« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

×お花撮影 → ○虫撮影

バスケの追っかけが終わっちゃって、なんだか魂が抜けたようになっちゃってるおじさんですコンバンワ。そういったわけでブログもさぼりっぱなしでしたが、今日はヒマだったので朝からカメラ持っておでかけしてきました。

昨年から同じ市になった元隣町(といっても車で小一時間かかりますがw)で開催中の、田瀬湖あやめ祭り。先週行ってきた知人の話では「まだちょっと早かったから今週くらいがちょうどイイんじゃね?」とのこと。
もうね、朝からwktkが止まりませんwww

ブンブン車飛ばして30分そこそこで到着。撮影機材をよっこらしょっといざあやめ園へ!なんか、駐車場から入場口への通路の両脇にテキヤさんがびっしり店を出していて朝からお祭りムード満点です!入園料250円を払っていざ!ハァハァ・・・

あれ?・・・あれあれ??
なんとゆうか、えーっと、その、、、お花の状態がマッタクもってよろしくない。花がまばらにしか咲いていないうえに、ほとんどの花が全然元気ないです。その上イベント広場でカラオケ大会が始まったらしく、お花畑にも大音量でヘタクソな演歌のカラオケが流れ続けていますた。
いや、ほんとゲンナリするひと時を過ごさせていただきました。

それでも入場料250円の元を取ろうと、がんばって虫を取ってきました。
Img_0243
あげは蝶 on 元気のないアヤメ

Img_0247
黄色い蝶と白い蝶が仲良くケンカ中 on 元気のないアヤメ

Img_0255
黒&茶褐色で羽根の無い、名前も知らないバッタの一種 on 元気の無いアヤメのつぼみ

以上共通 EOS30D EF70-200/2.8IS トリミング&リサイズ

2007年6月18日 (月)

・・・終わっちゃった。

中学3年間の部活が、昨日で終わってしまいました。

『ゲームセット』
20070617_1_1
EOS30D + EF70-200/2.8IS(トリミング&リサイズ)

2勝1敗で迎えた4試合め。最終試合・・・崖っぷち。とにかく勝たないと優勝の目はありません。
終始リードされ続け、それでも粘って6点差まで追い上げた第4ピリオド終盤。ツリかけた足を引きずって、泣きながら決めたカット&ドライブは見る者全ての心を打ちました。それで、4点差。でもそこがピークだったかな。あとはもう、気力を振り絞って立っているのが精一杯だったもんね。
お疲れさまでした、キャプテン。あとはもう、ゆっくり休んでください。

2007年6月16日 (土)

中総体初日

『仲間達と共に、最後の勝負の場所へ』
20070616_1_1
Canon EOS30D EF70-200/2.8IS(トリミング&リサイズ)

10点ビハインドで第4クォーター開始のディフェンスへ向かう5人。・・・負けてるくせに、その余裕の笑顔はドコからくるのだ?

うちの地区は女子バスケ5チームしかありません。中総体地区予選は2日間総当たりのリーグ戦方式で戦い、優勝校1校のみが県大会へと駒を進めることができます。1つ負ければ、自力優勝はナシ。そういったシチュエーションです。この笑顔の根拠が、おぢさんには全く分かりません。というかこの娘たちは、気持ちがそのまま顔に出ちゃうヒジョーに分かりやすいヤツらなのです。今までなら決してこんな笑顔なんて出せない娘達なのです。何かのきっかけで、最後の最後で吹っ切れたのか、それとも状況が理解できないほど頭の中が真っ白になっちゃってるのか・・・

======
いつものおじさんなら1試合平均500カット、今日は2試合でしたので普通なら1000カット以上撮るはずなのですが、勝負に見入ってしまって本日は400カットしか撮影できませんでした。
(お付き合いで撮った男子の試合を含めても650カットくらい)

今朝子供達には「平常心でイケ!」とか言ってたくせに、今日はオレ自身がちょっとオカシかったです。変な汗をかきながら、震える指でやっとの思いでシャッターを切ってました。

2007年6月10日 (日)

全日本少年サッカー大会岩手県予選(予選リーグ2日目)

『戦いが終わって・・・』
20070610_1

彼の表情が全てを物語っています。

2007年6月 9日 (土)

全日本少年サッカー大会岩手県予選(予選リーグ初日)

