« EOS30Dと40Dの比較(2)連写 | トップページ | バードウォッチャー入門 »

2008年1月31日 (木)

カワセミ萌え

本日所用があって午前中半休。しかしその用件が予想外に早く終わったため、カメラを持って河原を散策してきました。とは言ってもスーツ姿ですし車に乗ったまま川沿いの道をぐるーっと一回りしただけなんですけれど。^^;
運転席の窓を全開にして、川沿いの道をアクセルを全く踏まずにゆっくりゆっくり、川面を観察しながら進みます。オナガガモ、カルガモ、マガモ・・・うーん、いつもの常連さんしかいないなぁ・・・と、そのとき、「ツピーーーーーーッ」と声が聞こえたかと思うと、鮮やかなブルーに輝く小さな物体が車を追い越していき、10mほど離れた消波ブロックの上に止まりました。

『えっ!?もしかしてこれってカワセミ!!??』

実を言うと、本物のカワセミをリアルに目にするのは生まれて初めてです。あまり綺麗とはいえない近所のこんな川にカワセミが居るなんて予想すらしていなかったので、一瞬戸惑います。
憧れのカワセミにこんな所でこんな時に会えるなんて!
助手席に置いてあったカメラをあわてて手にします。震える手で1.4テレコンと300mmを装着し、そーっとそーっと窓から身を乗り出して撮影。

Kawasemi01

しかし瞬時に逃げられちゃいます。「つぴーーーーーっ」

Kawasemi02

今度は更に5mほど離れた所にある枝に止まります。
遠すぎて撮影できません。慎重に慎重に、ゆっくりゆっくり車を前に進めます。

Kawasemi03

い、いかん、手が震える!!
カメラを持ち直し、静かに深呼吸しつつ息を止め、シャッターを切る。と、その瞬間再び飛び去ってしまうカワセミ君。・・・残念。もう行き先は見えません。
本日3カットだけのカワセミとの初遭遇。その鮮やかな背中の青におじさんはすっかり心を奪われちゃいましたよ!
・・・しかし、このピンボケ具合から、いかに私が取り乱していたかご理解いただけるかと思います。いやーまいった。^^;

以上3枚共通
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII(手持ち RAW DPP 若干トリミング)

また、本日撮影に成功したその他の「初めまして」の鳥たち。
Kogamo
コガモ

Segurosekirei
セグロセキレイ

Uguisu
ウグイス科の小鳥だと思いますが詳細はわかりません。
【2/5付記】
ブログ読者の方から「イソシギではないか」とのコメントをいただきました。確かに特徴はイソシギと一致しています。図鑑には「中部地方以北では夏鳥」との記載があったので私は完全に除外して考えていました。^^;
ご指摘ありがとうございました。

« EOS30Dと40Dの比較(2)連写 | トップページ | バードウォッチャー入門 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

うわ~~、先を越されてしまった!!
ぼくもカワセミを探しながら大阪の都市公園をいくつ彷徨い歩いたことか。歩いた距離推定20キロ、未だに肉眼で見ておりません。非常に羨ましいです!
しかもその背中の光り輝く青い羽毛はカワセミのそれに間違いないです!僕としては手振れしてないのが凄い思いました。僕ならブレブレのピンボケになってますから!

ゼクさんこんにちわ。
カワセミとの初対面は狙っていたものではなく、ホントたまたまです。お先に失礼させていただいちゃいました。^^;
ブレが無いのはISの効果と、あとは車の窓枠に上半身を密着しているおかげだと思います。
ファインダーで見ているとAFポイントの [] の部分と同じ程度の小さい被写体ですので、震える手で真中に持ってくるのが精一杯で、とりあえず振るえが止まった瞬間にシャッターを切る!というなんとも情けない撮り方だったのでした。

まだデジ1が皆さんの手にはいるような代物じゃなかった頃に
白鳥専門の方からカワセミ撮ったときの話を聞きましたが
500ミリに2xテレコン噛ませて、それでも小さいのでトリミング・・・
それだけ警戒心が強いということなんですが
人慣れしている鳥じゃなければ、レンズを向けると
さっと飛び去ってしまうことが多いように思います。
カワセミは縄張りというかルートがあるらしいので
それが分かれば張り込みで撮れるチャンスができるのでは?
釣りに行くとしょっちゅう見かけるんですけどね(^^;

最後のカット、くちばしが長めなのでシギの類かな?と思いましたが
鳥に詳しいわけではありませんので・・・(苦笑)

はじめまして。
私も先日生まれて初めてカワセミに出会い、興奮して手を震わせながら写真に収めました。(笑)
あまりにタイムリーだったので、思わず書き込みさせていただきました。
また当方も30Dと40D(借り物)を使ってそのAFや連写性能等について考えていたので、下の記事もとても勉強になりました。
今後も鳥撮りの記事と共に、30Dと40Dの比較記事の展開を楽しみにしています。

motoさんこんにちわ。
そうかー釣りに行けばカワセミ見かけるんですね。自分は釣りといえば海ばっかで渓流は行かないので知らなかったです。^^;

りんごろうさんこんにちわ。
カワセミの背中のブルーは、間違いなく人を惹きつける何かがありますよね。私も一撃でヤラレちゃいました。^^;
30Dと40Dの比較は、あと何点かネタを思いついてはいるのですが、なかなかきちんとまとめて書く暇が無くって、ちょっと中断中という感じになっちゃってました。
そのうちに続きを書きますので、もう少々お待ちください。

最後のカットですが、恐らくイソシギだと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/17903835

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ萌え:

« EOS30Dと40Dの比較(2)連写 | トップページ | バードウォッチャー入門 »