« 露出について考える(2) | トップページ | フットサル県南二次予選 »

2007年10月18日 (木)

露出について考える(3)

ところで、SSにこだわるくせに何故シャッター優先(Tv)ではなく絞り優先(Av)で撮るの?というお話です。
例えばTvで1/500に固定した場合、絞りが開放になっても露出が足りない場合はシャッターが切れない=何も撮れない状態になってしまいます。
だったら最初から絞りは開放でOKと割り切って、少しでもSSを稼ぐため、また最悪ブレても良いからシャッターが切れないという事態だけは避けるために、Avを選択するのです。
室内競技だと同じコート内でも位置によって驚くほど明るさが異なります。学校の体育館などは照明の数も少なく疎らなので特に差が大きいです。また屋外のサッカーでも太陽の位置と被写体となる子供の向きによって適正となる露出はかなり異なってきます。
という訳で私の出した結論はマニュアル(M)でもなく、シャッター優先(Tv)でもなく、絞り優先(Av)なのです。

1017_04
EOS40D EF70-200/2.8L IS [ISO1600 F2.8 1/200](トリミング無し、リサイズ処理)
ピンは合ってると思うのですが、さすがに1/200だと全体的にブレてぼやけた画像になってしまいます。この場合はやはりISOを3200まで上げるべきだったのでしょう。
と、最後の最後で恥を忍んで失敗写真を掲載してみました。^^;
(というかもっとヒドいブレブレの画像も山ほどあるのですが、今回掲載の1枚が私の許せる許容範囲ギリギリというイメージです。)

◆◆◆ 現時点での私の結論 ◆◆◆
・絞り優先モード(Av)で撮る
   →基本は絞り開放に固定
   →屋外でズームの場合は4.0~5.8固定もあり
・SSの目安は1/500以上(できれば1/1000以上)
   →暗い場合は1/320まで我慢する
   →最速のSSでも明るすぎる場合は絞る
・ISO400までは常用域と考える&1250までは悩まず上げる
   →1600は少し悩んでから使う
   →3200はすごく悩んでから使う 

※ 注意 ※
ところで私は、今のところ測光モードは「評価測光」が基本です。逆光の時(屋外)や床の照り返しが厳しい時(屋内)はサブダイヤルをチキチキ回してプラス補正しています。
しかし測光モードについてはこれ以外まだ全然試していなくて、どの様にするのがベストなのか自分でも結論が出せる状況にありません。
という訳で、測光モードに関しては今回の考察では触れませんでした。

« 露出について考える(2) | トップページ | フットサル県南二次予選 »

サッカー」カテゴリの記事

撮影技法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/16801327

この記事へのトラックバック一覧です: 露出について考える(3):

« 露出について考える(2) | トップページ | フットサル県南二次予選 »