« 新年初撮影【白鳥】 | トップページ | 野鳥図鑑を買いました »

2008年1月 5日 (土)

白鳥撮影地の紹介

ここのところ私がすっかり心を奪われてしまっている白鳥さんなのですが、その撮影地に付いて軽く紹介してみたいと思います。

場所は岩手県中央部に位置する某市の「O堤公園(仮名)」です。白鳥飛来地として有名なところですでズバリ名前を出しちゃっても良いのですが、とりあえず現時点では仮名にさせていただきます。
このO堤には2つの大きな池があって、1つの池にはぐるりと遊歩道が整備されています。こちらは駐車場からちょっと距離がありますが、護岸されていない水辺まで近寄って白鳥と戯れることができます。
0105_01
こちらの池では、飛び物を狙うのが楽しいです。
白鳥の離陸コースはある程度決まっていて、南側から滑走し北側に向かって飛び立った白鳥が、池の上を1周してから東南の方向に飛び立っていくパターンがほとんどです。

もう一方の池は、駐車場がすぐそばにあるものの、池の東側、北側以外には足を踏み入れにくく、午前中の早い時間帯意外はほとんど逆光での撮影となります。白い羽を光が透過するとすごく綺麗な画が撮れたりもするのですが、水面に反射する光のせいもあって露出がなかなか面倒です。というか全然上手く撮れた試しがありません^^;
0105_02
(東岸から池に向かうと遠くにGETOのゲレンデが見えます。)
こちらの池での離陸パターンは東→西に滑走し、林の切れ目に向かってそのまま真っ直ぐ飛び立ってしまうので、離陸シーンを撮るのはちょっと面倒です。
白鳥の着水シーンに関してはパターンがあまり決まっていなくて、どちらの池で狙っても正直「出たトコ勝負」みたいな感じです。

ちなみに、2つめの池には鳶がたくさん居付いておりまして、南岸の樹上で待機している鳶が時折白鳥&鴨のいる北岸まで飛んできてはちょっかいを出していきます。
0105_03
(今日は鳶の数がやたら多かったです)
めったに飛ばない白鳥を待つ間に、鳶の飛行シーンを狙って「飛び物撮影」の練習ができます。というか良い暇つぶしになります^^;
0105_04
頭のすぐ上を旋回してくれたりするので、初心者のおじさんでも撮りやすいです。大きさも白鳥とにたようなものですし、ほんと良い練習になると思います。

といった感じで、本日4時間ほど撮影してきた成果をアップさせていただきます。
0105_05
0105_06
0105_07
0105_08
本日の撮影機材 EOS30D 40D EF300/F4LIS EF24-105/F4LIS EF1.4xII
(詳細の撮影データはEXIFをご参照ください)

夕方自宅に帰りついたら、雲の切れ間から陽光が差して早池峰がきれいに見えました。メモリが余ってたしレンズも付けっぱなしだったのでとりあえず1枚。
風景写真は全然自信がないので今まであまりアップしたことがなかったのですが、とりあえずこれが私にとっての「故郷の山」です。ということで紹介させていただきます。
Img_6419
EOS40D EF300/F4LIS

« 新年初撮影【白鳥】 | トップページ | 野鳥図鑑を買いました »

その他の画像」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

山頂が仄かに照らされていい感じですな~
自宅から望遠でこれだけ撮れれば
もっと色が付くタイミングを狙えそうな気がします。

motoさんこんにちわ。
自宅の窓から毎日毎朝早池峰を眺めています。でも、山頂までくっきりハッキリ見えるのは、ほんと月に数回程度。雲が邪魔してなかなかその姿を見せてくれないんですよねー。
で、自宅の窓からだと電線が邪魔なので、この画像は自宅の近所の高台から撮りました。

盛岡に住んでいた時代は、便所の窓からいつも岩手山が大きく見えて感動的だったなぁ^^;

はじめまして。

地元の知り合いの方に、白鳥のでる湖があることで、今日の早朝に行きました。

白鳥の撮影は初めてなもので、明日もリベンジする予定でいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17592634

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥撮影地の紹介:

« 新年初撮影【白鳥】 | トップページ | 野鳥図鑑を買いました »