« 中総体地区予選:最終日 | トップページ | サルハマシギ »

2010年6月26日 (土)

ハッチョウトンボ

この数ヶ月、フィールドに出るときは何故か北上山地方面が多かったので、今日は奥羽山脈方面へ出かけてきました。
大型猛禽類との出会いも多少あったのですけれど、写真的にはイマイチだったので今日はトンボをいってみます。

0626_01

ハッチョウトンボです。
野鳥もシロウトですがトンボはもっとドシロウト。なんせ図鑑さえ持っていません(笑
そんな自分でも、確信を持って名前が分かるのがこのハッチョウトンボです。

10円玉サイズのこのトンボの小ささを、写真でなんとか表現する方法はないものかなぁ?と、見つけるたびにいつもそう思います。

 

さてお次。
これは普通のサイズのトンボなんですが・・・。

0626_02

今日の謎トンボです。

何か変わった形してる・・・。お腹のあたりが普通じゃない?
とは思ったものの、ドシロウトゆえに判別ポイントもわからず、どこをどう撮ればよいのかさえ分かりません。

よし、明日図鑑買おう。

======
EOS7D 手持ち RAW DPP

« 中総体地区予選:最終日 | トップページ | サルハマシギ »

その他の画像」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰しています。
下のトンボはハラビロトンボですね。腹部が横に広がっているのが特徴です。ハッチョウトンボが好むところよりもう少し草丈が高い湿地に良くいます。
トンボもはまると深いですよ~

hatatenさん、ありがとうございます!
トンボはこれまでもかなり撮っていますけれど、ほんと右も左も分からない状態です^^;

市内の書店を回りましたがコレ!といった図鑑がありません。アマゾンとかで見ると今度は多すぎて絞りきれません。お勧めの図鑑とかありませんか?

「トンボのすべて」の第2改訂版が手ごろな値段でお勧めかなと思ったのですが、品切れ中のようですね。
本体価格13000円(税別)で少し高いですが東海大学出版の「日本産トンボ幼虫・成虫検索図説」があれば一通り何とかなります。
他にはいかだ社の「北海道のトンボ図鑑」と「近畿のトンボ図鑑」あたりを合わせて使うと東北地方の種類も網羅できるかと思います。「東北地方のトンボ図鑑」があればいうことないのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205173/48727786

この記事へのトラックバック一覧です: ハッチョウトンボ:

« 中総体地区予選:最終日 | トップページ | サルハマシギ »