« 初夏の北上高地 | トップページ | 遠征記録:石巻周辺 »

2009年6月27日 (土)

急いては事を仕損じる

まずは、2枚の画像をご覧いただきましょう。

0627_01
ツバメ(若鳥)

0627_02
オオモズモズ

どちらも同じ機材、同じ程度の距離で撮ったものです。でもって2枚ともPC上でトリミング&それぞれ露出補正をしていますけれど・・・仕上がりがコンだけ違う。

10m程度の距離でも落ち着いて撮れたのが1枚目。
焦って撮ったのが2枚目。

落ち着いて撮影できれば、1枚目のように空抜けの背景でドアップ目にトリミングしても何とか見られる程度に補正は可能です。
あわてて撮ると、2枚目のように「プラス補正していたのを戻し忘れ」の状態で撮っちゃって、結果PC上での露出補正でもどーにもならん!とゆうようなデータしか残せない訳です。
ちょっと詳しく書くと、ピントは合ってるんだけど露出オーバーな画像をPCで無理やり補正かけても、なんだかボワンとしたどこにもピントが合っていないような画像になっちゃう。なもんでこうゆう『失敗例』でブログに取り上げる程度にしか使い道が無い画像しか残せない。とゆう事なのであります。とほほ。orz

【付記】
画像があまりにも不鮮明なので、オオモズ→オオモズSPに格下・・・いや、やっぱりモズでしょう?とゆうことで訂正しました。

追加画像
0629_01
悲しいほどにナニがアレな画像なんですけれど・・・。
尾羽の外側が白っぽく見えないことも無いのですが、それよりも頭とわき腹に薄茶色が見えます。あと何よりも、図鑑によるとオオモズは「数少ない冬鳥として主に北日本に飛来」とのことですので、この時期に見られることはほとんど有り得ないでしょう?

(撮影地:岩手県花巻市)
======
EOS50D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP

« 初夏の北上高地 | トップページ | 遠征記録:石巻周辺 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は。yotsuyaです。

>ピントは合ってるんだけど露出オーバーな

2枚目の「オオモズ」なんですけど
画像が荒くかんじるので、「オオモズSP」にしておいたほうが・・・。

実は「岩手県RDB鳥類調査」の担当をしています。普段は掲示板の誤認に反応しないのですが
今回は「モズ」「チゴモズ」「アカモズ」「オオモズ」「オオカラモズ」と調査対象の鳥なので、注意して見ました。
私は他県で全部見ているのですが、
「モズ」が夏場になると「オオモズ」に変身すると言う話を良く聞きます。(ベテランでも場の雰囲気で間違う)画像を拡大して、「尾羽を注意」してみてくれませんか。外側尾羽が白ければオオモズ、でなければ「モズ♂の夏羽根」です。

「オオモズ」なら、岩手県内では貴重な観察記録になりますよ~。

yotsuyaさんこんにちわ。
ご指摘ありがとうございます。オオモズ→オオモズSPに変更(格下げ)のつもりでしたが、他の撮影画像を吟味した結果「モズ」ということで自分的に決着がついたので訂正させていただきました。
モズに関しては、先日『真っ白いモズ』を見て以来、きちんと頭、背中、尻尾と順に気をつけて見ているのですけれど、個体差とか光の加減とかで瞬時に判別ができないことの方が多かったりしています。^^;
そんな時に役立つのが「証拠写真」なはずなんですけれど、咄嗟にあわててこんな写真しか撮れないようじゃ、全く意味が無い訳で・・・。
更には、きちんと吟味せずに先走ってブログにアップしちゃう落ち着きの無さに、自分で自分が悲しくなっちゃってまったくもう!(泣)という感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/45480652

この記事へのトラックバック一覧です: 急いては事を仕損じる:

« 初夏の北上高地 | トップページ | 遠征記録:石巻周辺 »