« 旧友に再会? | トップページ | NweKDS改 フィールドテスト »

2009年6月11日 (木)

NewKDSマウントのジンバル化

デジスコに使用している雲台=NewKDSマウントを改造し、ジンバル化しました。

0611_01
0611_02

相変わらず物撮りはテキトーでゴメンなさい。^^;

以前にも紹介していますが、これまで私はNewKDSマウントにクイックシューを付けただけの状態で使用していました。いわゆる微動装置つきフリーストップ雲台としての利用です。
これをもっと使い勝手が良いようにジンバル化する手法について、いろんなサイトやブログ等で紹介されていますが、いずれも金属加工(切断、穴あけ、ネジ切り)が必要となってきます。しかし私にはそんな技術も道具もありませんので、今回は加工済みのパーツをオークションで入手し、組み付けるだけの『お手軽改造』となりました。

★NewKDSマウント改造の参考になるサイト
・ミツユビカモメと仲間たち『
写真研究室
自作雲台・JUT-01

★先ごろ発売が開始された方持ちフォーク版KDSマウント
Kenko NewKDSマウントII

※デジスコ目的でこれから新規にKDSマウントを購入しようという方は、費用や手間隙を考えると最初から「II」を購入する方が賢明だと思います。

今回新たに導入したパーツは、アームを延長するパーツと座台用のパーツ。いずれもアルミ製です。これら改造用パーツについての詳細はあえて記述しません。興味のある方は、Yahooオークションで『NewKDS、改造』あたりをキーワードに検索してみてください。色々と出てくると思います。

私が少しだけこだわっているのは、この雲台にスコープを接続するクイックシューの部分です。NewKDS標準=天体望遠鏡標準の『アリガタ・アリミゾ』規格はいかにもごっつくてスマートではありません。なので私は、KOWAのTSN-BP(=最もチープなアルカスイス互換クイックシュー)を使用しています。このクイックシューベースには、Velbonのロングプレートが何の問題も無く接続できます。

0611_03

ベースの接続には、エツミの『オスオスねじ』を使用しました。
言うまでもありませんが、アリガタ・アリミゾの『点』での固定と比較して、アルカタイプのクイックシューは『線』もしくは『面』で固定される構造であるため、安定感、安心感が違ってきます。

ジンバル化されたNewKDSマウントについては、現時点では室内でのテスト程度の使用にとどまっています。実際にフィールドで使用してみたインプレッションは、後日改めてアップしたいと思います。

========
EOS40D EF17-55F2.8IS

« 旧友に再会? | トップページ | NweKDS改 フィールドテスト »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/45303718

この記事へのトラックバック一覧です: NewKDSマウントのジンバル化:

« 旧友に再会? | トップページ | NweKDS改 フィールドテスト »