« 野鳥三昧の1日(6)アオサギ、コサギ | トップページ | 久々のサッカー撮影 »

2008年1月19日 (土)

野鳥三昧の1日(7)ノスリ?、カワアイサ?

第7弾まできてしまった本日の野鳥三昧日記ですが、これで最終です。
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございます。&お疲れ様でした。
最近あまりにも鳥撮りの話題が多くなってきたので「その他の画像」から独立して「野鳥」のカテゴリを新設しました。過去の記事も順次修正していきますので、よろしかったらご参照くださいませ。

======
さて、川沿いを移動していると、対岸の樹上にタカ科の鳥が留まっているのを見つけました。
300×1.4では全然足りないのですが、無理にトリミングしてみました。画像が悪くてごめんなさいです。
Nosuri01
こんなに細い枝の上によく器用に止まるもんだ ^^;と思いました。
この画像は車の窓から撮ったのですが、どうしてももっと近寄りたい衝動を抑えることができず、そーっと車のドアを開け、ゆっくりじっくり5歩ほど進んだところで・・・
Nosuri02
逃げられちゃいました。;_; 残念。
はっきり写っていないのでよくわからないのですが、これはトビじゃないですよね?
図鑑をじっくり見てみた結果『ノスリ』かなぁ?と思うのですがどうでしょう。

さて気を取り直して更に移動を続けます。
川の中州に黒っぽいカモを発見。これも遠かったので大幅にトリミングしてみました。
Kawaaisa01

Kawaaisa02

これは色あいからして『カワアイサ』で間違いないと思います。

以上4枚 EOS40D+EF300F4LIS+EF1.4xII

それにしても、今日は天気も良かったし色んな鳥にも出会えたし、とても充実した1日でした。楽しかった~!

« 野鳥三昧の1日(6)アオサギ、コサギ | トップページ | 久々のサッカー撮影 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

野鳥の特集 すべて拝見しておりました。
天気に恵まれてよかったですね。
私も300以上の望遠がほしいと思っております。
とても参考になりました。
でも まだまだ 腕が未熟なので とうぶんは 現在の200までのレンズで練習いたします。
これからも いろんなお写真期待しております!

te260uさんこんにちわ。
野鳥もスポーツもそうなのですが、短いレンズで小さい被写体を狙うよりも、長いレンズでファインダーに大きく被写体を捕らえるほうが撮影がイージーだったりする場合もあります。
(被写体の動きが早くてしかも変則的だったりするとその限りでは無いのですが・・・)
なので「初心者だから200mmで練習する」というのは誤った考え方なんじゃないかな?と私は思います。同じ練習するにしても、お財布の許す限り長いレンズ、というか「適正な焦点距離のレンズ」を使って撮影されることをお勧めします。
私が初めて300×1.4テレコンで飛び物を撮ったのが昨年の夏です。それから半年経ってこの焦点距離では数えるほどしか撮影していませんが、それでも撮影を重ねるたびにウデが上がってるというか最低でもピントの歩留まりは上がっていますしフレーミングの失敗も格段に減っています。

上の写真はノスリで間違い無いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17755491

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥三昧の1日(7)ノスリ?、カワアイサ?:

« 野鳥三昧の1日(6)アオサギ、コサギ | トップページ | 久々のサッカー撮影 »