレですが、なかなか悪くない画が撮れたと思います。今までこのレンズでは動体しか撮ったことが無かったのですが、静物を撮ると適度にシャッキリくっきりして、それでいてボケ具合も不自然な感じが無くって自分的には好みの絵柄です。
それにしても・・・いやー、このレンズを手持ちで撮影するのは疲れるッス。

本日掲載の画像は、ほとんどしおれかかってそれ単体では画にならない八重桜(山桜?実はよく分かりませんw)を背景に利用してみたものです。雲の切れ間から日差しが見えたチャンスを狙って撮ったのですが、背景がもうちょっと明るければもっとステキな画になったかもしれません。ザンネン!
ちなみにこの画像は、雨でぬかるんだ地面に這いつくばって見上げる感じで撮影しています。周囲のサッカーママ、サッカーパパから見れば怪しさ満点のカメラおやじだったかもしれませんwww

2007年5月16日 (水)

プリンタについて考える。

EOS30Dでの撮影も順調に数をこなし、カメラやレンズの操作にも慣れてきましたし、それなりに「イイ!」と思える写真も何百枚かに1枚wwwは撮れるようになってきました。画像の保管は現時点でHDDに置いていますが、最終的にはDVD等のメディアに落とそうと考えています。
画像を撮る、保管する、という部分に関しては特に悩むことはないのですが、その画像をどうやって見るのか?という部分に関しては、すごく悩ましかったりしております。うちで見る分にはHDDのままでもDVDでも、スライドショーでも何でもすぐに作れるのですが、「よその方々に配布する」という面から考えると、現時点では紙に印刷することが最も現実的なのかな?と考えます。

というわけで、最近プリンタの選択で頭を悩ましているおじさんですこんばんわ。

現在、私が使っているプリンタはEPSONのPM-770Cという、もう5年以上も前に購入したモノです。
テキスト出力とかwebサイトのプリントアウト、あとは年賀状の印刷くらいにしか使っていませんでしたので、今までこのプリンタの性能で特に不満はありませんでした。しかし、写真を印刷するとなるとスペック的にこのプリンタでは全く以て力不足です。それでも、ものは試しだと思ってインクを買ってきたりしたのですが、ヘッドのクリーニングだけでほとんど使い切ってしまい、それでもまだ何色か詰まり気味です。
もう、このプリンタは捨てる決意です。

色々と情報を探して読みあさった結果、初心者がとりあえず写真をプリントするなら染料系インク6色のプリンタが、価格的にも性能的にもバランスが良くお手頃だ、という今現在の時代の流れが読みとれました。
染料6色、A4サイズ。とりあえずこの条件でプリンタを探してみましょう。あと、どうせPCに繋ぐし単体のスキャナも持ってるので、余計な機能とかナシのプリンタ単体のモノでおk。

先日、近所の大きめな電機やさんにいって、プリンタのカタログを貰ってきました。・・・何だよー。必然的にEPSONになっちゃうじゃん!条件的に合致するのはカラリオ PM-G850 かな。
うーんうーん、EPSONのプリンタが嫌いな訳じゃないのですが、Canonのプリンタが好きという訳じゃないのですが、でもPM-770Cのヘッド詰まりでちょっと今おじさんあったまきてるので、なんとなくEPSONはイヤという気持ちも否めず。。。
でも、Canonの同等機種 ピクサスiP4300は4色インクですし(カタログ的には5色ですが、黒インクが染料と顔料の2本なので実質4色という意味です)、ちょっと不満が残りそうな気配が濃厚です。

再度いろいろと情報を探ってみました。Canonのカタログ落ちしたモデル ピクサスiP7500 がA4の染料6色インクだということが解りました。
オークションやネット通販をそちこち漁ってみましたが、どうやら新品は無いっぽいですね。中古品か、良くても展示品。プリンタに関しては全くのシロウトなので、中古はコワイです。Canonの中古を買うくらいなら、まだEPSONの新品の方がマシ!・・・ってどうゆう比較だかよく解りませんがw

というわけで、おじさんはプリンタ選びで頭をぐるぐるさせて楽しんでいる今日この頃です。
以上、近況報告まで。

2007年5月13日 (日)

優勝おめでとう!

やっちゃいました!
これから祝勝会なので、取り急ぎ結果報告のみ。

『4番対決』
Img_0136
EOS 30D EF70-200/2.8IS

まぁ何とゆうか、膝が伸びきってみっともないディフェンスな訳ですけれどw

2007年5月 6日 (日)

連写!そりゃもう夢中で連写!

多くは語りません。
まずは、秒間5コマの世界をとくとご覧いただきましょう。
本日は肖像権とかそーゆう面倒なことは考えず(ホントごめんなさい)、画像加工無しで全てアップします。言うまでもなく、白の10番クンがうちのムスコさんです。

『トラップ&ボレー』
Img_0915_1
Img_0916_2_1
Img_0917_3
Img_0918_4
Img_0919_5
Img_0920_6
Img_0921_7
Img_0922_8_1

サッカー的なハナシを少々。

本日県南予選2次リーグ2日目
オヤジは初日行けませんでしたけれど、実は昨日からやってました。昨日2勝して本日3試合目。お互い全勝同士の対決で、勝った方が文句無しの予選1位通過。引き分ければ得失点差でウチが2位になります。
うち的には絶対に負けられない一戦。選手も気合いが入りっぱなしです。ムスコもご多分に漏れず(やや空回りしつつもw)キアイ充分です!

