« 春の鳥 | トップページ | ヤマセミ '09始動! »

2009年3月16日 (月)

デジスコは難しい・・・

昨日の午前中は微妙な空模様でしたが、車の中からカワセミを狙えるポイントでちょっと粘って見ました。
カワセミを待つ間、川面に浮かぶカルガモや小魚を狙うコサギを相手にデジスコの練習です。

0315_11_2
コサギです。これがとりあえず、露出・ピントともにOKの画像。
薄日の半逆光の場面ですし、何より練習ですので小まめに背面液晶で確認しつつ露出の設定(補正の値)やピントの状況を探ります。
※若干アンダー目に写っていますが、このくらい抑えて撮らないと後からレタッチで手直しするにしても白飛びしちゃってて悲しい気持ちになる場合が多いです。素材として考えた場合の露出は、この程度の弱アンダーが私的にはちょうどよろしいかと感じています。
カメラの設定がわかってきたので、この状態をキープしつつ、コサギの動きに合わせてスコープのピントノブを微調整&シャッター半押しでAFを動かして「シャッターチャンス」を待ちます。

0315_13
小魚を捕まえた瞬間! ・・・被写体ブレしてますがな。orz
というか、コサギが立った状態で顔にピントを合わせていますので、すばやい動きにカメラが反応できず(当然カメラマンも反応できず)微妙にピンボケしてます。
・・・困ったなぁ。「置きピン」で撮るにしても、どこにピントを置いとけばいいのかさっぱりわかりません。太陽が出てくれれば絞り込んで被写界深度を深く取ってごまかすこともできるのですけれど、うーんどうしたものか。

0315_12
こちらは、いい感じにコサギが身震い(?)してくれて羽がボワ!っとなった瞬間。・・・ピンぼけですがな。orz
この状態でも、撮影中の背面液晶ではきちんとピントが合っているように見えたんですよ。撮影後に拡大表示してみて初めてピンぼけに気づくという感じ。

というわけで、デジスコに関してもまだまだ練習が必要みたいです。

(撮影地:岩手県北上市)
======
DSC-W300 TSN-774
三脚&レリーズ使用、JPEG、PSP

« 春の鳥 | トップページ | ヤマセミ '09始動! »

撮影技法」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
相当に難易度の高いチャレンジですね。
1カット目以外の状態では無理があるような・・・
何かいい方法が見つかるといいですね。

motoさんこんにちわ。
『デジスコで気軽に超望遠』とか奇麗事言っても、所詮使用しているカメラは”お手軽なコンデジ”ですので、撮影に当たっては色んな制限があったりするんですよね。
色々と調べたり試したりもしているのですが、現時点では『下手な鉄砲も数打ちゃ当たる』的な対応方法しか見当たりません。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/44363469

この記事へのトラックバック一覧です: デジスコは難しい・・・:

« 春の鳥 | トップページ | ヤマセミ '09始動! »