« 2台で撮影した画像ファイルの管理:後始末編・1 | トップページ | 白鳥を名残り惜しむ »

2008年3月 7日 (金)

2台で撮影した画像ファイルの管理:後始末編・2

前回は1日に撮影した全ての画像ファイルについて、撮影時刻順に並べ替えて連番のファイル名に変更する方法を紹介しました。これは時系列にきちんと沿って整列してくれるので便利なのですが、慣れてくるともう一工夫したくなってきます。例えば1日のうちで何試合も撮影した場合、ファイル名を見ただけでそれが何試合目の画像なのかが分れば便利なんじゃないかな?と感じたりもするわけです。
そこで今回は、一歩進んだファイル名の付け方いついて紹介したいと思います。

【5】ファイル名を一工夫する
試合毎にファイル名を区切って連番を付けたファイル名に変更するのには、これもDPPの「リネームツール」を使用します。リネームツールでは、ファイル名に3種類の変数を定義することが可能となっていますので、これを活用するわけです。

私の場合は、ファイル名を変更するときに
 変数①撮影年月日
 変数②任意の文字列
 変数③連番
という形にしています。ここで②任意の文字列の部分を変更することによって、色々と分類することが可能になってくる訳です。
例えば、開会式「opn」1試合目「game1」2試合目「game2」・・・など、活用方法は色々とあると思います。

とりあえずこの例に沿って、ファイル名の変更の手順を説明します。
1)前回【4】で説明した方法で全ての画像ファイルを連番形式に変更し、一旦リネームツールを閉じます。
2)開会式の画像を選択する(shift+マウス左クリック等)
3)選択し終えたらリネームツールを開く
4)「ファイル名」部分を「撮影日時」「文字列=opn」「連番」と設定
5)連番は「001」撮影日時は「年月日」「YY.MM.DD」と設定
6)以上が確認できたら「実行」をクリック

これで、とりあえず開会式の画像が独立した連番のファイル名となりました。
続いて同様に1試合目「game1」2試合目「game2」・・・と変更していきます。ちょっと(かなり)手間はかかりますけれど、これでいつの何試合目なのかがファイル名だけで簡単に判別可能な形となります。

この作業で試合の区切れを判別するのは人間の手作業になります。この作業を分りやすくするために、撮影時にちょっとした工夫をしておくことも大事だったりします。
例えば試合開始前に時計とか対戦チーム名を撮影しておくとか、また試合の要所要所でスコアボード(得点板)を撮っておくこと等です。バスケの場合はどんな小さな練習試合でも、今は秒単位で表示できるタイマーを必ず使います。フットサルの場合もほぼ同様。ただし、少年サッカーだと「得点板」さえ使用しない場合もありますのでちょっと困りもの。^^;
そういった場合は、最終スコアだけでも手帳にペンで「○○チーム1-0△△チーム 」等と書いて撮っておけば、試合の区切れ目も分かりますしあとで結果が分らなくなって困ることもありません。

以上、スポーツ撮影の場合を説明しましたが、私の場合は野鳥撮りで1日に何箇所かのフィールドを移動して撮影したような場合も、これを応用して分類することが可能です。任意の文字列の部分に地名を簡略化して、例えば花巻「hnk」北上「ktk」盛岡「mrk」等と設定することもできるわけです。
もちろん、任意の文字列の部分に日本語を入力することも可能です。例えば「開会式」「1試合目」「2試合目」・・・等にしても良いかもしれません。ただ私は古い人間なので、ファイル名に日本語を使うことに違和感を感じてしまうもので、また「何もそこまで詳しく表示しなくても・・・」という思いもあって、簡略化した英数字で表現するという形をとっています。

・・・とか言いつつ、仕事で使ってる文書ファイルには、例えば「H19決算書_暫定版.doc」とかってバリバリ日本語を使っていたりもするのですが(笑 
んで、ファイル名=半角英数8文字以内限定という呪縛からは、とりあえずWin導入から数年後には解き放たれました。制限がキツかった頃ってファイル名にもセンスというか個性が出てましたよね?なーんて、windows世代の皆さんにはわかんないか。^^;

あと、例えば1日のうちでサッカーの試合を撮りつつ、試合の合間にお花を撮ったとか言う場合は、サッカーとお花でキッパリとフォルダを分けちゃう方が幸せになれると思います。w

« 2台で撮影した画像ファイルの管理:後始末編・1 | トップページ | 白鳥を名残り惜しむ »

撮影技法」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら開設1周年おめでとうございます

整理整頓が苦手な私としては
デジの方々の画像管理はなかなか興味深いものがありまして
特に2台の時間合わせについては気付かなかった分
非常に参考になりました。

また1年 期待してますのでよろしく~

motoさんこんにちわ。
色々ありがとうございます。今後ともヨロシクです。^-^

今回紹介した画像の整理方法は、私としては試行錯誤の上でなんとか出来上がった形なのですけれども、もしかしたら世間一般では常識的なことなのかもしれません。私は写真雑誌とかHowTo本とかの類は全く読まないですし、情報源はネットの世界だけだったりします。少なくとも私が見ているところではこの手の整理方法は公開されていなかった気がしたので、今回(恥ずかしながら)紹介させていただきました。^^;

こんにちは、
複数台のカメラ、あるいは複数人のカメラマンで仕事をしたときに、EXIFの撮影日時が揃わないことが多々あり、仕事に出かける前はかならず秒単位で正確な時計に合わせています。

今回まとめられた情報はとても有用ではないでしょうか。

ちなみに自分は、ファイル名のリネームに「F6 Exif」というフリーのツールを使っています。撮影日時のほかに、通し番号、サフィックスなどが付けられるので、2台体制のときに重宝します。

せきさんこんにちわ。
コメントいただきどうもありがとうございます。なるほどそのような便利ツールがあるのですね。参考にさせていただきます。
せきさんのサイト(ブログ)をちらっと拝見させていただきました。有意義な情報&すてきな画像満載のようで、今夜にでもじっくりと拝見させていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします!^-^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/40413805

この記事へのトラックバック一覧です: 2台で撮影した画像ファイルの管理:後始末編・2:

« 2台で撮影した画像ファイルの管理:後始末編・1 | トップページ | 白鳥を名残り惜しむ »