« 姉弟愛 | トップページ | 今日も野山を駆け巡る! »

2008年4月 5日 (土)

スポーツ撮りのバッグシステム Ver.2

以前にもこのブログで私の使っているバッグについて紹介しましたが、今日はその進化版を紹介したいと思います。
新たに購入したものは2つです。

0405_01

1つめはアディダスのボストンバッグです。画像の白いバッグは以前から使っていたアディダスのエナメルバッグ。黒が今回新たに購入したものです。これはお正月の初売りで、3千円程度で購入できました。今回購入したバッグは横幅と高さはエナメルバッグと同じ程度ですが、厚みが2倍くらいのものです。また、ファスナーがバッグ上面にU字型に配置されているのが大きなポイントです。バッグ上面がガバッと大きく開くバッグって、探してもあまり見つけられないんですよね。
以前紹介したエナメルバッグ+クッションケースの不満点は、①絶対的な容量が小さいこと。②細長いので倒れやすいこと。③ファスナーがストレートなので中の機材が取り出しにくいこと。等が上げられました。今回購入したバッグは、とりあえずこの三点を全て満足できるものです。しかも安かったのでとてもラッキー!^-^
どちらもアディダスのバッグなのですけれど、これはたまたまです。ナイキでもプーマでもスポーツブランドなら何でもよかったのです。アンブロのメディカルバッグが頑丈そうでとても良さげな雰囲気だったのですが、これは1万円以上の値札が付いていたので諦めました。→1万円も出すんだったら普通にカメラバッグを買ったほうが良いかな?という感じ。

0405_02

もう一つ新たに購入したのは、エツミのクッションボックスです。
奥は以前から使っていた「フレキシブルL」手前が今回新たに購入した「ロング」です。近所のキタムラで取り寄せてもらって、1千円ちょっとで購入しました。
フレキシブルLの縮めた状態のサイズ 100 * 330 * 220 (厚さ×横幅×高さ)に対し、ロングは100 * 330 * 200 と、高さが20mmほど低いのですが、見た感じこれはあまり気にならないと思います。

クッションボックスのフレキシブルLには、300/F4と70-200/2.8、レンズ付きのボディ1台が入ります。
0405_04 0405_05

同じくロングには、レンズ2本とボディ単体1個、あとは小物(ここでは1.4エクステンダーとアングルファインダー)が楽々入ります。またこのクッションボックスは深さがあるので、フードを逆付けすることなく収納が可能だったりします。フード逆付けにするとレンズを2段に入れることができますので収納力は倍増します。
0405_06 0405_07

これだけのものを、今回購入したアディダス黒バッグに楽々収納可能です。
0405_03
このバッグにクッションボックスを2つ入れると、バッグの短辺方向はほぼぴったり、長辺方向は数センチ程の余裕がありますので、薄手のものでしたら収納可能です。私はここに、折りたたみ式のイスを入れることが多いです。イスが必要ない場合はタオルとか防水対策グッズとか、という感じ。
またこのバッグは高さにも余裕があるので、このスペースには私はタオルとかクリーニングキット(ブロアやクリーニングペーパー、クロス、レンズペン、ブラシ等)を入れたポーチなんかを無造作にバサバサと入れています。

手持ちの機材を常に全て持ち歩く必要は無いわけで、例えば私が室内スポーツを撮る時はボディ2台とレンズ2本(70-200/2.8・17-55/2.8)があれば全て撮れてしまうので、クッションボックス1個だけで間に合います。あとは折りたたみの椅子とシューズをこのバッグに入れています。一脚は残念ながらバッグに入らないので(いや、無理すれば斜めに入りますけれど)、バッグの持ち手のところにストラップを通してバッグに乗せて運ぶような形をとっています。
0405_08_2
(折りたたみのイスもシューズも、もちろん収納ケースに入れた上でバッグに収納します。ちなみにこのイスはホームセンターで380円とかその程度。)

私の手持ちの機材で一番全長が長い組み合わせはボディ+1.4テレコン+300/F4なのですが、これはこのままではもちろんバッグに入りません。しかし、バッグの上に置いておく、とか、その状態で多少の距離を移動する、という程度でしたら何とかOKという感じ。
0405_09 0405_10
カメラの下には緩衝用にタオルを敷いています。

私の場合は移動は100%自動車で、駐車場から撮影地までせいぜい数100m移動する、撮影地でチョコチョコ小移動する、というパターンがほとんどです。このバッグシステムを実戦投入して既に3ヶ月ほど使っていますが、なかなか快適だと感じています。強度的にはちょっと微妙かな?と感じるこのバッグですが、手ごろなサイズ&手ごろなお値段だったという事で現時点ではとりあえずものすごく満足しています。

======
EOS40D EF-S17-55F2.8IS 三脚使用 RAW DPP
詳細の撮影データはEXIFをご参照ください。

« 姉弟愛 | トップページ | 今日も野山を駆け巡る! »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

いつも参考にさせていただいております。やや機材のほうが多く見えていたのですが、エツミ フレキシブルL+ロングのツイン構成のVer 2に移行されていたのですね。

私はアイデアを頂戴して、エナメルバック+ロングを愛用しております(傷ありバック2000円+ロング1000円なり)。Kiss D初代+EF100-400mmにスナップ用レンズだけなので、EF100-400mmをボディにつけたまま横に入れてます。やや斜めに横に入るように設定しているので取り出しは快適です。

本日40Dボディを買い増ししたのですが、バックは現状維持で行けそうです。むしろ一脚の収納アイデアを検討中です。またのアイデア楽しみにしております。

私の周りでもバッグに苦労されてる方がいますから
自分の用途にジャストな物が見つかってよかったですね~
収まり具合が絶妙です。

こんにちわ。コメントいただきどうもありがとうございます。

★それいけどんどんさん
一脚の収納は、確かに悩ましいですよねぇ。
私は折りたたみのイス(と言っても画像のものではなくもっと大きいもの)を持って歩くとき=サッカー撮影のときは、いすの収納袋に無理やり一脚を入れちゃったりもします。
カメラバックに一脚を同居させるのは、現状ではちょっと厳しい感じ・・・

★motoさん
バッグで苦労するのも、これはこれで実は楽しかったりしています。少なくともレンズであれこれ悩むよりは安上がりでアレコレ試すことができますし。^^;

こんばんわ。自分は今年からやっと40Dオーナーに
なれましたー(^0^)
いつもいろいろ参考にさせていただいていますが、
エツミのクッションボックスというのはグッドアイディアですねー。私は渓流とかを良く撮るので、良い持ち運び方法を模索中でした。
今回拝見させていただいた方法で、自分なりに工夫してリュックに収納してみたいと思います。

K'sさんこんにちわ。
自分も山に登ったりするのでリュックへの収納については色々と頭を悩ませているところです。
リュックタイプのカメラバッグはリュックとしての機能がイマイチのように感じるし、何より高価ですし(笑
長いレンズに対応できる、高さのあるクッションボックスは種類が限定されちゃう、というのがホント悩ましいです。
何かいい作戦があったら教えてください。^-^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/40777895

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ撮りのバッグシステム Ver.2:

« 姉弟愛 | トップページ | 今日も野山を駆け巡る! »