« フットサル大会 | トップページ | デジスコシステムを小更新 »

2008年12月23日 (火)

沿岸北部に行ってきました

本日、岩手の内陸地方はビミョウな天気予報だったのですけれど、沿岸部は快晴!の予報を信じ、三陸北部の某河川に行ってきました。
盛岡から閉伊街道(R106=区界峠)を行くか、小本街道(R455=早坂峠)を行くか少し迷ったのですが、まだ峠道の雪の状態もたいしたことないだろ!?と、早坂峠越えを選択。・・・これが失敗?R4からR455に入ってなんぼも走らないうちに、りっぱな圧雪凍結路がはじまりました。ワカサギの穴釣りで有名な岩洞湖の手前で・・・
1223_20
氷点下12度って・・・。車載の温度計なので多少の誤差はあるかもしれませんが、それでも氷点下2桁はワタクシ的に今シーズン初です。(カメラの時計が12時間ズレてましたので、Exif の撮影日時もズレていますが気にしないでください。^^;)
また、R455は工事中で片側交互通行となっている場所が3箇所ほどありました。これからの時期は特に、早坂峠越えは時間に余裕を持って、十分に気をつけて通られることをお奨めします。

そんなこんなで悪戦苦闘しつつ、3時間ほどかけて目的地の河口エリアに到着。
1223_10
空が青いです!雲ひとつ無い快晴です!
ワタクシのデジスコシステムが若干バージョンアップしておりますけれど、詳細については後日改めて紹介したいと思います。

まずは、今シーズンのテーマの1つであるカモメ。
手始めに、解りやすい大型のカモメから。

1223_00
オオセグロカモメ
この辺では数が一番多いので、これを基準に考えたいと思います。

1223_02
セグロカモメ
背中の色=グレーが薄い。たぶんコレで間違いなし・・・って、ここまできて自信ないのか!?>おれ(笑
というか、この個体は尻尾初列風切もグレーっぽいのでワシカモメのような気がしないでもない・・・ってか、コレはワシカモメでしょう?(泣

1223_03
ワシカモメ
初列風切(羽を畳んだ状態では尻尾の上)が黒ではなくグレー。嘴で判別するのは今の自分には無理!(笑

1223_01
シロカモメ(のちょっと若い子)
全体が白!

と言う感じで、三陸エリアで普通に見られる大型カモメの成鳥冬羽なら、もう大丈夫です。たぶん(笑)。若い子もたくさん見て色々と頭を悩ませたのですけれど、まだほとんど自信がありません。いやぁ、カモメは難しいです。だが、それが楽しい。^-^

この後、河口エリアから上流域に向かっていったところで、NHKの取材現場にぶつかりました。
1223_12
オジロワシ(枝かぶりがちょっぴり残念!)

このエリアで冬ワシ(オジロワシ、オオワシ)を見守り、写真を撮り続けている方をテーマにした取材だったようです。取材のお邪魔をして、私も数カットだけオジロワシ撮影させていただきました。放送は12/25の夕方6時台「おばんです岩手」の中のコーナーらしいので、興味のある方はどうぞ。
またこの場所でお知り合いになった方に、このエリアの『ワシポイント』や、観察&撮影する上での注意等を色々と教えていただきました。ありがとうございました。

・・・その方によると・・・
私が朝イチで撮影したエリア=写真2枚目は、冬ワシにとってナーバスなエリアなので「あの山腹」にワシが止まっている時は絶対に、それ以外の時でも(鳥見目的の人は)なるべく立ち入らない方が良いでしょう、とのこと。
知らなかったとはいえ、ちょっぴり反省しています。次回からは気をつけます。

その後、場所を少し移って南に数キロ走った別の河口付近です。
1223_11
シノリガモ(ライファー)

宮古市以南ではまったく見つけることができなかったシノリガモも、県北までくると普通に見られますねぇ。この時間帯は既に日が陰ってきて撮影的には微妙だったんですけれど、シノリガモは見ているだけでも楽しいですね。ジャレ合ってたかと思うと一斉に海に潜ったり、隊列を組んで行進したり果敢に波にアタックしたり。やんちゃな少年たちが集まってふざけあってる感じで、見ていて飽きません。
今度はもう少し条件の良いときに撮ってみたいです。

オオワシやオジロワシも見たいので、このエリアには今シーズン何度も足を運んでしまいそうな予感です。^-^

本日見た野鳥(順不同)
オオハクチョウ、トビ、ウミアイサ、スズガモ、シノリガモ、ヒドリガモ、オオセグロカモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロガモ、マガモ、ハシボソガラス、オオバン、キジ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシブトガラス、シロカモメ、ヒヨドリ、アオサギ、ホオジロ、カルガモ、セグロカモメ、ワシカモメ、カシラダカ、アオゲラ、カワアイサ、ノスリ、オシドリ(冬でも居るんですねー)、カモメ、ウミアイサ、ダイサギ、ベニマシコ(ライファー:撮影できず)、アカゲラ、アオジ、オジロワシ、ミヤマホオジロ、スズメ、ウミネコ、コガモ、コサギ、ユリカモメ
以上43種(たぶん見落としいっぱいアリ)

撮影地:岩手県沿岸北部
======
EOS40D EF300F4LIS EF1.4xII
DSC-W300

※12月26日付記
ある野鳥&野生動物愛好家=当日現地でレクチャーいただいた方のご指摘により、本記事中の地名情報を一部削除しました。

その方の言葉。
冬ワシは非常に神経質な一面もあるので、観察時はなるべく車から下りない。捕食エリアには近寄らない。
等々・・・

この日お話を伺っていて、言葉の端々からこのエリアに集まる冬ワシ達を大切に守っている事が感じられ、とても印象に残りました。撮影のために野鳥を餌で釣る、飛翔シーンを撮るために車で野鳥を追い回すといったような一部カメラマンが存在する一方、このように極力野鳥に影響を与えないといった考え方に私はとても共感できます。
私は基本的に、ブログには(自分の覚え書きも兼ねているので)撮影地等の情報を全て明記する主義なのですけれど、一部の心無いBW・カメラマンからこのエリアを守ろうという趣旨に賛同し、記事中の地名情報を削除するに至りました。
悪しからずご了承下さい。

« フットサル大会 | トップページ | デジスコシステムを小更新 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おぉ~たまたま番組見ましたがそこにいたんですね(^^;

私も釣りの方で経験してますが
ネットでも雑誌でもおおっぴらに載ってしまうと
とにかくたくさんいろんな人がやってきて
当然中にはマナーの悪い方も・・・

で、この件に関しては知らないでそのエリアに
立ち入ってしまうことは多々あると思うんです。
私有地じゃなければ「そんなの自由だろ」と考える人もいるでしょうけど
少なくとも冬ワシを見る目的があるのであれば
当然マナー(というかルールに近いかも)を守った方がいいわけで
むしろこの辺はなるべく入らないとか
車から降りない等々情報が周知された方が
いいのではないかと考えます。

あちら方面はトンネルのおかげで危険率はかなり減ったとはいえ
岩洞過ぎた辺りにはまだまだ狭く曲がりくねった区間がありますので
行き来の際は気を付けて行ってきてくださいね。

motoさん こんにちわ。
そうなんですよ。つまりはそーゆう事なんですよ。
なので、マナーの周知とゆう意味も含めて、今朝の「付記」を書いたしだい。
世の中いろんな人がいるのはしょうがない事なので、そおいったコマッタちゃんに必要以上の情報を与えないことが、とりあえず今の私にできる第一歩かな?と考えているトコロです。

早坂峠の頂上部分をショートカットするトンネルは今回初めて通りましたけれど、かなり快適ですね。でも、確かにその前後のグネグネ道は旧態依然としてますんで、通行にはかなり注意が必要だと思いました。

Sさん、おはようございます。

オラもNHKのニュースを見ましたよ~。と言うのも、縁あって、NHKの某カメラマンさんから、「野鳥ねたの時」は、「今日放送があります」となぜか携帯がなるんですよ。

小本川河口は、私は20年前から出かけてますが、当時は誰とも会うことはなかったですね。放送に出てたS氏は10年位前からではないでしょうか。(放送では20年前と言ってましたが)

河口は下に下りてもOKですよ~。「マナーが悪い」といわれたら「yotsuyaさんの真似した」と言ってください。この場所は、20年前から私が密かに「海ガモ」「海ワシ」「シノリガモ」を撮影していたマイフィールドです。最近ネットに登場するよになったの、私もおおぴらに書くようにしました。

数年まえに「ヒメハジロ♂」も出た(私が第一発見者)場所で、フィールド管理をしましたが、「情報もれ」が激しかったですね。みんな下におりて撮影してました(オオワシ、オズロワシも)。誰とは言いませんが、撮影の為に「刈り払い」して撮影したヤカラも出現しました。

yotuyaさんこんにちわ。
ヒメハジロ!? うはっ!ミコアイサでさえ可愛くて可愛くて身もだえしちゃてたのに、ヒメハジロなんて見たらオレもだえ死んでしまうかもしれません(笑

冗談はさておき、自分はまだ何をしでかしちゃうかワカンナイ初心者だとゆう自覚がありますので、とりあえず無茶はしないようにしときます。^^;
どうしても河川敷の下に下りたいとき(珍カモ等を発見した時?)は、海ワシが周辺に居ないことを十分に確認の上で、もしくはベテランさんと一緒のときだけにしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/43512137

この記事へのトラックバック一覧です: 沿岸北部に行ってきました:

« フットサル大会 | トップページ | デジスコシステムを小更新 »