« 屋内撮影の落とし穴:フリッカー | トップページ | 暫定税率廃止カウントダウン »

2008年4月27日 (日)

春霞

今週末は高校バスケのカップ戦があったのですけれど、昨日土曜はワタクシ休日出勤で撮影に臨めずガッカリ。今日こそ!と思っていたところムスメに『親とか全然見に来てる人いないっけよー』と、やんわり断られちゃう始末。;_;
失意の元、暇を持て余してカメラを持っていつものフィールドへ。

今日は朝から降ったり止んだり時折日が差したりという曖昧な天候。春特有の薄らぼんやりとした空気で、長距離撮影は困難を極めちゃったりしたのであります。
0427_04
先日見つけたヤマセミポイントです。被写体までの距離は50m程度で、太陽が出ていてもこんな感じでぼんやり・・・
(画像はトリミングしています。また若干コントラストを高めています。)

知っている場所の知っている鳥ならばそれでも何とかなるのですけれど、種類の判定が微妙に不安なものに関しては、とっても辛かったりします。
私は双眼鏡とかフィールドスコープの類を持っていませんので、遠くにいる野鳥を観察するのは全てカメラのファインダー(望遠レンズ)を通して、という事になります。それでもよく分からない場合は①とりあえず撮る②カメラの背面液晶で拡大表示③図鑑と照合して種類を判別、とゆう手順になります。春霞のぼんやりした画像だと現地でこれができなくって、どうにも楽しくありません。-_-;

例えばこんな感じ。
0427_01
40D+300/F4+1.4テレコンの撮って現像リサイズした画像。
被写体まで役100m。うす曇とはいえ逆光状態なので肉眼では鳥のシルエットしか見えません。望遠レンズを通して見てもファインダー越しでは小さくてどうにもなりません。
『これは、なんだ?うーん微妙だなぁ。でもトビではないなぁ・・・』

0427_02
上記を等倍切り出し(クリックで等倍画像900*600ピクセルが出ます)→現地でカメラ本体の液晶で拡大表示した場合は、当然ですがこれよも小さく粗悪な画像しか見れません。露出補正を繰り返し、手ブレと春霞に苦しめられつつ何とか拡大表示に耐える画像が得られても、今度は背面液晶の小ささが災いし現地では種類の判別までは至りません。
『うーんなんだろう?ハジメマシテの猛禽類だったら嬉しいんだけどなぁ・・・』
この直後、カラスに追い立てられて飛び去ってしまった猛禽類クン。ここでは、これ以上の画像は得られませんでした。

0427_03
当倍画像をPCで若干コントラストを高めてあげると、何とか見られる画像になります。(レタッチしてあげるともう少しマシな画像になりますが今日のところは省略^^;)という訳で帰宅後にPCの画面で見て初めて、この猛禽が何だったのか知ることができました。
『あ、なんだノスリかぁ・・・ザンネン・・・』

 

また、今日はヤマセミポイントで面白いシーンを撮影できました。
0427_11
0427_12
0427_13
0427_14
2羽のヤマセミがじゃれあって落下&水没!(10数枚連写した中から抜粋。トリミング&リサイズ済み) つがいのヤマセミがじゃれあっていたのか、それとも縄張り争いをしていたのか、私にはどうにも判別できません。^^;
この時、ヤマセミを待つ間の暇つぶしにお花を撮ったりしていたもので油断してISO100まで落としていたので、SSが稼げずブレブレ画像になっちゃってます。
これは、うーん!かなり悔しいぞ!

・・・・というわけで、今日は色々とザンネンな1日だったのでありました。
明日は晴れるかなぁ・・・・

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW→DPP現像 撮影設定の詳細はEXIFをご参照下さい

« 屋内撮影の落とし穴:フリッカー | トップページ | 暫定税率廃止カウントダウン »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~残念でしたね。
これほどドラスティックなシーンは無いですが
釣りで歩いていると「あぁ!カメラ(1眼ね)があれば!」
という事が結構ありますが
どちらをとるかと言われると・・・(^^;

私もまだまだですね。

chick初めてお邪魔しま~す♪
ヤマセミポイント、良いですね~
それも、家から近いフィールドみたいで羨ましいです。
一枚目の写真の左下に見えるのはヤマセミの巣穴ですよね。
抱卵中じゃないんでしょうか。
今後、巣立ちびなが見えるかもしれませんね。
また、お邪魔しま~す♪

こんにちわ。コメントいただきありがとうございます。^-^

★motoさん
釣りと撮影の両立は厳しいでしょう。私も釣りにハマってた時期がありましたが、せいぜいコンパクトカメラをポケットに入れておいて証拠写真を撮る程度でした。^^;

★テニ坊さん
はじめまして。ブログ拝見しました。ヤマセミを撮られているんですね。^-^
この撮影地では複数の巣穴の存在を確認しておりますが、まだヤマセミが巣穴に入った(巣穴から出る)シーンは見てないんですよ。^^;
私が不勉強でアレなんですけれど、ヤマセミの繁殖期っていつ頃なんでしょう?

chick
ヤマセミの繁殖期は、ちょうど今頃ですよ♪
番で居るなら、そろそろ産卵期か抱卵期に入る頃だと思います。
抱卵期間3~4週、子育て期間4~5週位です。
(私もあまり詳しくはないですが…)
子育て期間は、より神経質になりますから、こっそり観察してあげて下さ~い。

テニ坊さんこんにちわ。
今が繁殖期なんですね。観察に通う楽しみができました。
いやもちろんヤマセミにストレスを与えないように、今までどおり週末限定で川の対岸からこっそり静かに見るだけなんですが、この程度だったら大丈夫ですよね?^^;

chick
take_cさん、こんばんは。

>>対岸からこっそり静かに見るだけ
グ~~です♪全く問題ないと思います。

今後のヤマセミ記事、楽しみにしてま~す。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/41012694

この記事へのトラックバック一覧です: 春霞:

« 屋内撮影の落とし穴:フリッカー | トップページ | 暫定税率廃止カウントダウン »