« GKをカッコよく撮りたい(少年サッカー編) | トップページ | EOS30Dと40Dの比較<露出について> »

2007年12月 4日 (火)

GKをカッコよく撮りたい(Fリーグ編)

今回2回に渡ってブログでGKの撮影について触れたのは、実は撮りたい被写体があったからです。私が追いかけているFリーグ参加チーム ステラミーゴいわて花巻 の#20 スーパーゴレイロ 内山慶太郎選手です。日本最高峰のフットサルリーグは、当然のことながら少年サッカーとは全く異次元の難しさがあります。しかしGKを撮るにあたっての心構えは一緒。GK(フットサル的に言えばゴレイロ)は、意識的に撮ろうという心構えで、冷静に狙わなければ決して撮れない被写体だと思うのです。

昨日の試合では、意識的にGKを狙って自チームのゴール脇で粘ってみました。このアリーナではカメラマン席はゴールの両脇に限定されていますので、タッチラインからは狙うことができません。フットサルの場合はピッチの長辺は40m。反対側のエンドからGKを狙って狙えない距離ではないのですが、私の手持ちのレンズ(300/F4)だと暗くてSSが稼げないため、あまり現実的ではありません。

1203_11
逆エンドから200mmで狙うとこんな感じです。画角的には多少不満が残るもののトリミングで何とかなるサイズ? しかし何と言ってもレンズと被写体の間に他の選手が入ってきて、まともに撮れないことの方が多いのです。

※肖像権の問題があり、無粋な文字が中央に大きく入っています。この文字をきちんと画面の隅に入れた画像は、順次「ステラミーゴいわて花巻を応援するアマチュアカメラマンのブログ」に掲載していきます。

という訳で必然的に被写体GKの後ろ側に陣取り、横から飛んでくるシュートを防ぐ瞬間を狙うことになります。

1203_12
1203_13
とりあえずボールの絡まないシーンは何とか普通に撮れます。

シャッターチャンス=自チームのピンチは何度かあったのですけれど、それでもなかなか簡単にボールの絡むカットは撮らせてもらえません。もちろん私のウデが悪いのもあるのですが、カメラを構えている反対側のサイドでボールが展開していると必然的にGKの背中しか撮れません(プレイ中の撮影場所移動はできません)。
私の構えているサイドでボールが展開しているとしても、この時ファインダーから見えているのはGKの姿だけ(ファインダーでボールを追うのではなく、GKにピントを合わせ続けてチャンスがあればシャッターを切るスタイルの撮り方をしていたため)。
その時点でボールがどこにあるのかはGkの動きと目線と、周囲の選手たちの声とか雰囲気と、あとはボールを蹴る音でしか判断できません。
「シュートがくる!」と思った瞬間に連写を始めるのですが、ボールに反応したGKがどちらに飛ぶのかも解らないし、もう全く散々な結果でありました。

(12/5追記)
今回私はほとんどゴールの左サイドからばかりGKを写していますが、これには理由があります。
私の場合利目の右目でファインダーを覗き、空いた左目で漠然とボールの行方を追います。ゴールの右サイドでカメラを構えると左目で見えるのはゴール裏の何も無い場所だけになっちゃいます。というわけで、GKを狙う場合はゴールの左サイドのほうがゲームの流れを追いやすいと考えた結果だったりします。

1203_14
正面からのシュートに対応しているシーンも背中しか写りません・・・

1203_15
何とかGKの表情とボールが入っているカットも1枚だけ撮れましたが、どうにも微妙に何となくいまいちカッコよくありません。

・・・いやぁ、修行あるのみです。

画像提供:イーハトーブ スポーツ フォト クラブ

全画像共通
EOS40D EF70-200/2.8LIS ISO1600 Av.2.8オート 評価測光 AWB AIサーボ PSスタンダード

« GKをカッコよく撮りたい(少年サッカー編) | トップページ | EOS30Dと40Dの比較<露出について> »

ステラミーゴいわて花巻」カテゴリの記事

撮影技法」カテゴリの記事

コメント

やはりこんなときはサンニッパやヨンニッパの出番なんでしょうか・・・・。F4では暗すぎますか・・・・。
やはり屋内スポーツの場合はF2.8が必要と言うことですね。昔ニーイッパってのもありましたっけ。

ゼクさんこんにちわ。
フットサルの場合はコートの長辺が40mなので、ヨンニッパは長すぎるんじゃないかな?と思います。実際に見かけるレンズも最長でサンニッパまでですね(Canon以外のレンズは見てもよく解んないんですけれど)。あとは圧倒的に70-200/2.8が多いようです。
ニーイッパを使ってるプロらしき方も見かけました。ボディは当然のように1D系でしたが、このレンズでしか撮れない画像というのも確かに存在するんでしょうね。
なんだかEFニーニーの試作品(?)も発表されたようですが、とりあえず私には手が届きません^^;

今回はニーニーとハチゴーロク?が開発されているようです。おそらく新型のISを積んでくるでしょう。
となると328、428,54,64もそろそろモデルチェンジなんでしょうか!
しかしf2.8より明るい望遠ってないですもんね・・。
ニーニーはいくらなんでしょうかね・・・・

ゼクさんこんにちわ。
ハチゴーロクはとんでもない値段になりそうですが、ニーニーはいくらなんでしょうね。サンニッパと同じかちょっと低めの価格設定が妥当な線かな?とは思いますが、いずれにせよ私にとって高嶺の花であることに変わりはありません^^;
現行IS付きの超望遠シリーズもモデルチェンジするのでしょうか。超望遠系のレンズはNikonがズラリと新型を出してきましたし、来年はオリンピックイヤーだし・・・まぁいずれにせよ私には買えないんですけれど。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17265976

この記事へのトラックバック一覧です: GKをカッコよく撮りたい(Fリーグ編):

« GKをカッコよく撮りたい(少年サッカー編) | トップページ | EOS30Dと40Dの比較<露出について> »