« O堤の白鳥三種 | トップページ | EOS30Dと40Dの比較(2)連写 »

2008年1月27日 (日)

EOS30Dと40Dの比較(1)AF

私が撮影機材に関する情報を得たり時々書き込みをしたりしてお世話になっている某掲示板を見ていると、よく30Dと40Dの比較が話題に出てきます。
両方の機種を所有し現に撮影に用いている者の1人として、その違いを分かる範囲でインプレッションしてみたいと思います。
まず最初にAFについて。

AFポイントの数(9点)とその配列は、30Dも40Dも全く同じです。
しかしAFセンサーに関して言うと30Dから40Dへ大きく進化しています。カタログスペックを比較してみます。

【30D】
中央:F2.8対応横センサー+F5.6対応縦横クロスセンサー
他8点:縦横検出F5.6センサー
【40D】
中央:F2.8光束対応クロスセンサー+大デフォーカス対応センサー+F5.6クロスセンサー
他8点:F5.6対応クロスセンサー

という感じになっています。

「難しいことはワカンネけど、実際に使ってみるとどうなのよ?」
ゴモットモな質問だと思います(笑
私の主な使い方である、動体を狙って「中央一点・AIサーボ」に設定した場合だと、AF速度とか精度に関して言えば「大きな違いは感じられない」というのが正直なところです。
私が室内スポーツ撮りでメインに使っているEF70-200F2.8LISだと、中央1点のAIサーボではほとんどその違いが体感できないと思います。(もちろん私が気付かないうちに進化した40Dの恩恵に与っている場合もあるのでしょうけれど・・・)

では、F2.8よりも開放値の暗いレンズを使った場合はどうなの?ということになるのですけれど、この場合でも、中央1点でAFする場合だと「若干40Dの方が上かな?」と感じられる程度だと思います。
ボディの違いよりも、レンズによるAF速度&精度の違いのほうがハッキリ体感できると思います。

だったら40Dになっても実用上でAFは全く進化していないのか?と聞かれれば、実はそうではありません。
まず大きく違っているのは、中央以外のAFポイントを使う場合です。
例えば縦位置でも横位置でも、選手の顔にAFポイントを持っていくような場合は中央より上のAFポイントを使いたい場面が出てきます。また、鳥を撮る場合も、中央以外のAFポイントを使いたい場面が多々あると思います。そういった場面では、30Dと比較して40Dの方が格段にAFが早くて正確です。30DでAFが迷ったり遅かったりするような場面でも、40Dだと「スッ」と一瞬でピントを合わせてくれます。
また、暗い場面で暗いレンズを使いたいとき、例えば夕暮れ時にEF300F4LIS+EF1.4xII(開放F値はF5.6)で鳥を狙いたいときなど、撮影する条件が厳しくなればなるほど、40Dの有利さが光ってくると感じています。

Asi
EOS40D EF70-200F2.8LIS
(ISO1600;JPEG;手持ち撮影 シューズの「6」に中央AFポイント リサイズ&画像加工済み→この条件だと30Dでも40Dでも大差ありません。)

・・・実は、このような違いを私が明確に感じられるようになってきたのは、ほんとはつい最近だったりします。
以前の私は「AFは中央1点」だけしか使っていなかった(撮影中にAFポイントを動かす余裕が無かった)という事もあります。また、体育館でのスポーツ撮り=70-200/2.8一本やり、サッカー撮り=レンズは色々使うけど光量が足りない場面で撮影する事がほとんど無かった、ということもあります。

スポーツ撮影中にも場面に応じてAFポイントを選択する心の余裕が出てくるようになり、また鳥撮りを始めて色んな場面:夜明け前とか夕暮れ時の光量が十分でない場面での撮影をするようになって初めて、40Dの進化を実感できた、といった感じでしょうか。

« O堤の白鳥三種 | トップページ | EOS30Dと40Dの比較(2)連写 »

ステラミーゴいわて花巻」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
なるほど~。「中央一点ではあまり変化は無いけど、周辺ポイントでは向上している」ということですね^^
私もスポーツ撮りの場合はほとんど中央一点です。
そんなこともあって、40Dの購入は見送りました^^;
もう少し30Dで頑張ってみますヽ(´ー`)ノ

いろんな経験(撮影)を踏むことによりスキルも上がっていく・・・
機材の進化を感じられるのも自分が進化したからでしょう。
今後の活躍、ますます期待しますよ!

PONさんこんにちわ。
そうですね、中央一点でF2.8のレンズを使っている分には大きな違いは感じられないと思いますよ。
ただしそれでも、光が極端に少ない場面とか厳しい条件になってくると40Dの優位がだんだん分かってくるかな?
現状で30Dに不満が無いのであれば、とことん30Dを使い倒す!という考え方は「アリ」だと思います。

motoさんこんにちわ。
うん確かに、色んな被写体を狙ってあれこれ試行錯誤してみるという事は、自分のスキルアップにも繋がっていると思います。本やネット上で勉強しただけではいまいちピンとこないような事も、実体験を通じて自分の肥やしになっているかな?と。
それも、フィルム代&現像代を気にしないでジャンジャン撮れるデジイチあってこそ!かな?^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17860896

この記事へのトラックバック一覧です: EOS30Dと40Dの比較(1)AF:

« O堤の白鳥三種 | トップページ | EOS30Dと40Dの比較(2)連写 »