« かけもち | トップページ | 露出について考える(2) »

2007年10月18日 (木)

露出について考える(1)

自分の頭の中を整理するために、少し書いてみたいと思います。
(というか、暇だったのでちょっと書いてみました。^^; )
これはあくまでも『現時点での私の考え方』という位置づけですので、これがベストだとは言い切れませんし、もしかしたら私の勘違いが含まれている可能性もあります。
その点ご留意の上で、1つの意見として参考にしていただけたら嬉しいです。

スポーツ等のいわゆる「動きモノ」を撮る場合はシャッタースピード(SS)が大切で、SSが遅すぎると被写体がブレて写ってしまいます。手ブレはCanonが誇るISで補正できても被写体ブレは防げません。
多少の被写体ブレは画像から躍動感が感じられることもあり、私は「アリ」だと思うのですけれど、それでもブレ過ぎると何がなんだかワカンナイ写真になっちゃいます。また全体的に被写体ブレしていると、ピントが合っていてもぼやけて汚らしい画像になってしまいがちです。

それでは『スポーツ撮影に最適なSSはどのくらいなの?』ということになるのですが、私は経験的に1/500を一つの基準として考えています。
少年サッカーや中学生バスケの場合、1/500ではピタっと止まった写真にはなりません。ボールを蹴る足や、ドリブルする手、ボールそのものも多少(場合によってはかなり)ブレます。
でも、このブレが適度な躍動感を与えてくれるんじゃないかな、と私は感じています。私が許せる最低限のSSが1/500という意味です。
これよりも遅いSSだと、実際にはピントが合っていてもブレてぼやけた感じになって、汚い画になってしまいます。(1/500でも場合によっては被写体ぶれのせいで画が汚く見えてしまう場合もあります。)
基本的にSSは速ければ速いほうが良いと思います。被写体ブレの少ないシャープな画像を求めるのでしたら1/1000以上、できれば1/2000以上でシャッターを切るのがベターだと思います。

1017_01_2
EOS30D EF300/F4L IS [ ISO200 F4 1/800 ] (トリミング&リサイズ)

1/800もあれば、小学生レベルだとほとんどの場合止まって写せます。ボールは被写界深度から外れていますが、ほぼ止まっています。(微妙にピントがズレてるってか、蹴りだした左足にピンがきてるのはご愛嬌^^;)

« かけもち | トップページ | 露出について考える(2) »

サッカー」カテゴリの記事

撮影技法」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
シャッター速度に関しては、被写体の動きによります。サッカーと一口にいっても、小学生と高校生では動きもボールも、その速さはかなり違います。また、シーンによっても違います。走っているシーンでも、全力でボールを追って走っている時とドリブルしながらでは、当然被写体の動きの速さは違います。なので、どれだけのシャッター速度なら止められるかは難しいですね。
また、某掲示板でも、多少ブレている方が躍動感があるから、その方が好ましいという書き込みもよく見かけます。しかしそれは、必要な部分はしっかり止まっていて、必要なところがブレていると、躍動感が出るわけで、何でもブレていれば良いわけではありません。このあたりのことを分かっていない方が多いように思いますね。


ジュニアユースさん
コメントありがとうございます。いつもブログ拝見させていただいてます。
私が思うに、許せるブレと許せないブレがあると思います。許せるブレは、手足やボールがブレている画像。絶対に許せないブレは、顔がブレている画像です。最低でも顔は(できれば胴体も)ピタっと止めて写したいです。
バスケやサッカーでは、上半身を瞬間的に左右に振るフェイントを使うことがあります。この時SSが遅いと下半身やボールは止まっていても、顔&上半身はブレブレという最悪な画像になっちゃって泣きたくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/16800273

この記事へのトラックバック一覧です: 露出について考える(1):

« かけもち | トップページ | 露出について考える(2) »