« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

久々にスポーツ撮り

今日はほんと久々にサッカーを撮る機会に恵まれました。花巻市内にある芝生のグラウンドで練習試合。この練習試合の主役はもちろん、中総体地区予選を2週間後に控えた3年生たちなのですけれど、ムスコたち1年生も「Bチーム戦」にて出場機会を与えられてました。
しかし残念ながら時折雨がパラつくあいにくの空模様でしかも風が強く、あまり撮影に集中できませんでした。

0531_01
0531_02

そういったわけでキアイが入っていない時の常で、今日は『とりあえず証拠写真』といったレベルの画像しか得られませんでした。
ムスコもジャージを脱ぐ気もないようだし、全然キアイが入ってないなぁ。自分の写真のウデを人のせいにするつもりは無いのですけれど、ファインダーを覗いていて被写体から『キアイ』とか『熱さ』がが伝わってこないと、撮っていてもどうもイマイチ気持ちが盛り上がってきませんよね。・・・うーん。

また今日は、うちの近くの球場で高校生が練習試合をやってたので撮ってみました。
0531_21
0531_22
これはバックネット裏からピッチャーを狙ったもの。雨がパラつく空模様だったので、車の窓からレンズだけ出して撮っています。必然的にネットまでの距離がありますので、背景の暗部にネットの模様が浮かび上がっちゃっています。これはネットに近寄れば解消できるということは判っているんですけれども、今日はサボり。^^;
また、ピッチャーの正面に近い角度で撮れば画像にボールを入れることも簡単なのですけれど、今日はあえて練習のつもりで横から撮ってみました。秒間6.5コマの連写速度でも、ボールを入れるのはなかなか難しいですよ。
また、油断するとネットにAFがもっていかれるので、基本的に置きピンで撮っています。これができるのは『親指AF』の大きなメリットの1つだと思います。

野球撮りはまだ数回しか経験が無いのですけれど、ピッチャーやバッターを撮るのは比較的簡単だと思います。同じ場所で同じ動作を何度も何度も繰り返してくれるので、何度でもチャレンジできます。
しかし、守備とか塁上のクロスプレイとかを撮るのはえらく面倒です。打ったボールがどこに飛んでいくかなんて全く予測できませんし、望遠レンズを使っていると瞬間的に被写体をきちんとファインダーに入れるのがかなり面倒なのです。・・・まぁつまり、私はまだまだ下手くそだ、ということなのであります。^^;

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP
詳細な撮影データはEXIFを参照ください

スポーツ撮りの合間に

もちろん、スポーツ撮りの合間には鳥さんを探してウロチョロしました。本日は風も強くて、小さな鳥はみんなどっかに隠れちゃってたようであまり見つけられませんでしたし、鳴き声とか気配とかも全く感じられませんでした。

0531_11
これは休耕田で見かけたハトの一種。キジバトのようにも見えるのですけれど、特徴的な頸の縞模様がありません。目も違うような気がします。キジバトにこういった種類もアリなのか、それとも交雑種(ドバト?)なのか、私には判別がつきません。

0531_12
水田地帯の農耕用配水塔の上部で羽を休めるトビが2羽。このすぐ傍で田起こしの作業をやっていて、カラスと一緒になって掘り返されたネズミやらミミズやらをつついていました。時々ノスリもやってきて仲間に入りたそうにしていましたけれど、カラスに追い返されていました。^^;

0531_13
これは強風に耐えて草の根元でふんばるヒバリ。いつかヒバリの飛び立つ瞬間が撮りたいと思って狙っているのですけれど、いつもいつも『走って』逃げられちゃってなかなかシャッターチャンスに恵まれません。

0531_14
水田地帯の側にある湿地に咲いていたアヤメ?カキツバタ?よくわかりません。^^;
色彩的に穏やかなトーンの水田地帯に唐突にビビッドな紫の花が出現し、綺麗というよりもどちらかというと悪趣味とも感じられる色彩。そういった私の印象を激しく強調して現像作業を行ってみた結果がこの画像です。積極的に前ボケを入れたわざとらしさとも相まって、どうです?気持ち悪いでしょう?(笑

(撮影地:花巻市太田地内)