 

 

・・・結果、1-1のドロー。しかも、やっとの思いで1点先制した後の後半ほぼロスタイムに、クリアミスからのオウンゴールで1失点。orz

とりあえず県大会に駒を進めることはできましたけれど、ちょっと微妙にキビシイ展開が予想される、ちょっぴり残念な結果となりました。6年生はみな、泣いていました。良いことです。予選6試合通して負け無し。失点わずかに1。5勝1分けはリッパです。でも、最後の最後のその1分けが、ちょっぴり残念な結果となっただけ。君たちは、とても大きな事を今日、学んだと思います。一回りも二回りも大きく成長できたと思います。

この悔しさを忘れずに、県大会ではもっとガンバレ!

 

========
さて、ちょっぴり写真的なオハナシ。
ラインズマンに視界を横切られる事を嫌って、オヤジはエンドライン側に余裕がないグラウンドでは基本的に左サイドに陣取ります。うちのご子息はレフティなので、微妙に左サイドが大好きという他人にはナイショな悪癖を知っているせいも少しあります。
最近はポジション的にトップ下(いわゆる『司令塔』です)もしくはその下(いわゆる『ボランチ』=攻撃の起点でありディフェンスの要的存在でもあります)と、グラウンド中央付近の縦のラインにいる事が多いムスコが、珍しく左サイドに寄ってきたのを見て、オヤジはずっと右目でムスコをファインダーに納めつつ、でもってズームリングを回しつつ、左目で漠然とボールの動きを追っていました。・・・最近は200ミリのレンズでもこれができるようになってきました。昔は標準域でしかできなかったのですが、こんなところにも1万カット超に及ぶ練習の成果が出てきているみたいです。オヤジえらい!www。でもってこの場合、縦位置だとシャッターボタンを上側に構える姿勢が必須となります。一脚使用なので右の脇が開いてもホールドは充分です。
で、微妙な浮き球がムスコの待ち受ける方向に飛んでいった気配を感じ、おやぢは咄嗟に親指でムスコにピントを合わせました(最近は全て親指フォーカスで撮ってます。快適です!)。その次の瞬間、夢中でレリーズスイッチを押し続けた結果が、本日掲載の7カット全てです。無駄打ちナシ。全て画になってると思います(文字どおり自画自賛www)。

しかし、これを体験しちゃうと更に秒間10コマの世界を覗いてみたくなってくる衝動に(以下略・・・www

全画像共通:EOS30D EF70-200/2.8IS x1.4EX(リサイズ済み、トリミング無し)

2007年5月 5日 (土)

色温度で悩む

本日もバスケの練習試合。
昨日は疲れ果ててブログに書き込みできませんでしたが、実は今日で3日連続です。

今日の会場は照明が明るくて、暗幕締め切りの状態でもISO800-1600でイケました。ただ照明の色が微妙にアレで、ホワイトバランスがオートだと微妙に赤すぎる画像が吐き出されたため、色々と設定を変えてみたのですがどれも不発。という訳で今まで使ったことが無かった機能=色温度のマニュアル設定というヤツを今日初めて試してみました。
ボディの液晶で画を確認しながら最初は100~50刻み、最終的には10刻みで変更してみました。背景との兼ね合いや露出その他の要素も絡み合ってなんだかワケワカンネくなって、結局最後まで「これだ!」という設定は見つけられなかったのですけれど、アレコレ悩みながら考えながら設定をいじってみて、色温度の何たるかが少し見えてきたような気がします。(気がするだけで、気のせいかもしれませんけれどw)

『フリースロー』
Img_0519_1
今日の体育館のステージがかなり薄暗くて、ちょっと素敵な背景になりました。(文字どおり自画自賛www)
「スポーツポートレイト」というジャンルがあるのかどうか知りませんけれど、ISO1600のせいで粒子が粗いことを除けばちょっとイー感じなポートレイトだと思いますがいかがでしょう。

と、連日動きのない画像ばかりだとちょっとナニがアレなので、ドリブル画像も載せてみます。

『ドライブ』
Img_0390_1
Img_0171_1
一番下の画像のみトリミング処理済みです(背景の上の方に学校名が大書きされた看板が写ってたので削りました)。ホワイトバランス的に言えば、1枚目はほぼ適正(アンダー気味なので赤く見える)、2枚目はちょっと赤い、3枚目はちょっと青いかな。・・・というイメージで良いのでしょうか?

うちのムスメさん、ポジションはPGなのですがドリブルは微妙に下手なんですよね。目線が前を向いている画像を探すのに一苦労しましたwww

全画像共通:EOS30D FE70-200/2.8IS

2007年5月 3日 (木)

暗い暗いくらすぎる!

本日バスケの練習試合。
薄曇りとわ言え暑い一日でした。日差しが眩しかったせいでカーテン(暗幕)を全て締め切っていたため、フロアがエライ暗くて悲しい気持ちになりました。ISO3200にしても絞り開放でシャッター速度は下手すると1/100以下、良くても1/250程度です。画像は粒子が荒く、それでも被写体ブレが起きちゃってるとゆう、もう何とも・・・
とかいいつつ、それでも1000カットほど撮影しちゃったんですけれどもね。やっぱバスケは楽しいです。

『スローイン』
Img_0452_1
EOS30D EF70-200/2.8 IS

止まってる画なら何とか見れる、という感じでしょうか?

うちの御令嬢のバッシュ選びはちょっとマニアック。新しく買った古いバッシュ=NIKEのスイフト2が光ってますね。でもまだ足に合わないみたいで、くるぶしの辺りが擦れて血まみれになってました。
だからあれほど「足首まであるソックスを履け!」と言ったのに・・・年寄りのハナシは素直に聞いとくもんだぞ>ムスメさんよw

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »