« マクロ撮影の特訓 | トップページ | 色温度で悩む »

2007年5月 3日 (木)

暗い暗いくらすぎる!

本日バスケの練習試合。
薄曇りとわ言え暑い一日でした。日差しが眩しかったせいでカーテン(暗幕)を全て締め切っていたため、フロアがエライ暗くて悲しい気持ちになりました。ISO3200にしても絞り開放でシャッター速度は下手すると1/100以下、良くても1/250程度です。画像は粒子が荒く、それでも被写体ブレが起きちゃってるとゆう、もう何とも・・・
とかいいつつ、それでも1000カットほど撮影しちゃったんですけれどもね。やっぱバスケは楽しいです。

『スローイン』
Img_0452_1
EOS30D EF70-200/2.8 IS

止まってる画なら何とか見れる、という感じでしょうか?

うちの御令嬢のバッシュ選びはちょっとマニアック。新しく買った古いバッシュ=NIKEのスイフト2が光ってますね。でもまだ足に合わないみたいで、くるぶしの辺りが擦れて血まみれになってました。
だからあれほど「足首まであるソックスを履け!」と言ったのに・・・年寄りのハナシは素直に聞いとくもんだぞ>ムスメさんよw

« マクロ撮影の特訓 | トップページ | 色温度で悩む »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

暗い室内のスポーツ写真は大変そうですね。
少年サッカーではないけど
ナイトゲームの時は完敗ですもん。
そんな中で偶然ブレが活きた写真とか撮れると
なんか嬉しかったりするんですけど。

>サヨコロさん
こちらでは初めまして。よろしくお願いします。
体育館での撮影は、暗いだけならまだしも、光が一定じゃないのがすごく面倒くさいです。
風を入れるために開け放している扉とかが背景に入ると、そこにAEが引っ張られて被写体が一瞬真っ暗になります。ドアが閉まっていても「非常口」の緑の看板(ライト内蔵)にも引っ張られます。
フロアの位置によって明るさが微妙に違いますし、ズームを動かしても適正露出がズレるので、マニュアル露出での撮影は現実的ではありません。
ホント、泣けてきます。
バスケ撮影時の露出方法、自分なりの手法がなんとなく見えてきましたので、いずれブログで詳しく書いてみたいと思います。

>そんな中で偶然ブレが活きた写真とか撮れると
>なんか嬉しかったりするんですけど。

あるある!^-^;
被写体のどこか一部でも止まって写ってくれてると、ドキっとする画が出来上がったりします。(できれば顔が止まって欲しいんだけど、なかなかそう上手くは行きません。)
自分はアマチュアなので「偶然撮れた」もアリだと思ってバシャバシャ撮りまくってるのが現状ですwww

暗い体育館の写真撮り、難しいんですねぇ~
撮影方法が詳しく書いてあるので参考になります(^^)
息子の母校の体育館はバレーのアタッカーが空中にいたら撮れません。

市内の公式戦は古くて暗い体育館が多いので試合写真が撮れないこともあります。
そんな時はコート内の選手のアップばかり撮ってきますがスポーツ写真が撮りたい私は消化不良の感じです。

>ママばーばさん
こちらでは初めまして。コメントありがとうございます。
暗い体育館だとISO3200のf2.8でSS1/60とか、ほんと泣きたくなります。そんな時は200mmのレンズ諦めて、標準ズーム付けてゴール下を狙うのが一つの手なんですが、練習試合だとエンドラインから壁までの距離が短くてダメだったり、公式戦だとそもそもフロアに降りれません ;_;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/14941684

この記事へのトラックバック一覧です: 暗い暗いくらすぎる!:

» あひるの空 [これ、いちおし!]
先日、ショッピングに行った時に、偶然前の職場の友達と会いました。 「あれ!?ひさしぶり!!」 誰かと思って振り向くと、友達が笑顔で手を振りながらこちらにやって来ました。 [続きを読む]

» エアジョーダン [エアジョーダン]
エアジョーダン [続きを読む]

« マクロ撮影の特訓 | トップページ | 色温度で悩む »