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP
詳細の撮影データはEXIFを参照ください。

新聞のスキャン

本業の多忙もひと段落ついて、昨日は『打ち上げ』と称してコッテリ飲んでしまって、毎度の事ながらヘロヘロの朝を迎えちゃったおじさんですこんにちわ。

画像は5月30日付の岩手日報です。
20080530
県高総体開会式の記事の中にムスメが写った画像が掲載されているとのことで、1日遅れでゲットしてきました。
かなりの枚数の画像を掲載して特集が組まれています。テーマとしては私が撮りたい種類の写真ではないのであまり参考にはなりませんけれど、でもこれも『頑張っている子供たちの姿』を捕らえた写真。ベクトルとしては嫌いではありません。
岩手はバンカラな応援団の高校が多いところです。ムスメの進学した高校=私の母校もご多分に漏れずバンカラです。これも時代の流れなのか、私の記憶よりも少しバンカラ度が薄まっているようにも感じられますが、でも素直に懐かしいなぁ・・・と、当時を思い出してしまいます。
ちなみにムスメが頭に巻いている、校名をスクールカラーの小豆色で染め抜いた手ぬぐいは、私が保管していたものを譲ったもの。当時私は普段使いの手ぬぐいとは別に、卒業時に5本ばかり記念にと購入し、20年以上も大切に保管してあったのでした。校名の他に「不撓不屈」「奮闘精進」「黒橋魂」などと、わかる人にしかわからないキーワードが染め抜かれていたりします。・・・これも、ヒジョーに懐かしいなぁ。

さて、ムスメのリクエスト(というか命令w)によりこの画像をスキャニングしなければいけないのですけれど、もう数年も使っていないフラッとベッドスキャナ(CanoScan N1220U)をPCに繋ぐところから始めなくてはいけません。・・・USBケーブルも無いし、ドライバCDも無いぞ!?トリセツとかも全く無いし、使い方なんて忘れちゃったぞ。^^;
ケーブルはプリンタから抜いて使うとして、ドライバはメイカーサイトから探してこなきゃいけない。あと、新聞とか裏写りしちゃう紙をスキャンするときは、裏から黒い紙とかを当てるんだったかな。これも作るのか。 ・・・うーん、、、面倒くさい。カメラで複写して終わりにしちゃおうかな。^^;

2008年5月25日 (日)

キジ撃ち

今日もスポーツ撮りのチャンスに恵まれず、ちょっとガッカリぎみのオジサンですこんばんわ。しかも今日は生憎の空模様で鳥撮りに出掛ける気にもなれず、それでも何となくカメラを車に積んで田んぼ道をフラフラ徘徊していたら・・・

0525_01
0525_02
今日はキジの日でした。

実は今朝方、いつもお世話になっているBigDipperさんのブログ『エコログ上州』で私は
======
キジはうちのあたりでも身近な鳥だったりするのですけれど、声はすれども姿は見えずの代表格で、私は「走って逃げる後姿」しか撮れたことがありません。^^;
======
こんなコメントを書いたばかりだったので、なんというタイミングの良さなんだろう!?って感じです。
画像の2羽は別の個体です。これまで何度も出会うことがあっても逃げられてばかりで全く撮れなかったキジが、ものの数分のうちにいくらも離れていない場所で、しかもステキな雄叫びシーンを続けざまに撮影できちゃったなんて、ホントに何とも不思議な感じです。

※BigDipperさんのブログには5/23付けのエントリに動画が掲載されています。もしかしたら期間限定かもしれませんので、興味のある方は急いでGo!です。

キジは岩手県の県鳥だったかな?私の自宅からも鳴き声は時々聞こえたりして、とても身近な存在の野鳥なのです。それでもホント今まで全く撮れなくて悔しい思いをしていました。今日のこの画像でかなり満足しました。^-^
ところでキジの鳴き声はよく『ケーン・ケーン』と表記されるのですけれど、私の耳にはそうは聞こえないんだよなぁ。うまく表現できませんが『キョーッ!キャー!』かなぁ『コォ!ケェーッ!』かなぁ。微妙にちょっと違うかなぁ。んー・・・(笑
また、雄叫びと母衣打ちは必ずきちんとセットになっているのだ、ということを初めて知りました。『キョーッ!キャー!』→バサバサバサ 全く以ってBigDipperさんとこの動画のとおりなのであります。
また、この機会にキジについてちょっと調べてみたのですけれど「けんもほろろ」や「頭隠して尻隠さず」といった慣用句はキジの鳴き声とかその習性に由来しているのだとか。いやぁ、知りませんでした。勉強になったなぁ。本日のブログタイトルは、山屋さん用語でトイレに行くこと(男性限定)ですよね。その行為をキジを撃つと言ったり、また単にキジと言った場合はトイレの場所を示したりします。ちなみに女性の場合は「お花摘み」ですね。
(撮影地:岩手県花巻市 太田地内休耕田)

 

おまけ画像 『あぜ道の猫』 2点
0525_03
0525_04

猫撮り、やっぱしちょっと楽しいかも。^^;
上の縦位置画像、ちょっとワルな感じの表情が良い味出してますねぇ。
下の画像の猫の挙動不審気味の顔も楽しいです。

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII

2008年5月24日 (土)

