« フリーターン雲台のジンバル的利用 | トップページ | カラスを追い続けた1週間 »

2008年10月19日 (日)

本気の三脚:Velbon Neo Carmagne630

これまでスポーツも野鳥も手持ち撮影がメインで時々一脚を使用する程度、三脚は一応持っているというレベルのワタクシでありました。しかしフィールドスコープを購入したことからきちんとした三脚の必要に迫られ、どうせなら撮影にも使えるきちんとした本気の三脚を買おう!と、これまで色々と検討を続けてきたのですが・・・とうとう買ってしまいました。

1019_21
ベルボン ネオ・カルマーニュ630

ベルボン社製のカーボン三脚です。
この後継機種として既に「635」が発売されておりますが、630もまだ現役でカタログに掲載中。635と630の違いは雲台だけで、脚部は全く同じものです。
脚部はネジ固定式の三段で、1段目28mm、2段目25mm、3段目22mmとなっています。エレベータを使わない最大の高さは雲台を含めない状態で約135cm、雲台を入れると約147cm程度(数値はいずれも実測値)。身長175cmの私にとってちょうど手ごろな高さだと思います。
エレベータは最初から使うつもりが無いので、センターポールの余計な部分は外した状態で持ち歩いています。
雲台はPH-460Bという2ハンドル3ウェイの雲台が付属しています。これはシンプルで質実剛健といったイメージの、まぁ言わば「普通の雲台」ですね。(最新の635型にはPHD-61Qというクイックシュー型の雲台が付属しています。)

※10/20付記
私が見ていたのはどうやら2007版のカタログだったようで、最新版のカタログにはネオ・カルマーニュ630もPH-460Bも掲載されていないようです。従って記事の一部を訂正させていただきました。

画像ではフィールドスコープを載せています。スコープを載せるにはややオーバースペック気味の三脚だと思いますが、一眼ボディプラス手持ちの最長レンズ=EF300/F4を載せるには、最低限このくらいは必要かな?と思います。

今回三脚を購入するにあたって私がイメージしたスペックは以下のとおり。
材質:カーボン(アルミは持っているので)
脚部径:28~30mm(もしくはそれ以上)
段数:3段(車での移動がメインなので)
脚部のみの高さ:130cm以上(立ってスコープを使う場面を想定)
固定方式:ネジでもレバーでもOK(こだわらない)
エレベータ:ギア式じゃないほうが良い(どうせ使わないしシンプルで軽い方が良い)
雲台:何でも良い(どうせ後から必要なものに買い換えるので最悪無くても良い。)
こんな感じ。

以上を念頭にオークションで中古を探してみました。メーカにこだわりはありませんが、Gitzoなんて高くて買えませんし、それなりに信頼の置けるメーカとなると、国産だとベルボン、スリック、ハクバあたり。輸入物だとマンフロットとかインデューロあたりが候補に入ってくるのかな?・・・と、ベルボンのネオカルの新古品が安く出ていたのでとりあえず最低価格で入札してみたらそのまま落札できちゃいました。ラッキー♪
この2週間ほどオークションを興味深くウォッチし続けていたのですが、なんだかネジ式(ネオ・カルマーニュ)はあまり人気が無いみたい?レバー式(エル・カルマーニュ)は結構競り合って高値で落札されるパターンが多いような気がしました。

Velbon Neo Carmagne 630 \30,000
送料 無料
振込手数料 ¥52
合計 \30,052

さて、今度は雲台で悩まなくっちゃ・・・

本日のオマケの1枚
1019_22
2羽のトビが絡み合ってます。
遊んでいるのか攻撃しあっているのかは不明ですが、1羽はすっかり逆さまになってますね。

(撮影地:花巻市二枚橋地内)
======
EOS40D EF24-105F4LIS EF300F4LIS+EF1.4xII
手持ち RAW DPP

« フリーターン雲台のジンバル的利用 | トップページ | カラスを追い続けた1週間 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

三脚ゲットおめでとうございます。
別に型落ちだからって性能が変わるわけでも無し
いい買い物でしたね。

レバー式・・・私はあまり好かん
慣れればそんなに手間変わらないし
ギュッと締めてる安心感があっていいです。
あくまでも個人的見解に過ぎませんが(^^;

motoさんこんにちわ。
自分は三脚も一脚も、レバー式、ネジ式両方使ってますので特にこだわりはありません。
今回購入したネオカルはネジ式と言っても脚パイプが回転しない物なので、どの段からでも伸縮自由なのでヒジョーに便利です。^-^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/42841660

この記事へのトラックバック一覧です: 本気の三脚:Velbon Neo Carmagne630:

« フリーターン雲台のジンバル的利用 | トップページ | カラスを追い続けた1週間 »