地区予選を2位で通過し、いよいよ県予選です。

『膝と肘のカサブタは勇気の証』
20070609_1
そして、スパイクに小さく書かれた『10』は彼のプライドです。

開会式前の記念撮影
20070609_2
以上2枚 EOS30D + EF-S17-55IS

記念撮影してるのは業者さんなんですけれどね、カメラを構える姿がちょっとシロウト臭いですwww
本日は3~4社ほど入ってましたが、どの人も機材はリッパだけどみんなこんな感じ。-ω-;
ちなみにNikonとCanonが半々くらいだったなぁ。ちょっと真剣に見てしまいましたが、どの人も記念撮影のチーム写真は50mm~100mm前後、入場行進は70-200ズーム、開会式全景は10mm台の魚眼、試合風景は400mm単+200mmズームの2台体勢というパターンが多かったですね。

開会式の画像は肖像権のナニがアレで、ヒジョーにメンドクサイので割愛。
で、試合前にお花撮影www

20070609_3_1 
20070609_4_1
20070609_5
以上3枚 EOS30D TAMRON90mmマクロ

これで、本日の画像は終了です。
なぜなら、これまでに無いほどのヒドイ試合内容で、ほとんど後ろ姿もしくは遠景しかムスコの写真が撮れなかったからです。
明日は予選リーグ残り2試合。いろいろガンバレ!オレもがんばる!

2007年6月 8日 (金)

サボリーマン(笑

今日はちょっとだけ仕事を早引けしてお花撮影。
というかホントは昨日飲みすぎてシンドかったので昼寝でもしようと山にドライブ行ったのですが、そこにお花があったらやっぱし撮るでしょう?w

20070608_1
EOS30D + TAMRON90mmマクロ

今日のテーマとして、説明的になりすぎない程度に引いて撮る。というイメージだったのですが、これは引きすぎだなぁ。図鑑の写真じゃねーんだからさー、もうちょっと一ひねりしようよ!という感じです。

20070608_2
EOS30D + EF70-200/2.8IS

ダム湖の水面に反射した光をバックにキラキラ感を演出しようとしたのですがあまり上手くいきませんでした。単なる露出オーバの写真みたいw この花も葉も実はあまり綺麗な状態じゃなくって、適正露出にすると絵的にイマイチでした。飛んでるくらいでちょうど良い。

20070608_3_1
EOS30D + EF70-200/2.8IS

思いがけずに変な虫が写っちゃってますが、ピントは花にいってます。主役は花なのでこれでいーんですwww

2007年6月 6日 (水)

限りなき物欲(3) ベルボン mini-F

説明不要でしょうか?www

20070606_2
マクロ撮影、ローアングル撮影の定番 ベルボン mini-F

おぢさんは少しマクロに目覚めちゃったりしたもので、欲しくて欲しくてたまんなかった三脚です。でもオークションを見ていると、こんな小さなしかもカタログ落ちした三脚が5千円とか6千円で取り引きされているんですよ。全く納得できません。それでも欲しくて欲しくて、オークションに出てきた全てのmini-Fに意地になって「3500円」で入札し続けたら、10数個目にしてやっと落札できちゃいました。粘り勝ちw これも中古品ですが、かなり程度は良いです。使った形跡が見あたりません。

ベルボン mini-F
本体  3,500
消費税   175
送料    700
手数料  158
合計  4,533

<支出累計>
492,034円

・・・・えーっと、まだまだ続きますwww

限りなき物欲(2) スリックマスター

昨日のブログタイトルを見てピンと来た方もいらっしゃるでしょうが、続きなのであります。
オークション見続けてるとですね、色々とムラムラきちゃったりする訳ですよ(笑

実は一脚を落札する前にゲットしちゃったのがコレです。
20070606_1
スリックマスター(たぶん初期型?)