飛びケリ

今日は訳あってお昼過ぎから活動開始したオジサンですこんにちわ。
ムスメ=バスケも、ムスコ=サッカーも今日は練習試合があったのですけれど、諸事情により、というか二日酔いの飲酒運転が怖くて車を出せなくてどうにも身動きが取れなくて午後からの活動開始とあいなりました。^^;

今日はいつものヤマセミポイントやらシギ&チドリ撮影で実績のあるポイントを巡回して体力の限界。せっかくの休日なのに、なんだかもったいない過ごし方をしちゃったみたいで少し(かなり)クヤシイです。

それでは本日の画像。タイトルは『飛びケリ』です。
0524_11
0524_12
0524_13

田んぼのあぜ道を車で走っていたら、ちょっと遠くになんとなくウミネコに似たような印象の白っぽい野鳥が飛んでいて、それが着陸するのが見えました。・・・何だろう?? と徐行しつつ近寄ってファインダーで覗いてみると、そてはケリ。
止まっている時は茶色で地味なケリなのですけれど、いざ翼を広げるとこんなに大きくて白っぽくて綺麗な鳥だったんですね。

本日掲載の画像は、おそるおそる目標のケリに近寄って、そして飛び立つのを待って待って何とか撮影できたシーンです。
微妙にピント外しているのはご愛嬌(笑
というか、本日エライ曇天で光の具合が全くダメな日でありますて、ホント撮影が困難な状況だったんですよ!いやマジで。ホントに。そういった訳で、ピンボケも手ブレも決して二日酔いのせいなんかじゃ無いのであります。いやホントに。いやマジで。ホント言い訳抜きで(笑

・・・ちなみに、飛び立つケリなので『飛びケリ』なのであります。決して『飛び蹴り』ではありませんので念のため。www

(撮影地:岩手県花巻市 宮野目地内水田)

======
EF300F4LIS+EF1.4xII RAW→DPP

朝帰り

昨日はちょっとした飲み会があって、とても盛り上がったという訳でもなかったのですけれどちょっとディープな話題にはまり込んでしまい、帰るタイミングを失って気が付けば日が昇る時間。繁華街から自宅まで数キロの道のりを歩いて、帰宅したのが今朝の4時でした。
文字どおり『朝帰り』なんであります。いったい何年ぶりだろう?

今日はムスコの練習試合。オヤジの出番(運転手)は無いのですけれどお弁当は持たせなくてはいけません。お米を研いで炊飯器のスイッチを入れ・・・今から横になっちゃったら絶対に起きれないよなぁ・・・と、時間つぶしにカメラを持って散歩に出ました。

0524_01_2
0524_03
上:ハクセキレイ 下:シジュウカラ

我が家は、古くからの農家村落と新興の住宅地が入り混じったエリアに建っています。近くには川も流れていて小さな林もあったりするので、野鳥もある程度はいるんだろうなぁ・・・という予想はあったのですが、これまで真剣に探したこともなく、今朝こうやって野鳥が見られた事は少しうれしい出来事だったりもしました。
遠くからはカッコーの声も聞こえたり、キジの鳴き声が響き渡ったり、また2ブロックほど先に広がる田んぼからはカエルの鳴き声も多少控えめに聞こえてきたりしていました。

(撮影地:岩手県花巻市 某地区)

オマケ
0524_02
寝ぼけた猫がブロック塀の上でまどろんでいるところを狙ったのですが、気づかれて睨まれてしまいました。^^;
猫を撮るのも実は初めてだったりします。いろんな表情が見られて、猫撮りもなかなか楽しいですねぇ。

6時。遠くで狼煙が上がる音が聞こえました。どこかの学校で運動会でもあるのかな?(全国的にはどうか知りませんが、このあたりだと学校の運動会の実施の合図に、時刻を決めて狼煙を上げるのが一般的です。)
そろそろお弁当の準備を始めなきゃ!・・・と、帰宅。

ムスコを叩き起こして身支度をさせ、朝メシを食わせつつオヤジはお弁当作り。
0524_04
昨日は何も買い物をしていなかったので食材が無かったことと、あとは酔っ払い&寝不足でマジメに弁当を作る気力が無かったので、本日は全品「冷凍食品」の超手抜き弁当です(笑
おにぎりの具も何も無かったので、2個ともユカリご飯とオカカでゴメンナサイ(爆

某mixiにはまってた時期は頻繁にお弁当画像を掲載したりしたのですけれど、そういえばこちらのブログでは初めてかも。
ムスコのお弁当は幼稚園時代から作ってます。それが今はもう中学生だもんなぁ・・・と、思い出を語り始めるとグダグダに長くなりそうなので今日はこのへんで。^^;

というか歳も考えずに何年ぶりかで徹夜なんかしちゃって、ホントもうさすがに眠いです。
では、おやすみなさい。-_- ZZZzzz...

