« カモメを名残惜しむ | トップページ | アリスイ »

2009年4月18日 (土)

秋田方面へ遠征

今日は秋田方面に足を伸ばしてきました。
ETCの上限1,000円の恩恵というか何と言うか、無駄に走り回ってます。・・・最近ガソリンがジンワリと値上がりしてきているみたいですし、意味無く長距離の遠征にでかけるのはイカガナモノカ?とも思うのですけれどもね。^^;

何はともあれ、出かけちゃったので『元を取って帰るぞ!』という意気込みでそちこちほっつき回りました。海岸線はカモ&カモメの季節は終わり、シギチの季節にはまだちょっと早い感じで静かなものでした。海岸線の波打ち際は静かなんですが、反対側の砂防林は小鳥たちのさえずりですっごく賑やか。その多くはカワラヒワみたいでしたが、ノビタキにもたくさん出会いました。
これまでノビタキの冬羽は撮影した事があったのですけれど、夏羽は初めてだったので少し真剣に撮影しましたよ。^-^

0418_21_2

0418_22
ノビタキ(メス夏羽)

薄暗い林の中では撮影になりませんので、明るいところに出てきてくれるのを待って撮ったのですけれど、今度は逆光とか空抜けとの戦い。^^;
背景もシンプルなところで何とかイイ感じに撮れたのが以上の2枚です。

よし!メスは何とかなった!今度はオスだ!

0418_23
ノビタキ(オス夏羽)

なんとゆうかその、敗北感でいっぱいです(笑
メスと比較してオスがとりわけ警戒心が強い、ということも無いのでしょうけれど、何故かオスの個体は良い感じの場所に来てくれなくて、撮影機会に恵まれませんでした。ザンネン!

======
4/19追記
画像の整理中でアップした記事でしたので、改めてこの日の総括を追記したいと思います。

本当は、まだ撮れていない『タンチョウの飛翔 or 羽ばたき』のシーンを撮影するために行こうと決心した秋田遠征でしたが、結論から言えばこの日はタンチョウに出会うことができませんでした。それはそれで残念だったのですが、この後に続くエントリで紹介したライファーの野鳥=アリスイ&コムクドリも撮れましたし、実りの多い一日だったと思います。タンチョウのパタパタシーンについてはいつかリベンジしたいです!

とゆうわけで、それ以外の出会いについてまとめて画像を紹介したいと思います。

0418_30_3
これは、思いがけずに見つけてしまったミサゴの営巣地。
ミサゴのホバリングは初めて見ました。この画像はミサゴが『巣から飛び立つシーン』ですので何も持っていませんけれど、大きな枯れ枝を持ち込むところも観察できましたので、間違いなくこの場所に巣を作っている最中だったと思います。

0418_31_2 
これは男鹿市沖合いの日本海に浮かぶ500-700羽のクロガモが、近くを通りかかった漁船に反応して飛び立つシーン。いやぁ、見ていて壮観だったですねぇ。海を見渡せる小高い丘の上からプロミナで観察していて、唐突にクロガモたちが落ち着きがなくなったので『むむむっ!?』とカメラを手にして撮影しました。

0418_32
これは、シロチドリ(♂夏羽)だと思います。
先日の宮城遠征では不本意な画像しか撮れなかったので、今回は気合を入れてじっくりと撮影しました。リベンジ完了です!(笑
欲を言えば、もう少し太陽の光があるときに撮れれば、もうちょっと白い羽の綺麗さが浮かび上がってきたのになぁ。とゆう気もします。今後の宿題にしたいと思います。

0418_33
これはユリカモメ夏羽。
珍しくも何ともないのかもしれませんが、私的には始めてみたのできちんと気合を入れて撮りました。・・・って、かなり近寄っても逃げない個体でしたので楽に撮影できました。^^;
ユリカモメの夏羽は、同時に嘴が黒っぽく変色することは図鑑で見て知っていたのですけれど、足まで黒っぽくなっちゃうんだということを初めて知りました。
でも、ユリカモメに関して言えば冬羽の方が可愛らしくってオジサンは好きだなぁ(笑

0418_34
八郎潟調整池の水門の落ち込みで小魚を狙うカモメたち。
ユリカモメとウミネコが入り混じっていましたが、私が見た限りではホバリング~ダイブしての漁はユリカモメの方が数段上手でしたねぇ。ユリカモメは完全な夏羽と、冬羽→夏羽への換羽中の個体が混じっていました。

4/18に観察できた野鳥たち(出現順)
トビ、ハシボソガラス、カワラヒワ、カルガモ、カワウ、ハシブトガラス、スズメ、セグロカモメ、シロチドリ、セグロセキレイ、ツグミ、オオセグロカモメ、ウミネコ、カモメ、キジ、ヒバリ、ヒドリガモ、コガラ、ホオジロ、ミサゴ、ムクドリ、コガモ、ホオジロガモ(エクリプスに近い感じの個体もあり)、オオハクチョウ、スズガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、ユリカモメ(夏羽)、コサギ、アオサギ、オオバン、ハクセキレイ、マガモ、ツバメ、キジバト、ドバト、アリスイコムクドリ、ノビタキ、カシラダカ、シロカモメ、ウミウ、クロガモ、コゲラ、モズ、ケリ、ヒヨドリ、カンムリカイツブリ(夏羽)
以上48種。(赤文字:ライファー、青文字:出会えて嬉しい)

(撮影地:秋田県男鹿市)
======
EOS50D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP(トリミング)

« カモメを名残惜しむ | トップページ | アリスイ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/44716829

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田方面へ遠征:

« カモメを名残惜しむ | トップページ | アリスイ »