« 7/5仏沼:朝は霧 | トップページ | 高円宮杯(U-15)サッカー大会 »

2009年7月 8日 (水)

7/5仏沼:昼は霞

先日の仏沼遠征リポートの続きです。

この日早朝は濃霧で悩まされましたが、お昼近くなって霧も晴れ日差しが戻ってきました。車の中にいると日差しが暑くて汗ばむくらいです。
しかし撮影的には、湿原+たっぷりの水分(霧)+日差し → 水蒸気ぼわぼわ=陽炎。

0708_01
ぼわぼわな写りのオオセッカ。背景のボケ具合もぼわぼわ(笑
やはり被写体までの距離があると、どうにもなんねーんだなぁ。このエリアでこの時期、遠距離でいてシャッキリした画像を得ようと思えば、よく晴れた早朝くらいしかチャンスは無いんじゃなかろうか?

西の空を見ると入道雲(崩れ)が

0708_02
あの雲の下は、ちょっと雨が降ってるっぽいなぁ。

・・・水平が出ていないとか、細かいツッコミは無しの方向でお願いします(笑
というかレタッチ無しで恥を晒すこの勇気を褒めて欲しいくらいです!(爆

0708_03
東の空を見ると、低く地面に張り付いた雲が??

気分転換に雲の方=太平洋岸へ出てみると、この日の朝に体験したのと同様の、ものすっごい濃霧が。日差しで温まった海水に東からの風で冷たい空気の塊がぶつかって、海面から霧が立ち上っているように見えました。これがいわゆる、ヤマセなのかなぁ?と思いました。風に乗った霧がびしびし飛んできて、寒いくらい(じっとり冷たい感じ)でした。

この日は一日かけて『撮影的に良い場所』を探してちょこちょこ移動しつつ、最終的にはこのエリア一帯=小川原湖東岸&仏沼全域+太平洋岸までを一通り散策しました。

0708_04
花とコヨシキリ・・・花の名前が分からないのが少し悔しいです。
空が青くないのがかなり悔しいです。

0708_05
小川原湖周辺エリアで見かけたアオジ。
電線の真下まで行っても逃げない根性のヒト(笑

小川原湖エリアではオオヨシキリがうるさいほど。あとはカッコウとかカワセミとか、被写体には事欠かないヒジョーに野鳥の密度が濃いエリアだと感じました。

0708_07
仏沼西側入り口(小川原湖側)の看板。
撮影はやっと霧が晴れてきて薄曇りくらいの時間帯。

最後に、この日の『謎猛禽』です。
0708_06
手帳には『チュウヒVF』と書いてありましたが、全くもって確信が持てませんので『タカSP』に格下げです。トビでもノスリでも無いことは間違いないと思うんですけれど・・・。
いずれにせよ、距離もあって大気の状況も悪いと、眼視でも撮影でも何ともなりません。特に普段見慣れない種類の野鳥だったりするともうお手上げです。自分ももっと経験値を積んで、このシルエットだけでも「あぁ、これは○○だね」なんて瞬時に判別できるようになりたいものです。

(撮影地:青森県三沢市)
======
EOS40D 50D EF-S17-55F2.8IS EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP 一部トリミング

« 7/5仏沼:朝は霧 | トップページ | 高円宮杯(U-15)サッカー大会 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/45575978

この記事へのトラックバック一覧です: 7/5仏沼:昼は霞:

« 7/5仏沼:朝は霧 | トップページ | 高円宮杯(U-15)サッカー大会 »