======
EOS40D EF300F4LIS+EF1.4xII EF-S17-55F2.8IS

2008年5月18日 (日)

青くないアオサギ?

今日は色々あってブログにアップできる画像が撮れなかったので、昨日撮影した画像より。

まずはコチラ。
0518_01
たぶんアオサギだと思うのですけれど、本来青くあってほしい頭頂部が微妙な色合いだったりします。うーん、アオサギの若鳥ということでよろしい?

私が知っている普通のアオサギはこんな感じ。
0518_02
こやって並べてみると、2枚目の個体は頭頂部こそ青々していますけれど、2枚とも全体的に色が薄いですよねぇ。どちらも若い個体なのかなぁ?

以上2枚の撮影地は花巻市内の田植えの終わった田んぼです。もちろんシギ&チドリ類を探して田んぼエリアをぐるぐる走り回ったのですが、昨日はなんか全然ダメでそのかわりサギ類ばっかし撮れちゃいました。
以下サギ画像のたれ流し(笑

0518_03_3 0518_04
0518_05 0518_06

しかしアレですね。田んぼのあぜ道にたたずむサギを遠目に見ると、100均の傘が刺さってるように見えたりします(笑

え、昨日はサギ以外にもちょこっと撮りました。
0518_11
こちら、いついもの場所で撮ったヤマセミのペア。このエリアは昨年秋の水害の影響でそちこちの枝にゴミがまだたくさん付いていまして、絵的にはイマイチなんですけれど。^^;

0518_12
同じ場所で撮ったオシドリ♂ですよね。ぶぶぶーって飛んできたのが見えて「カルガモかなー?」と思ってシャッター切ってみたら違いました。

(撮影地:岩手県花巻市 宮野目地内水田&某地区河川敷)

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII

2008年5月17日 (土)

新緑の中の白鳥

ウィークデイはそうでもないのですけれど、相変わらず週末は色々と忙しいオジサンですこんにちわ。

今日は、この冬の間『白鳥撮り』でさんざん足を運んだ北上市内の某S堤にちょっと寄る機会がありました。県内でも有数の白鳥飛来地であるO堤&S堤は、傷付いて渡りに付いてゆけない白鳥が越夏をすることでも実は有名だったりするのだそうです。ワタクシ的には、それが良いか悪いかという議論はさておき、現実に目の前にいる傷付いた白鳥たちを支え続ける(日々の給餌を続ける)地元有志の方々の永年に渡る努力には、単純に敬意を表したいところです。

0517_01

私が通りかかった時にはちょうど通り雨(というか雷雨)の真っ最中だったのですけれど、生憎の曇天が季節外れの白鳥の姿の物悲しさを一層引き立てているような気がして思わずシャッターを切ってしまいました。

本日時点で約15羽のオオハクチョウ&コハクチョウがS堤に浮かんでいました。よく見ると、どの個体も微妙に羽根が傷付いているのが判るかと思います。

※ 私は個人的に、「良くも悪くも野生の生物には極力影響を与えたくない」という基本的信念のもと、白鳥はもちろん他の野鳥・生物にも一切餌を与えることはしません。厳しい言い方をすれば『傷付いて渡りに付いてゆけなくて餌も採ることができない個体は淘汰されるのが自然の摂理だ』と、私はそう考えます。でも、いざ目の前に傷付いて困っている白鳥がいたら助けてあげたい、という心情も理解できない訳でもありません。そういったわけでつまり、積極的には支援しないけれど否定もしない、というが私の現時点でのスタンスです。

・・・ってゆーか、季節外れの白鳥じゃなくって、やっぱり子供たちのスポーツが撮りたいです!ちょっと欲求不満です!^^;

(撮影地:岩手県北上市)

======
EOS40D EF300F4LIS 手持ち RAW DPP

2008年5月15日 (木)

外回りで遠回り ^^;

先日もこのブログで紹介した「イーハトーブ・岩手の野鳥通信」ですが、私はこのサイトを参考に先日矢巾までプチ遠征したのでけれど、残念ながらこの日は空振りに終わってしまいました。こちらの管理人氏が開設しているブログ「一石二鳥でいこう」の中に、シギ&チドリ類の探し方のヒントが書かれたエントリ「矢巾水田のムナグロ」という記事を見つけました。
といったわけでこの記事を参考に、今日はちょこっと夕方に市内の田んぼを車で一回りしてきました。
で、やっとシギ&チドリ類に出会うことができましたよ!

