« 先週末の野鳥画像 | トップページ | ムクドリ・コガモ・白鳥 »

2008年2月23日 (土)

コクチョウ

今日、ちょっと変わった鳥に出会いました。

Kuro01
一番手前の黒い鳥。これはコクチョウです。
本来日本には生息しない(渡っても来ない)種類で、飼われていたものが逃げ出したいわゆる「籠脱け鳥」と呼ばれるものなのですが、新たなカテゴリを作るまでもないのでとりあえず「野鳥」ということで。^^;

Kuro02
Kuro03
Kuro04

かなり近くまで寄っても逃げようともしない、かなり人間に慣れた固体のようでした。
大きさはコハクチョウと同じ程度で、羽根は黒褐色で白鳥と比較するとかなり粗い感じ。真っ赤なクチバシの白ラインがワンポイントとなっておしゃれな色使いですね(笑

コクチョウについて私の持っている図鑑には掲載されておらず、ネットで色々と調べてみました。本来はオーストラリアに生息する留鳥で、日本国内では動物園等で多数飼育されているとのこと。また野生での目撃情報も多数あるが、なんとなく東北地方に偏っているような気がします。どこかで繁殖しているんじゃないのかなぁ?と、根拠はありませんが漠然と感じました。
実は今日は岩手県内陸部に飛来しているという「ナキハクチョウ」を探して色々と白鳥飛来地を見て回ってきました。お目当てのナキハクチョウには出会えなくてガッカリだったのですが、コクチョウの写真が撮れたので少し気が紛れました。^^;

以上4枚共通
EOS40D EF70-200F2.8LIS 手持ち RAW DPP
(詳細の撮影データはEXIFをご参照ください)

« 先週末の野鳥画像 | トップページ | ムクドリ・コガモ・白鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

これは珍しいですね!初めて見ました。
しかしたくさんの白の中にある1つの黒って逆に
美しいですね。なかなか出逢えそうにない鳥でしょうね!うらやまし~~

ゼクさんこんにちわ。
コクチョウは私も生まれて初めて見ました。最初、遠目で見て白鳥の群の中に1羽だけ真っ黒な鳥がいて、なんかものすごく違和感というか不思議な光景でした。
逃げられないように遠くから何カットも撮影しつつ恐る恐る近寄っていって、最終的には1mくらいまで近寄っても逃げないし、嬉しい反面なんとなく拍子抜けしちゃいました。^^;
同じエリアで出会った白鳥に餌をあげているオジサンに聞いたところ、この辺には数年に1羽程度は姿を見せるんだそうです。
同じ白鳥の一種のナキハクチョウは、その飛来を新聞にも報じられたりしているのですが、コクチョウに関しては野鳥(迷鳥)ではなく籠脱け鳥ということで、マスコミにも取り上げられないみたい?

はじめまして、時々訪問させてもらっています。このコクチョウ珍しいですね、ビックリしました。いろんな野鳥の写真も巧く撮れていますね。私は琵琶湖に飛来するコハクチョウの飛来撮影を楽しんでいます。こちらはそろそろ北帰行の時期でしょうか、、、

のんさんこんにちわ。
いつも私のブログをご覧いただきありがとうございます。シロウトが四苦八苦している様子を包み隠さず書いていますので、笑えるところもあるんじゃないかな?と思います。^^;
そうか白鳥はもうすぐ北に帰っちゃうんですよね。白鳥がきっかけで野鳥撮影を始めた私ですが、最近は小鳥にばかり目が行って白鳥はほとんど撮ってなかったです。もう一度原点に戻って白鳥の飛翔シーンを撮り貯めておこうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/40232999

この記事へのトラックバック一覧です: コクチョウ:

« 先週末の野鳥画像 | トップページ | ムクドリ・コガモ・白鳥 »