« フォーカスチェックの準備 | トップページ | ハンドストラップを付けてみました »

2007年12月15日 (土)

懐かしいデジカメを見つけた!

家のジャンク箱を漁ってたらなんとCASIO QV-10を見つけました。
ジャンク箱には使わなくなったPC周辺機器とかパーツとかケーブル類が入っているのですが、今日ちょっと色々探し物があって漁ってたらたまたま見つけたもの。QV-10もまだ捨てられずに残ってたんだなぁ。これは私の歴史の中で初代のデジカメになります。懐かしいなぁ。

【我が家のコンパクトデジカメ勢ぞろい】
1215_01
EOS40D EF-S17-55/2.8IS(詳細の撮影条件はEXIFをご参照ください)

真ん中がなつかしのQV-10。
10年以上前に4万円程度で購入した記憶があります。もっとだったかな?手に持ってみると笑っちゃうくらい軽くてまるでオモチャみたいです(笑
これはカメラというよりもパソコンの周辺機器みたいな位置づけだったような気がします。25万画素の独自フォーマットで、内蔵メモリに100枚くらいの画像を保存。画像データはパソコンにシリアルケーブルで接続して30分くらいかかって転送してたような記憶があります。
今となっては笑っちゃうスペックですが、それでも当時は画期的で、テキストだらけのwebサイトに自分で撮った画像を気軽に貼り付けられるってゆーんですごく楽しかった思い出があります。

ちなみに左側は以前にも紹介したCOOLPIX950。
右側は子供用に3~4年?くらい前に3万円前後で購入したCOOLPIX2100です。ちなみにこちらはまだまだ現役。子供たちが気軽にスナップとか撮ってるみたい。使い捨てカメラ使わせるよりも安くて手軽で便利なので、お父さんのお財布にも優しい(笑 
200万画素のカメラですが、せいぜい2L版までの印刷で精一杯かな?

« フォーカスチェックの準備 | トップページ | ハンドストラップを付けてみました »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

QV-10とはまた懐かしいです。いわゆる元祖デジカメっていうやつですね。私は以前仕事の関係で、AppleのQuickTake100(中身はコダック製)というデジカメ?を使ったことがあります。液晶モニターは付いてないは、外部メモリーはないわで、今のデジカメからはほど遠い代物でしたよ。データのやり取りはシリアルポート(RS-232C)でしたしね(笑)。

BigDipperさんこんにちわ。
いつもお世話になっております。
QV-10懐かしいでしょう。私もまだ家にあったなんて信じられないくらい。物持ちのよいおじさんで困ったもんだと思います。まだ他にも出てくるかもしれません^^;
QuickTake100って、けっこうでかくて双眼鏡みたく構えるカメラでしたっけ?なんとなく記憶にあります。(秋葉原でのオフ会で誰かが持ってきてたような・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17372227

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいデジカメを見つけた!:

« フォーカスチェックの準備 | トップページ | ハンドストラップを付けてみました »