« 洋野町でコクガン撮影 | トップページ | ハクガン »

2009年2月18日 (水)

ワシカモメ

2/15に洋野町沿岸で撮った画像から。

0218_01
0218_02
0218_03
0218_04
0218_06

以上、画像は全てワシカモメ。

======
2月25日訂正
『画像は全てワシカモメ』ではありません。^^;

【ワタクシ的結論】
一番上の画像は、ワシカモメではなくってオオセグロカモメの第二回冬羽だと思います。初列風切のくろっぽさからしてワシカモメはあり得ません。嘴の感じから第一回冬羽と悩ましいのですが、雨覆の生え変わり具合とかからすると第二回冬羽かなぁ、と判断しました。

あと、4枚目。全体的にアンダーですしはっきり写っていないので何とも言えない(この前後のカットを確認しても不明瞭で判別がキビシイ)のですが、翼の下側の縁(次列風切)の黒っぽさからして、これもオオセグロカモメ(成鳥夏羽?冬羽?)と判断して良いかと思います。

以上、私の間違いに気付かせてくださった某氏に感謝いたします。m(_,_)m

・・・ついでに、ウニを食うワシカモメの画像(5枚目)を追加しました。
これは一瞬「今度こそもしかしてセグロカモメ!?」と思った個体でしたけれど、セグロだったら初列風切がもっとシャープに黒いでしょう?ということで、これもワシカモメ(成鳥冬羽)と判断しました。

======
このエリアで一番多いのはウミネコ(1000羽以上)でしたけれど、大型のカモメではワシカモメがすごく目に付きました。数的には岩手沿岸で最もメジャーなオオセグロカモメよりも多く、数百羽の単位で入ってたように思います。
実は自分はまだセグロカモメを(確信を持って)見たことが無くって、この日も「セグロ!セグロ!」と思って双眼鏡を覗いていたのですが、雨覆いの色が薄いカモメはことごとくワシカモメ。ここまでワシカモメが多いと、正直もう「おなかいっぱい!」という感じでした。^^;

でも、これだけの数をまとめて観てしまうと、だんだん顔つきだけでワシカモメが判別でくるようにもなってきました。うーん、なんとゆうか、ワタクシ的には「トボケた顔つき」=ワシカモメです。・・・これは冗談とかではなくって、上手く説明できないのですが頭の形とか目の位置とか、そおゆうものを総合的に判断した印象として、ワタクシの中では『ワシカモメ=とぼけた顔』である、と。(笑

======
この日は午前中に洋野町エリアで鳥観。お昼前に雨が降ってきたので一気に南下して午後から岩泉町(小本川)で鳥観をしました。小本川エリアでは、ウミネコの数がそれほど多くなくてカモメと同数くらい。ワシカモメの姿がほとんど見えなくなってオオセグロカモメが幅を利かせていました。

中型カモメではウミネコとカモメが半々くらい、大型カモメの98%がオオセグロで残りがワシカモメとシロカモメ(それぞれ数羽ずつ)とゆう感じでした。車で走って1時間ちょっとの距離なのですけれど、ここまで分布が異なっていることは自分的に新たな発見でもありました。

======
この日、小本川エリアの非舗装道でタイヤがパンク(バースト)しちゃいました。今年入って既に2回目!雨の中のタイヤ交換でしたので写真はナシ。
パンクしないタイヤはこの世に存在しない、ということは解っていても、正直イヤんなります。実はワタクシ運転免許歴25年。その経験の中でパンクしたのは4回だけ。そのうち2回は今年ですから、何というか『あれ?オレって今年は厄年だっけ?勘弁してよー!』って思っちゃいます。
とゆうか、また修理不能のパンクでタイヤ交換しちゃったし、余計な出費が・・・。
この1月ちょっとの間で2回のパンクで3万円以上の出費です。3万円あればフェリーに乗って海を渡れるよなぁ・・・とか、いろんな妄想しちゃいます。
まぁお金云々の話よりも、時間が取れないから海峡を越えることは今の私には不可能なんですけれどもね。^^;

======
EOS50D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP

« 洋野町でコクガン撮影 | トップページ | ハクガン »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/44104216

この記事へのトラックバック一覧です: ワシカモメ:

« 洋野町でコクガン撮影 | トップページ | ハクガン »