« NewKDSマウントのジンバル化 | トップページ | 林道を走る »

2009年6月12日 (金)

NweKDS改 フィールドテスト

というわけで、実践投入してみました。

★デジスコ
0612_01

★デジイチ
0612_02

きちんとバランスを取ってあげればスルスル動いてピタッと止まる、ものすごく快適な雲台ができあがりました。ものすごく満足です。^-^

どんだけ『スルスル&ピタ!』かとゆうと・・・

こんな感じです。

もちろん『ピタッと止まる』ためにはきちんと前後のバランスを取ってあげる必要があります。観察(眼視)用とデジスコ撮影用のバランス位置の違いはこんな感じ。
0612_03
0612_04
カメラの有無で、バランス位置が2センチほど違ってきます。この一手間をきちんと実行することによって、快適な観察&撮影が実現可能となります。

【現時点の問題点】
私は利目が右目なので、一眼の場合は右目でファインダーを覗き、左目で周囲を見ます。なので、一眼ボディの左側には何も無い事が望ましいので、雲台のアームは必然的にボディの右側に来ます。→画像2枚目=何の問題もナシ!

問題はデジスコの場合。
私は右目で背面液晶を見て左目でドットサイトを見ています。なので、スコープの左側にドットサイトを配置しています。→画像1枚目&3、4枚目。
でもって問題は、現状で『なるべくシンプルな構成』で組んでいるので、パン棒までもが左側に来ちゃっています。これが、えらい邪魔!(笑
雲台のアームを右側にしてドットサイトの取り付けを一工夫するか、もしくは現状のままでパン棒の取り付けを一ひねりして右側に持ってくるか、どちらかの対応が必要な状況です。
でも、まぁ、パン棒は無きゃ無くても大して違いは無いので、ゆっくり考えようと思っています。

======
EOS40D EF-S17-55F2.8LIS
(動画)DSC-W300

« NewKDSマウントのジンバル化 | トップページ | 林道を走る »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

以前話題に上がったシステムが形になったのですね。
リンク先などを見ると、あるのと無いのではずいぶん違うようで
かなり戦力が高まったのでは?

しかしこの世界の方々は凄まじいほどの工夫をされてますなぁ(^^;

motoさんこんにちわ。
この改造により、被写体の導入が数段楽に&早くなりました。また微動装置付きですので、被写体導入後の構図の微調整も楽々です。もっと早く改造していれば!と思いました。

>しかしこの世界の方々は凄まじいほどの工夫をされてますなぁ

私もそう思います。
先人たちの創意工夫が惜しげもなくネット上で公開されているのも、今の時代の恩恵かもしれません。
私はそういった情報を検索し、真似しているだけ。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/45319545

この記事へのトラックバック一覧です: NweKDS改 フィールドテスト:

« NewKDSマウントのジンバル化 | トップページ | 林道を走る »