« フォーカシングスクリーン Ef-S | トップページ | グリーンカップ »

2009年8月 7日 (金)

フォーカシングスクリーンの交換

期せずしてEOSのオプションパーツの一つであるフォーカシングスクリーン、Ef-SとEf-Dの2種類を手にしてしまったおじさんですこんばんわ。

0806_01
左から、Ef-S(スーパープレシジョンマット)、Ef-A(標準プレシジョンマット=付属品)、Ef-D(方眼プレシジョンマット)となります。

Ef-Dは方眼マットですので、こうやって並べてみてもすぐに区別が付くのですが、Ef-SとEf-Aがヒジョーにビミョー。

0806_02
これがEf-S

判別するポイントは、着脱用の爪に浮き彫りになっている『S』の文字。この文字が実はすごく小さくて、しかも透明なパーツですのでとても見えにくかったりします。老眼の方とかは、判別にちょっと苦労するかもしれません。^^;

でわ、早速フォーカシングスクリーンの交換をしてみたいと思います。
フォーカシングスクリーンの交換作業は、取扱説明書に従って作業を進めれば何も難しいことはありません。が、少しコツのようなものは必要かな?

0806_05
EOS50Dの開口部。
この上部にある爪を、付属の専用工具を使って『引っ張るように上に持ち上げる』ことにより、フォーカシングスクリーンが出てきます。

0806_03
この状態です。
この状態から、付属の専用工具を使って既存のフォーカシングスクリーンを取り出します。

0806_04
付属の専用工具がこれがまた良くできていて、フォーカシングスクリーンの着脱爪を不安なくきちんと掴んでくれます。

装着は逆の手順で行います。逆向きとかには絶対に装着できない仕組みになっていますので、どんなに不器用な人でも迷う事なく交換作業ができると思います。
交換作業はものの数分で完了しますけれど、忘れちゃいけないのがボディ側の設定変更。

0806_06

EOS50D、40D共通の操作となりますが、MENU→C.FnIV「操作・その他」→5・フォーカシングスクリーン と進んで設定を行います。
EOSの測光部はフォーカシングスクリーンの内側にありますので、この設定を忘れると正しい露出が得られない可能性がでてきます。

======
EOS40D 50D EF-S17-55F2.8IS EF-S60F2.8
手持ち RAW DPP

« フォーカシングスクリーン Ef-S | トップページ | グリーンカップ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/45865748

この記事へのトラックバック一覧です: フォーカシングスクリーンの交換:

« フォーカシングスクリーン Ef-S | トップページ | グリーンカップ »