0515_01
まずこちらは ケリ です。
夕日を浴びた田んぼの中にそれぞれ単独でちらほらと3羽ほど確認できましたが、この子は田んぼあぜ道をひょこひょことこちらに向かって歩いてきてくれました。撮影距離は5mほどでしょうか。・・・うわぁこれ以上近寄ったら縦位置じゃなきゃ無理じゃん!と、カメラを構えなおした瞬間に飛ばれてしまいました。^^;

0515_02
こちらはちょっと自信が無いのですが、ダイシャクシギもしくはチュウシャクシギじゃないかな?と思います。しろかきが終わって田植えを待つばかりの田んぼに、1羽だけぽつんと一心不乱に獲物を漁っていました。撮影距離は20~30m。大きさを比較するものが近くにないので、なんとも判断がつきません。^^;

他にはアオサギ、コサギ、ヒバリ等たくさん見かけました。
(撮影地:花巻市宮野目地内 夕刻)
======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち JPEG DPPにてトーンカーブ調整 & リサイズ
(2枚目はトリミング済み)

2008年5月12日 (月)

寸暇を惜しんで野鳥撮り

昨日撮った画像からピックアップ。
えー、昨日はサッカーの練習試合の運転手として遠征に臨んだわけですが、試合会場のすぐ手前で気になった看板があり、試合の合間というか選手の皆さんがアップを取っている最中にオジサンは野鳥撮り。^^;

某金ヶ崎町の『黒沢川せせらぎ公園』を小一時間ほっつき歩いてみました。

まずは、これまで声は聞こえどもなかなかその姿をファインダーに入れることができなかったウグイスです。
0511_11
スズメと同じ程度のその小さな体から、どんだけデカイ声だしてんだよ!?って感じのウグイス。やっと写真に収めることができました。
鳴き方もちょっと不器用で ===ただいま練習中です!===って感じの若鳥だったんじゃないでしょうか。^^;

0511_12
枝かぶりがひどいですが、たぶんホンドリス。私が撮った野生の哺乳類の第一弾なんじゃないかな?こんだけの枝かぶりですので、もちろんMFで撮っています。AFでざっくりピントを合わせた後にMFで微調整。これは親指AFとフルタイムAFの効くレンズだから成せる技なのであります。
あー、これまで鳥撮りの最中にキツネとかタヌキとかイタチとか名前の分からないネズミの類とかさんざん目にしているのですが、やっと哺乳類を撮る事ができました。^^;

0511_13
公園内の人工池のほとりをビュンビュン飛び回っているツバメを狙ってみました。肉眼で見ていると「あぁツバメって青いんだよなぁ・・・」と余裕を持って見ていられるのですが、いざファインダーに入れようと思うとこれが何とも大変!バスケやフットサルのフェイントなんか目じゃないってほど臨機応変に飛翔コースを変えまくります。
で、何とか写ってました、という1枚がこれ。^^;
ツバメなんて職場の駐車場から歩く5分間の間に、土手でまったりしているところをほぼ毎日見かけたりする身近な野鳥です。しかしこれが、カメラを持っていると全然出会えなくてここ1ヶ月ほど鬱憤が溜まっていたのですけれど、とりあえず撮ったということで暫定掲載。

0511_14
ツバメを撮った後では、アオサギのゆったり飛ぶ姿なんて止まって見えます。
アオサギもこれまで何度も何度も出会っているのですが、なかなか大写しにできないんだよなぁ・・・

(撮影地:岩手県金ヶ崎町)

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP

2008年5月11日 (日)

中学サッカーデビュー!

本日は中学校サッカー部の練習試合があって、運転手兼カメラマンとして同行いたしました。
・・・とは言っても空模様も微妙でしたしどうせムスコも出番なんて無いだろうし、と、全く撮影の気合は入っていませんでした。とりあえず、まぁ、撮影の練習のつもりでカメラを構えておりました。

0511_02
0511_03

いつも私の練習台になってくださるムスコの先輩方、ありがとうございます!^^;
今日は光も弱かったし、また砂埃がひどくって撮影条件としては最悪で(言い訳w)皆さんのカッコイイ姿をなかなか撮ってあげらんなくてゴメンナサイ!!^^;;