今はIII型まで進化していて、最近の最安値は約2万円のくらいですね。・・・いやまったく参考になりませんが^^;
というわけでスペック等よくわかりません(笑)ので、実測してみました。
アルミ製3段で、パイプ径が約28mm、縮長約70cm、伸長約150cm、エレベータまで全部延ばすと約180cm、質量は脚のみで約1950g、雲台が約750gで合計2700g、という感じです。

三脚を選ぶにあたっておぢさんが考えたことは、

  • 壊れにくいこと=ある程度の太さがあること
  • 重さはこだわらない(むしろ重い方が良い)→どうせ移動は車だし
  • メーカは問わない(というか良くわからないw)
  • 素材はこだわらない(カーボンは無理!)
  • 値段は安いほど良い(できれば5千円程度)

という感じで、以上は昨日の「一脚選びの条件」からまるまるコピペだったりしますwww
一脚が欲しくてずーっとオークションで中古を探していたのですが、どうも一脚よりも三脚のタマ数が多いし、見てるうちにだんだん欲しくなってきて、つい入札をしちゃって、入札してるうちにだんだん熱くなってきてちょっと予算オーバーしちゃいました。
画像を見てわかるとおり、かなりのボロ三脚なのですが、で、実際送られてきた三脚はマジでボロかったのですが、それでもバラせるとこころを全部バラしてメンテナンスしたら見違えるように動きがスムーズになりました。

この三脚の主な使用目的は、雨のサッカー撮影です。一脚だと人間もカメラも厳重な雨対策が必要ですが、三脚使用だと雨対策もしやすいかな?さらに多少の雨なら傘をさしつつの撮影もOKかな?という考え。
三脚座付きのレンズ(EF70-200)を使うので、水平が出しにくい雲台でも無問題。というかむしろ自由雲台的に使えるからスポーツ撮影には好都合かな?と考えました。
(考えただけで、まだ実際には使ってみてない訳ですがw)

スリックマスター
本体 6,350
送料 1,370
手数料  52
合計 7,772

<支出累計>
487,501円

2007年6月 5日 (火)

限りなき物欲(1) ベルボン MUP-4G

5月半ばに一脚を破損して以来、代替の一脚を探してオークションのチェックを欠かさないおじさんですこんばんわ。

今後はちょっとやそっとじゃ壊れない一脚がいーなー・・・ おじさんの思い描く理想の一脚の条件はおおよそこんな感じ。

  • 壊れにくいこと=ある程度の太さがあること
  • 重さはこだわらない(むしろ重い方が良い)→どうせ移動は車だし
  • メーカは問わない(というか良くわからないw)
  • 素材はこだわらない(カーボンは無理?)
  • 値段は安いほど良い(できれば5千円程度)→お金使いすぎて反省してるんです。一応www

オークションで中古の一脚を見つけては5~6千円程度を上限にちまちま入札を繰り返していましたが、最近やっと落札できました。送金も済ませ、ワクテカしながら待つこと数日。早速届いた荷物の梱包を解いてみてビックリ!すっげーイカツイ一脚が姿を現しました。

20070605_1
20070605_2

ベルボン MUP-4G
パイプ径φ33 伸長約160cm 縮長約50cm 質量約900g

思いのほかゴッツイ。 これじゃ300/2.8はおろか、万が一400/2.8買っちゃったとしても、一脚だけはもう一生買い換えなくてすみそうですw

一脚本体 5,500
送料    1,260
手数料   158
合計    6,918

<支出累計>
479,729円

2007年6月 4日 (月)

コンデジ復活

部屋を掃除してたらガラクタ箱の中から懐かしいコンデジを見つけました。
たしか2000年頃に購入した、Nikon CoolPix950であります。

記憶は定かではありませんが、当時新品で8万円くらいしたと思います。コンデジといいつつもかなり大型サイズのハイエンドで、これまでおじさんが購入したデジカメの中でも最高級のものでした。クールピクス950を含めて、おじさんはこれまで7~8台のデジカメを乗り継いできましたが、今手元に残っていたのはこれだけ。愛着も思い入れも、色々と詰まった1台なのであります。
200万画素といえば今では「クスクス」ってレベルですが、当時は最新鋭の最高級品だったんですよ。

20070604_1

さっそく試しに電池を入れてみたら動いたので、今後バリバリ使い倒すべく充電式のバッテリを買ってきました。今や定番(?)のエネループです。近所の家電量販店で、充電器セットの店頭価格2,980円が会員価格2,480円でした。
時代の変化はすごいですね。単3型で2000mAhもある。このクールピクスが現役だった当時は、単三型のニッカドだと700とか1000とかだった気がします。

ブログ用のお手軽お気軽な画像は、というかEOS30Dが被写体になるような画像は、今後はクールピクスで撮影することになります。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »