« 高校バスケデビュー | トップページ | 春霞 »

2008年4月21日 (月)

屋内撮影の落とし穴:フリッカー

昨日までの2日間久々にバスケ撮りをしました。ムスメは2日目も9番のユニフォームを借りて普通に試合に出させていただきました。^-^

0420_01
RAW→DPP現像&ノイズ低減&リサイズ

高1のムスメは当然のことながらチームの主力ではないこと、またそもそも今回の大会は中学生が主役のカップ戦だったことから、この2日間は気持ち的に余裕を持って、色々と設定を変えてテストすることができました。

というわけで、今日のテーマは『フリッカー』であります。
体育館内の撮影では、程度の差こそあれフリッカに悩まされることになります。フリッカとは簡単に言えば、照明の明減(またたき)が原因となって露出がアンダーとなってしまう現象です。
照明は電源周波数(西日本では60Hz、東日本では50Hz)の2倍で点滅を繰り返しているのだそうです。この点滅は人間の目では判別できませんが、数百分の1秒というシャッター速度で瞬間を切り取る写真の世界では、これを画像として捉えることができてしまうのです。
テレビのブラウン管やPCのディスプレイをビデオで撮ると、画面が縦にスクロールするように写っていない部分が出現する現象を経験なさった方もいらっしゃるかもしれません。アレも実はフリッカーによるもの。(厳密に言えば微妙に異なるかも知れませんが、原理は同じだと思います。)

※これより下の画像は全てDPPにて単純に現像&ノイズ低減処理のみ。また、被写体が女子選手であることに配慮して、かなり小さめにリサイズしています。解りにくいサンプルでゴメンナサイですけれど、ご理解いただきたく思います。

0420_11 0420_12
左画像はほぼ適正露出、右画像は唐突に1段ほどにアンダーになっています。また、画像の傾きとかそーゆう細かいツッコミは無しの方向でお願いします。^^;

EXIFを参照していただければわかるとおり、この2枚は連写で撮ったもの=全く同じタイムスタンプとなっています。マニュアル露出でSSと絞りを固定して撮っているので、AEが暴れたわけではありません。この現象がフリッカに起因する典型的な露出アンダーです。

私は光(照明)についてもドシロウトなので詳しいことは分らないのですが、体験的にこのフリッカが出にくい体育館と出やすい体育館があるように感じます。先日バスケ撮りをした体育館は極悪の部類に入るところでした。
もしかしたら新しい体育=新しい照明器具だとこのフリッカ対策もきちんとなされているのかな?

また、フリッカは画像全体に出るとは限りません。

0420_21 0420_22
左画像は、画像の左半分ほどに、また右画像は画像の右1/3程度にフリッカによる露出アンダーが出ていると思います。

このように画像半分とか3分の1とかに出ちゃう場合もあります。この辺の原理は私には全く分らないのですけれど、これもたぶんフリッカでしょう。
この現象は必ず横に明暗の部分が分かれます=明暗を分けるラインは必ず縦ですので、複数の照明器具のフリッカが複合的に画像に影響しているのかな?とも予想できます。・・・が、これはあくまでも私の想像であってホントのところは私には分かりません。^^;
画像全体に出るフリッカはある程度PC上で補正できますけれど、このように画像の一部分に出るフリッカを補正するのはちょっと(かなり)面倒です。

0420_23 0420_24
これも連写で撮ったものですが、1枚目(左)は画像右1/3~半分ほど、2枚目(右)は画像左2/3ほどにフリッカが出ています。面白いサンプルだと思います。

このようなフリッカに対応するためには、スローシャッターを切ればよいことになります。簡単に言えば、照明のまたたきよりも長い時間(1/100よりも遅く)シャッター幕が開いていれば、画像全体に光が回ることになります。
しかしスポーツ撮りの場合はこれじゃ被写体ブレが出てどうにもならなくなる訳で、屋内スポーツ撮影をするにあたって積極的なフリッカ対策は無し?とにかく連写して良いカットを得るしかないということになるのかな?
こういった面も含めて、屋内スポーツ撮りはヒジョーに面倒くさいジャンルなんだと感じられます。

・・・だが、それが面白い。(笑

======
全画像共通 EOS40D EF70-200F2.8LIS
手持ち RAW DPP

« 高校バスケデビュー | トップページ | 春霞 »

撮影技法」カテゴリの記事

コメント

フリッカー・・・そういうのもあるんですね、気付きませんでした。
露光ムラに関しては、縦位置での現れ方からすると
フォーカルプレーンシャッター特有の現象と思えるのですが
いかがでしょう?

またコメントさせていただきます。

EXIFを覗いかせてもらったところ、シャッタースピードは1/500のようですね。自分は仕事で撮るときはせいぜい1/250程度に抑えています。フリッカーは生じますが、画面の半分でムラが出る現象に遭遇したことはありません(ちょっと驚きました)。というか、1/500も切れる会場ってほとんどないような気がしますが。

デジカメの場合、露出が振られる以上にホワイトバランスも振られます。オートは使わず、現場でWBをきちんと取ると、フリッカーによる紫や緑への色ずれが若干軽減されるのでお試しください。銀一のグレーカード、またはケンコーのホワイトバランサーをお勧めいたします。

ちなみに、テレビ中継が入るような立派な体育館にはフリッカーレスの照明が設置されています。

たびたびすみません。
ISOは3200に設定されていらっしゃいますね。

EOS 40Dでは、JPEGでの撮影になりますが、ISO 1600までなら「高輝度階調優先」と「高感度時のノイズ低減」機能が使えます。さらにピクチャースタイルでシャープネスを一段ほど落とすとノイズ感が少し減ります。

スポーツ撮影の場合、数百枚から数千枚の撮影が当たり前なので、RAWにこだわらない「軽い」ワークフローも検討されてみてはいかがでしょう。老婆心ですみません。

motoさんこんにちわ。
そうかシャッターが原因という線もありますねぇ。
この日はワタクシ的に「縦位置撮影の練習」というのもあったので9割が縦位置で、しかも露出ムラが出た画像はほとんど現場で削除していたので手頃なサンプルが無く検証できません。^^;
また機会があったら横位置でもたくさん撮って試してみたいと思います。

せきさんこんにちわ。
色々とご助言いただきありがとうございます。参考になります!^-^
ただ、バスケで1/250だと被写体ブレの危惧があって撮れるシーンが限られちゃうことから、私はISOを最高の3200まで上げてでもSSを稼ぐ方向で考えていました。
また、私は基本的に「スポーツ撮りはJPEGで十分」という考えでJPEGでしか撮ったことがなかったのですが、最近ちょっと考えるところがあり、初日:JPEG+RAW、2日目RAWのみでテストしてみたものです。後処理まで含めて画像の仕上がりに大差が無ければ、またJPEGのみに戻します。^^;
(手持ちのCF容量だとRAWでは6~700枚しか撮れないので全然足りないという事情もあり。^^;)

take_c さん、こんにちは
某クチコミでは何度かご一緒させていただいておりますが、
こちらへお邪魔するのはお初です。

 クチコミでのアドバイス、こちらのHP共に大変参考にさせて頂いております。
私の場合も中学生の娘のバスケ&ミニ時代の後輩達の撮影、
あとはたまに軟式テニスを撮るくらいで、似たような被写体です。

 せきさんが仰っているJPEG撮影ですが、フリースローや
シュートシーンなど床平行撮影から見上げた撮影になったときの
ホワイトバランスの変化が嫌でRAWで撮って微調整したくなってしまいます。
とくに20Dに40Dを買い足してからはフリースロー連写のコマ数が増えたので5~7枚の色を揃えないと寄せ集めのように見えてしまうため、色温度設定だけではどうにもならずRAWで撮っています。

はじめまして^^
私は何度か拝見させていただいておりましたので、はじめましてという感じではないんですが。

コチラのブログを見させていただきまして、私もバスケ写真に挑戦してみました。長年バスケをやっていても試合中の写真って無かったんですよね。自分の怪我を機にkissDXを購入して、50mmF1.8のみでチャレンジしてきました。

まだ一応選手なので、ベンチに座ったりすぐ横で撮ったりしたので100枚くらいとって2,30枚はいいのがありました^^

デジカメは10年くらい使っていましたが一眼は初めてで技術もまだまだですが、あと何試合か撮ってみたいと思います。

またお邪魔しますのでよろしくお願いいたします。

tobisukeさんこんにちわ。
コメントいただきどうもありがとうございます。いやぁ、体育館スポーツの撮影はホント難しいですよね。お仲間が増えてうれしいです!^-^
ブログ拝見しました。
バスケ撮影はベンチ=サイドラインから撮るよりも、エンドラインから撮る方がカメラを振り回す角度が小さくてすむので楽なんですよね。・・・でも、なかなかエンドラインから撮らせてもらえる環境が少なくて悲しくなります。
お互いに今後とも頑張りましょう!

連投すいません。
出ました、フリッカー・・・。体育館も暗い上に変な照明だし大変でした~。
宿命のライバルとの対決でしたので、写真どころじゃ無かったんですが(笑)あんまり撮れませんでした・・・。難しさがわかる1日でしたフー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/40951052

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内撮影の落とし穴:フリッカー:

« 高校バスケデビュー | トップページ | 春霞 »