今日はほんと風もあってかなり寒くて、練習試合の1試合目が終了しそそくさと車に戻ってイップクしつつちょっと油断していたら、なんだかユニフォームではなくビブスを付けた子供たちが試合をしています。あれ?もしかして ・・・
いわゆる『Bチーム戦』ということで、うちのチームも前の試合で出番の無かった上級生に混じって1年生が試合に出ちゃってますよ!
慌ててカメラを持ってグラウンドへ駆け寄ります。先輩たちの試合と比較するとさすがにゴチャゴチャして「少年サッカー」っぽさを醸し出しておりますけれど・・・

0511_01

これが、貴方の『中学初ゴール』のシーンです。おめでとう!
上級生に混じってもきちんと与えられた役割を果たし、きとんと声を出し、そして攻めるべきところでは臆せずに果敢にゴールを狙った貴方を、オヤジとしてはとても誇らしく思います。
そして、この記念すべき決定的瞬間を捉えることができた自分を、更にもっと誇らしく思います。ナイスオヤジであります(笑

・・・というか、貴方の『好きな場所』は、小学校の頃からちっとも変わっていない。ポジションがどこだろうが、レフティである自分がシュートを確実に狙える場所は、そこしかない。もっと色んな事に挑戦するべきなのかもしれないけれど、でも1つのことに拘り続け磨き上げる事も大事。それで良い。あなたがその「大切な場所」でいかにノーマークでボールを貰うか、いかにしてフリーでボールを持ち込むか、どれだけ工夫しどれだけ組み立てに頭を悩ませているか、そしてそれをいかに敵にバレないようにカムフラージュしているか、オヤジはきちんと理解しているつもり。
この写真は、あなたのオヤジだから撮れる、いやあなたのオヤジにしか撮れない1枚なのであります。

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち JPEG DPPにてトーンカーブ調整&リサイズ

2008年5月10日 (土)

忙しいけど少し寂しい週末

最近はムスメもムスコも練習試合はバスでの移動が多く、しかもムスメには遠まわしに『見に来ないでほしい』と言われるしムスコはまだ出番が無いので見に行ってもあまり撮影に燃えないし、そういったわけで今日もお弁当を持たせて子供たちを送り出してしまうと何もすることが無く少し寂しいオジサンだったしておりますコンバンワ。

といったわけで、今日は何をしようかな・・・。と、最近野鳥に関する情報源としてお世話になっている『イーハトーブ・岩手の野鳥通信』のサイトに、矢巾の水田にシギが入り始めたとゆう書き込みがあった事を思いだし、ちょっと様子を見に行ってきました。私が鳥を撮りはじめて約半年。まだまだ季節ごとに新たな出会いはたくさん期待できるわけで、こちらのサイトは怒シロウトの私にとってとても貴重な情報源なのであります。
花巻から矢巾までは車で30~40分ほど。サイトに書かれていた農協のカントリーエレベータを目標に、その周辺を1時間ほどうろついてきました。
ヒバリとかムクドリとかハクセキレイには沢山出会いましたけれど、残念ながらシギの姿を見つけることはできませんでした。

0510_01
0510_02

ヒバリとムクドリです。
どちらも後姿なのがちょっとさびしいのですけれど。^^;

0510_03

こちらは午後から地元で撮ったトビ。飛び物の撮影練習には持って来いの題材で、野鳥を撮り始めた当初からお世話になっている鳥がトビなのですけれど、もうホント何枚撮ったかわかりません。既にライフワークと言っても過言ではないかもしれません(笑

また、今日はムスコの後輩たちの少年サッカー県南ブロック二次予選と、ムスメの後輩たちの中学バスケ市民大会をやっていました。
どっちを見に行こうか悩みましたが、うーん、欲張って両方!

矢巾からダッシュで戻って小学校の校庭へ。3-0で緒戦突破したのを確認し、昼メシを食う間もなく市民体育館へ。中学男子の試合(一回戦敗退でした)を見て再度サッカー会場へ。今日はバスケもサッカーも他の父ちゃん母ちゃん方と一緒に応援に専念し、とりあえず撮るつもりは無かったのですが、でもやはり子供たちが必死になっている姿を見ていると右手の人差し指がうずいてしまってしょうがなくっていつの間にか車に戻ってカメラを構えているオジサンだったのであります。^^;

0510_11
0510_12

今日は300mmしか持って出なかったので、ゴール前まで攻めてこられちゃうと死ぬほどドアップになっちゃって大変でした。^^;

ムスコが着ていた10番を別の子がつけていると、やっぱりまだ違和感を感じちゃうなぁ。昨年秋の新人戦からもう半年以上も経つんだからそろそろ慣れてもよさそうなモンなんですが。^^;

======
EOS40D EF300F4LIS 一部EF1.4xII使用
手持ち RAW DPP リサイズ済み

2008年5月 6日 (火)

【連休4日目】野鳥をほんの少しだけ

今日は何も予定の無い休日だったのですが、油断して普段どおり5時に起きてしまいました。することも無いので何となくPCを立ち上げ、ブログを見てみたら・・・
テニ坊さんから「ヤマセミの給餌は早朝から8~9時くらい」とのコメントが!
慌てて撮影機材一式を持っていつものフィールドへ。途中コンビニで朝食を買い込んだりして、それでも6時前にはいつものフィールドに到着しました。

0506_01
0506_02

今日もヤマセミに出会うことができました。撮影距離は50~100mほど。午前中は日陰になっている部分なので、撮影条件としてはあまりよろしくありません。
本日掲載の画像はPSP-X2で色々と画像をこね回してみたのですが、だんだん何がなんだか訳ワカンネ状態になってきて、とても写真とは思えない仕上がりになっています。^^;
このへん、まだまだ修行が足りない部分ですね。

今日はヤマセミが餌を採りに川に飛び込むシーンが何度も見られましたが、それでも巣穴には近寄る気配も無く、このカワセミ達は今は子供を育てていないのかな?と、思いました。
3時間ほど観察しましたが、とりあえずそんな感じ。その後風が強くなってきて周囲から一切の野鳥の気配が消えちゃったのですごすごと退散しました。

また今日は、ヤマセミの観察中に目の前の枯れ枝(枯れ草)にエナガが飛んできて、しばらくの間オジサンに愛想を振りまいてくれました。
0506_03

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII

2008年5月 5日 (月)

【連休3日目】今日もサッカー!

というわけで本日も春季キャンプです。
今日は天気も悪くしかも私の体調もビミョウだったので撮影のテンションも上がらず、ちょっとナニがアレな感じでした。いや決して3日連続でサッカー撮りに飽きたとかそういった訳では決してありません。^^;
子供たちが頑張ってる姿を追い続けるのは、オヤジの本能としていつでも常に楽しい事なんです!

で、今日のテーマはGKとDFを撮ってあげよう!という感じでした。ディフェンスのシーンを撮るのは、なかなか難しいんですよねぇ。
0505_03
0505_02
※微妙にテンションが上がっていないときの常として、全く水平が取れていません。^^;

サッカーのディフェンスシーンを撮ることの難しさは、その撮影位置にあります。GKの後ろ(ゴールライン側)にいてはほとんど背中しか撮れなので、必然的にタッチライン側に陣取る事になります。タッチラインから攻められている所を撮ろうと思うと、カメラを大きく左右に振る必要が出てきて、しかもボールは大きく前後左右に動くためになかなか被写体をファインダーに収めることができないんです。
自チームの個々の選手の動き方はなんとなく理解できつつあるのですが、それでもまだ全然ダメですねぇ・・・

おまけ画像:春季キャンプ3日目にして初登場の我がムスコ
0505_01
ラインズマンを命じられて、1年生どうしてラインズマンの「おさらい」をしてるトコロの御子息さま(笑
中学校のジャージも体に馴染んでないというか、妙にデカ!って感じです。

======
EOS40D 30D EF300F4LIS EF70-200F2.8LIS EF1.4xII
RAW 一部一脚使用 DPP
今日は屋外にも関わらずISO1600まで上げるバッドコンディションでした・・・

2008年5月 4日 (日)

【連休2日目】野鳥も少々

先日のエントリでヤマセミについて触れたところ、テニ坊さんのコメントから「今がまさにヤマセミの繁殖期」であることを知り、ちょっとだけ様子を見てきました。
1時間ほどしか滞在できませんでしたが、巣穴の周辺は静かだったですねぇ。

でとりあえず、ちょっと100mほど離れたところに停まっているヤマセミの証拠写真です。
0504_44
トリミングというか、クリックで等倍切り出し画像が出るです。ほんとにもう、ザンネン画質ったらありゃしない。^^;

あと、このエリアで初めてカワセミを見つけました。こちらも50mほど離れているので超ザンネン画質ですが、とりあえず証拠写真。こちらもクリックで等倍画像が出ます。
0504_43
・・・とりあえずオスかな?

