« 外回りで遠回り ^^; | トップページ | 青くないアオサギ? »

2008年5月17日 (土)

新緑の中の白鳥

ウィークデイはそうでもないのですけれど、相変わらず週末は色々と忙しいオジサンですこんにちわ。

今日は、この冬の間『白鳥撮り』でさんざん足を運んだ北上市内の某S堤にちょっと寄る機会がありました。県内でも有数の白鳥飛来地であるO堤&S堤は、傷付いて渡りに付いてゆけない白鳥が越夏をすることでも実は有名だったりするのだそうです。ワタクシ的には、それが良いか悪いかという議論はさておき、現実に目の前にいる傷付いた白鳥たちを支え続ける(日々の給餌を続ける)地元有志の方々の永年に渡る努力には、単純に敬意を表したいところです。

0517_01

私が通りかかった時にはちょうど通り雨(というか雷雨)の真っ最中だったのですけれど、生憎の曇天が季節外れの白鳥の姿の物悲しさを一層引き立てているような気がして思わずシャッターを切ってしまいました。

本日時点で約15羽のオオハクチョウ&コハクチョウがS堤に浮かんでいました。よく見ると、どの個体も微妙に羽根が傷付いているのが判るかと思います。

※ 私は個人的に、「良くも悪くも野生の生物には極力影響を与えたくない」という基本的信念のもと、白鳥はもちろん他の野鳥・生物にも一切餌を与えることはしません。厳しい言い方をすれば『傷付いて渡りに付いてゆけなくて餌も採ることができない個体は淘汰されるのが自然の摂理だ』と、私はそう考えます。でも、いざ目の前に傷付いて困っている白鳥がいたら助けてあげたい、という心情も理解できない訳でもありません。そういったわけでつまり、積極的には支援しないけれど否定もしない、というが私の現時点でのスタンスです。

・・・ってゆーか、季節外れの白鳥じゃなくって、やっぱり子供たちのスポーツが撮りたいです!ちょっと欲求不満です!^^;

(撮影地:岩手県北上市)

======
EOS40D EF300F4LIS 手持ち RAW DPP

« 外回りで遠回り ^^; | トップページ | 青くないアオサギ? »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今年は桜が早かったとはいえ、桜の時期の高松の池に
時季はずれの白鳥という珍しい組み合わせが見られたので
一応押さえておきました(出来はちょっとナニですが)

そういえば数年前の6月か7月に
葛根田川に釣りにいったら白鳥がいてびっくりしましたが
あれも何か事情があったんでしょうね。

画像は心情が現れていると思います。

motoさんこんにちわ。
堤のほとりに人影が見えると「餌がきた!」とばかりに近寄ってくる、既に家禽と化した白鳥には私は被写体としてそれほど魅力を感じなかったりするのですが、でも畳んだ状態でもそれと判るあの傷ついた翼を見ると複雑な心境になったりもします。
桜と白鳥、ちょっとステキなシチュエーションかも!(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/41236399

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の中の白鳥:

« 外回りで遠回り ^^; | トップページ | 青くないアオサギ? »