« ×お花撮影 → ○虫撮影 | トップページ | 限りない物欲(4) SLIK自由雲台 »

2007年7月 1日 (日)

RAW撮り初体験;八幡平&沢内

今日もカメラ担いでお出かけしてきたおじさんですこんばんわ。
肉体派なお花撮りの達人を目指していざ山へ!・・・と言いたいところですが、写真撮影も初心者なら山登りも初心者なおじさんですので、とりあえず手頃なところで八幡平へ行ってきました。

午前6時に自宅を出て、東北道経由で八幡平へ。今日のスタート地点、お手軽登山コースの黒谷地駐車場へ到着したのが午前8時でした。

Img_0340
[イワカガミ]

Img_0395
[キヌガサソウ]

Img_0409
[ウラジロヨウラク]

Img_0317_1
[ウメバチソウ]

Img_0363_1
[ヒナザクラ]

Img_0375_1
[ハクサンチドリ]

Img_0386_1
[シラネアオイ]

以上共通 EOS30D TAMRON90mmマクロ(272E) 一部EF-S17-55/2.8IS

上記掲載のお花以外にも色々と咲いていましたし、もちろん撮影もしてきたのですけれども、花の状態があまりよろしくなかったり、写真の写りがあまりにもヒド過ぎたものに関しては今回掲載を自粛いたしました。

今までのバスケ&サッカーではJPGでしか撮ったことがなかったのですが、お花撮りでは連写の必要もメモリカードの残量を気にする必要も無いので、今日は初めてRAW撮りに挑戦してみました。
上記に掲載の画像はとりあえずJPGに変換しただけの画像ですが、少しずつRAW現像も色々と試してみたいと思います。

======
八幡平を出たのがお昼過ぎだったので、ちょっと遠回りして沢内に寄ってきました。
ハッチョウトンボの生息地で有名な某湿原。地図をたよりにやっとこさたどり付き、小一時間トンボを探したのですが1頭も見つけられません。Orz
ハッチョウトンボは体長が約2cm程度のホント小さなトンボです。素人には無理だったのか・・・。諦めかけて帰ろうと思ったところに、保護地域監視員の方がやってきてハッチョウトンボの見つけ方を伝授していただきました。
「まず、水のあるところを丹念に探しなさい」
「頭から尻尾まで真っ赤なオスが見つけやすい」

それでも見つけられずにゲンナリしていると、監視員さんとっておきの穴場まで案内してくださいました。
Img_0449
Img_0446_1

以上2枚共通 EOS30D EF70-200/2.8IS +1.4EXII

ちなみに上が雄、下が雌です。ところで1.5~2mの距離にいる体長2センチのトンボを撮るのに最適なレンズって何ですかっ!?できればトリミング無しで大写しにしたいんです。

いやー、それにしても、優しい監視員さんサマサマです!ありがとうございました。
とてもお話好きな方で、トンボ以外にもいろんなお話が聞けました。
ちょっと沢内に通い詰めてしまいそうです ^-^

« ×お花撮影 → ○虫撮影 | トップページ | 限りない物欲(4) SLIK自由雲台 »

その他の画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/15615980

この記事へのトラックバック一覧です: RAW撮り初体験;八幡平&沢内:

« ×お花撮影 → ○虫撮影 | トップページ | 限りない物欲(4) SLIK自由雲台 »