« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

ハッチョウトンボ

この数ヶ月、フィールドに出るときは何故か北上山地方面が多かったので、今日は奥羽山脈方面へ出かけてきました。
大型猛禽類との出会いも多少あったのですけれど、写真的にはイマイチだったので今日はトンボをいってみます。

0626_01

ハッチョウトンボです。
野鳥もシロウトですがトンボはもっとドシロウト。なんせ図鑑さえ持っていません(笑
そんな自分でも、確信を持って名前が分かるのがこのハッチョウトンボです。

10円玉サイズのこのトンボの小ささを、写真でなんとか表現する方法はないものかなぁ?と、見つけるたびにいつもそう思います。

 

さてお次。
これは普通のサイズのトンボなんですが・・・。

0626_02

今日の謎トンボです。

何か変わった形してる・・・。お腹のあたりが普通じゃない?
とは思ったものの、ドシロウトゆえに判別ポイントもわからず、どこをどう撮ればよいのかさえ分かりません。

よし、明日図鑑買おう。

======
EOS7D 手持ち RAW DPP

2010年6月21日 (月)

中総体地区予選:最終日

昨日、雷を伴った豪雨のために中止となった中総体サッカー。
本日会場を変えて実施されました。

えぇ、ワタクシ無理やり仕事を休んで、オッカケ撮影してきましたよ♪

・・・・でも、芝生じゃないと撮ってて萌えないんだよなぁ(笑

  

閑話休題。

0621_01

結果から書きます。
優勝でした。みごと県大会へと駒を進めることができました。

創部3年目のN中学サッカー部ですが、中総体地区予選での優勝旗はこれで2度目。
1度目の優勝は一昨年、ムスコが1年生のとき=創部1年目のことでした。

練習場所も無い、指導者もいない、練習試合の相手さえいないような環境から始まったサッカー部です。昨年の新人戦では県大会で準優勝したとはいえ、練習環境はいまだに同じようなものです。きちんとした指導者も、いまだに存在しません。

この地区予選も、楽勝で勝ち進んだわけではありません。

対H中 3-1 勝ち
対Y中 3-1 勝ち
対HK中 1-1 分け
対I中 4-0 勝ち

試合結果が実力通りになるとは決して断言できない、そんな競技がサッカーです。
もちろん、うちのチームも実力で勝っている訳ではない。どんぐりの背比べ状態の地区予選で、数々のミラクルとラッキーが積み重なって、たまたま勝ち得た優勝旗です。

決して奢らず、謙虚に、挑戦者の立場を忘れずに、県大会に臨んでほしいと思っています。

0621_03

======
EOS7D 手持ち RAW DPP

2010年6月19日 (土)

中総体地区予選:初日

ムスコにとって最後の中総体が始まりました。

心配された天気も何とかもって、というか蒸し暑くてヘロヘロになりながら、カメラを構えるよりも『この目にきちんと焼き付けよう』という気持ちのほうが強くて、写真的にはイマイチの一日でした。

0619_01

0619_02

DFのポジションがすっかり板についたムスコです。
・・・が、オヤジはまだDFの撮り方がわかりません。^^;

本日2試合あっていずれも3-1の勝利。
1試合目の早い段階で先取点がGetできたことで子供たちの硬さが取れて、ヒジョーに伸び伸びプレイしているように感じられました。

この地区はサッカー部5校。2日間で総当たりのリーグ戦(1チーム4試合ずつ)を行います。本日2勝はうちのチームだけ。幸先のよい理想的な初日を終えることができました。

明日の結果次第では、ムスコ(とオヤジ)の熱い夏はまだまだ続くことになります。

======
EOS7D EF300F4LIS
手持ち M-RAW DPP 一部トリミング(傾き修正)

2010年6月 6日 (日)

営巣地めぐり

GW明けくらいから毎週のように足を運んで、サシバの営巣地を観察しています。
「サシバの営巣地」といっても、昨年まで実績があるというだけで今年はまだ繁殖している様子が無く、巣にも入っていないような気がするんですけれど・・・。

0606_02

同じ場所(餌場)で観察していても、飛び去っていく方向がその都度違う=別の個体? という印象ですし、またどの個体も餌を運んでいる様子がありません。

0606_01

別の場所で冬の間に発見していた古巣は、今日やっとミサゴのものだということが確認できました。
田んぼのあぜ道から丸見えの稜線にあるこの巣は、できれば車から降りないで観察(撮影)したい自分にとってはヒジョーにありがたい存在です(笑

撮影地:岩手県花巻市内
======
EOS7D EF300F4LIS EF1.4xII
手持ち RAW DPP 一部トリミング

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »