« 青空をバックに猛禽2種 | トップページ | Fリーグ公式戦第13節 »

2008年11月30日 (日)

川原の忘れ物

河川敷を散策していると、時々このようなものを見かけます。

1130_01

今年も狩猟シーズンが始まったのかな?
まぁ、散弾銃の空薬莢なんですけれど、鉄砲打ちの方々はゴミを持ち帰るって文化が無いのかな?と、いつも思ってしまいます。

まぁ空薬莢は、木の枝にひっかかっているスーパーの袋と違って『ファインダーに入り込んで写真が台無し』って事にはなりませんし、釣り人の残したテグスのように野鳥に絡まって悲惨な状況を生み出しちゃうという事もありません。なので、空薬莢が落ちてたからって私としてはどーってこと無い、正直どうでもイイことなんですけれどもね。

私は野鳥や山野草は好きですけれど、特に自然派とかエコロジストとかいう人種ではありません。一応自分の持ち込んだゴミは自分で持って帰るという程度の最低限のマナーは持ち合わせておりますが、他人の残したゴミまで拾うほど人間ができていませんし、声を大にして『自然を大切に!ゴミは持ち帰ろう!』などと叫ぶような人間でもありません。

じゃぁ何故にこのような画像をブログに掲載するの?というと、えー、つまり、季節の風物詩というか、子供の頃はこの空薬莢を拾い集めてオモチャにして遊んでたなぁ・・・と、少し懐かしい気持を書いておきたかったから、という単にそれだけなのでありました。^^;

(撮影地:花巻市太田地内:豊沢川河川敷)
======
EOS40D EF-S17-55F2.8IS

« 青空をバックに猛禽2種 | トップページ | Fリーグ公式戦第13節 »

その他の画像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/43270402

この記事へのトラックバック一覧です: 川原の忘れ物:

« 青空をバックに猛禽2種 | トップページ | Fリーグ公式戦第13節 »