« 私がバッテリグリップを付けない理由 | トップページ | イルミネーション撮りに挑戦 »

2007年12月11日 (火)

EOS30D & EF24-105F4LIS 修理を決意

先日のブログで報告したとおり、EF24-105/F4LIS USMにちょっと大き目の後ピン傾向が見つかりました。
仕事帰りにちょっと顔馴染みのカメラ屋さんに行って相談した結果、このレンズとついでにEOS30Dもメーカに送って見てもらう事を決意しました。

EF24-105/F4LIS USM は後ピンの調整。EOS30Dについては、とりあえず保証期間内に各部チェックとローパスフィルタの清掃をやってもらおう、という作戦です。
修理を依頼するにあたって、再度蛍光灯の光でピントのチェックを行い、先日の太陽光のテスト内容と合わせて画像を添付することにしました。

1211_01

あとは保証書をつけて、明日カメラ店に持ち込む予定です。
(中古で買った24-105の保証書には購入日の記載が無いんだよなぁ・・・いいのかなぁ・・・)

とりあえず次回のフットサル撮影は1月中旬ですので、いくら1D3のリコールで混み合ってるとはいえ1ヶ月もあれば間に合うでしょう?
修理の期間中はちょっと寂しくなりますが、手元には40Dが残りますので大丈夫、我慢できます。つくづく、買い替えではなく買い増しにしといて良かったなぁ、と感じているところです。

« 私がバッテリグリップを付けない理由 | トップページ | イルミネーション撮りに挑戦 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。修理と聞いてビックリしましたが、ピント調整ですね。
30Dと24-105のみを送られたみたいですが、他のレンズ、他のボディとの組み合わせでどうか、ちょっと不安ではありませんか?

ジュニアユースさんこんにちわ。
ピント調整のことは、普通は修理って言わないのかな^^;
他のレンズに関しては、先日のチェックで総じて後ピン傾向(1~数ミリ)でしたのが、まぁ私の使い方なら許容範囲かな?と。
また他のボディ(40D)に関しては、30Dと同程度のズレだったので、とりあえず今回は30Dと24-105を調整してみて様子見という感じです。
今後順番に全てのレンズを調整に出していく、という流れになるかもしれません。

こんにちは。
ご存知かもしれませんが・・・
キヤノンでは、ボディ・レンズ両方でピント調整が可能です。メーカーに送ると、まずメーカー基準レンズでボディを調整し、その後そのボディに合わせて、送ったレンズを調整します。ボディを調整してしまうと、送らなかった他のレンズに影響が出るのでは、というのが私の趣旨でした。
それとこれも余分なことかもしれませんが、メジャーを床に置いて斜め上方から撮ると、たいてい後ピンになると思います。
詳しくは私のブログに書きましたので、よかったらどうぞ。

ジュニアユースさんこんにちわ。
ありがとうございます。調整の件は、そういった意味も含めての「様子見」でした。
また斜めから撮ると精度が出ない件は、実は全く知りませんでした(ジュニアユースさんのブログも拝見しました)。ピンズレの件に関しては今週末に再検証すべく色々と準備中だったりします。
いやぁしかし、奥が深い世界ですねぇ。^^;

はじめまして、スポーツ撮影の良き参考として
ブログのほう拝見させて頂いております。

30Dの後ピンですが、照明によってピントずれが出ると
どこかのHPやらブログやらで見かけた記憶があります。
蛍光灯照明だと顕著に症状が出たような…

再検証楽しみにしております。

toshiさんこんにちわ。
私のつたないブログを参考にして下さってる方がいらっしゃるかと思うと、ちょっとウレシ恥ずかしって感じです ^^; ありがとうございます。

30Dの後ピン問題は、本日アップした記事で紹介の「にけさんブログ」が詳しいようです。
私も今から熟読するつもりです。
AFの再検証は明日以降に実施の予定ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17342268

この記事へのトラックバック一覧です: EOS30D & EF24-105F4LIS 修理を決意:

« 私がバッテリグリップを付けない理由 | トップページ | イルミネーション撮りに挑戦 »