あと、本日のハジメマシテの野鳥が 1種。
0504_42
これはコチドリだと思います。ヤマセミを観察しつつじーっと川辺にしゃがみこんでいたら2~3mのところまで寄ってきてくれました。目の周りの黄色い隈取がおしゃれですね。^^;

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP

【連休2日目】今日もサッカー三昧

昨日に引き続き、中学校サッカー部の春季キャンプ。
ムスコの出番は当然ながら全くありませんのでオヤジは撮影に集中できます(笑)。で、本日は「攻守の絡み」をテーマに撮影に臨んでみました。

0504_01 0504_02
0504_03 0504_04

①今日のテーマの「攻守」が絡んで②ボールがファインダーに入っていて③きちんとフレーミングできていて④ピントもそこそこ来ていて⑤選手の視線が上がっているもの。これらの条件が全て満たされたら最高だと思うのですけれど、本日の成果の中には、、、1枚も無し(笑
いや難しいからこそやりがいのある趣味だとも言えるわけで、私としてはムスコが出場のチャンスをもらうまでに頑張って撮影の練習を重ねさせていただいている訳なんです。といったわけで2・3年生の先輩方にはホント感謝してもしきれません。ムスコもオヤジもセットで大変お世話になっております!^^;

さて今日は、実は盛岡で東北社会人リーグ(J1→J2→JFL→ココ)の地元開幕戦が盛岡でございまして、そちらにも撮影に行ってまいりました。

0504_11 0504_13
0504_12
1戦目(2部リーグ) 盛岡ゼブラ vs. ヴァンラーレ八戸

0504_21 0504_22
0504_27
0504_28
0504_25 0504_26
2戦目(1部リーグ) グルージャ盛岡 vs.秋田カンビアーレ

やっぱり社会人リーグの試合は画になる瞬間が多くて、撮っていて楽しかたです。
試合結果は、3-2でゼブラの勝ち&1-1でグルージャはドロー。
今日は風がすごく強くて、撮影の楽しさとはうらはらに試合内容はどうにもチョッと褒められたものではなかったような気がします。特にグルージャ戦は両チームで合計10枚ものイエローカードが乱れ飛び、しかも不可解な判定も何度かあったように感じました。

私はどのチームのサポータでもありませんが、それでも何となく釈然としない、モヤモヤ感の残る試合でした。
でもまぁ、撮影そのものは楽しくて昨日よりはたくさん写真を撮りました。それに比例するように、ブログにアップする画像の枚数も普段よりも多めになっています。^^;

おまけ画像:某プロの撮影機材
0504_31
この方は、ステラミーゴの試合の撮影でご一緒したことがある方なので知ってるのですけれど、200/1.8ですよこれ。室内競技だけではなく、外でも使ってるんだー、と思いました。またもう1本のレンズは100-400でしょうか。ボディは2台とも1D系だと思います。

======
EOS40D EOS30D EF300F4LIS EF70-200F2.8LIS EF1.4xII
一部一脚使用 JPEG→DPPにてトーンカーブ調整&リサイズ
一部画像(横位置のゴール前の画像)はトリミングしています。
1.4テレコンは300&70-200に付けたり外したり。
詳細はEXIFをご参照ください。

2008年5月 3日 (土)

【連休初日】サッカー三昧の1日

今日は中学校サッカーの春季キャンプがあって、カメラを持って久々にサッカー撮りをしました。春と言うよりも初夏の陽気のなか、撮影には最高のコンディションだったと思います。しかしまだピッチの広さに慣れないことと、また中学生チームの選手の癖とか動きとかが理解できていないせいもあって狙いが絞りきれず、なかなか『良い画』が撮れません。うーん・・・

とりあえず今日の自分的な撮影のテーマは「縦位置でアップ目に撮る」ことでした。
2試合で500カットほど撮影しました。これは私的に言えばかなり少なめの撮影枚数なのですけれど、これはなかなかきちんとフレーミングできなくってなかなかシャッターが切れなかったせいです。

0503_01
0503_02

1試合目は芝生のピッチで、2試合目は場所を移動して学校の校庭での撮影となりました。 画的にはやはり芝生の方が栄えますねぇ。^^;

また今日は、うちの近所の某F大学のピッチでFCガンジュが練習試合をするとの情報を得て撮影に行ってみました。

0503_03

F大学のピッチは人工芝です。この人工芝の照り返しがキラキラしてなんかものすごく目が疲れたような気がします。^^;
社会人のサッカーは中学生の試合と比較するとさすがにレベルが高くて、選手の動きもボールのスピードも格段に上です。なので撮影そのものは難しくなると思うのですが、しかしピッチを広く使ってくれるし展開が速いので撮影のチャンスそのものの回数はものすごく多いように感じました。また、緩急の差が大きいというか動きにメリハリがあるし、選手の技術レベルが高いので、画になる瞬間が多いんだなぁ。というわけで、撮っていてとても楽しかったです。またチャンスがあったら撮ってみたいチームだと思いました。

======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
一脚使用 JPEG撮り→DPPにてトーンカーブ調整&リサイズ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »